NHKアーカイブス×NHK放送技術研究所が開発したAIによるカラー化システムで、各放送回にまつわるモノクロ映像を鮮やかによみがえらせます! NHKアーカイブス×NHK放送技術研究所が開発したAIによるカラー化システムで、各放送回にまつわるモノクロ映像を鮮やかによみがえらせます!

※AI(人工知能)による画像処理であるため、必ずしも正確な色の再現ができていない場合があります。 ※AI(人工知能)による画像処理であるため、必ずしも正確な色の再現ができていない場合があります。

第12回 日本橋

第12回 日本橋

道路網の起点、日の当たるかつての日本橋!

明治44年、金栗四三がストックホルム五輪の代表になった年に完成した石造りの日本橋。高速道路の下になったのは、田畑政治ら悲願の東京五輪開催が翌年に迫った昭和38年のことだった…いだてん日本橋物語!

第11回 街頭テレビ

第11回 街頭テレビ

志ん生を、力道山を、ご成婚を、みんなが見た!街頭テレビ

『いだてん』ドラマ中、志ん生の噺を聞きに人々が集まる街頭テレビ。テレビ放送開始当時、落語やスポーツ中継が大人気でした!日本を元気にしたプロレスラー、力道山の空手チョップをカラーでどうぞ!

第10回 ストックホルム

第10回 ストックホルム

いだてん金栗が駆け抜けた美しき北欧の都!

日本が初参加したオリンピックの開催都市、ストックホルム。金栗四三も目にした五輪スタジアムの門や、教会の尖塔をご覧ください!石畳の道には、本番まで毎日練習を積んだ、いだてん・金栗の汗がしみこんでいる!

第9回 シベリア鉄道

第9回 シベリア鉄道

東西9300キロ!世界最長、シベリア鉄道の旅

ストックホルム五輪への道のりは長かった!スウェーデンに向かう旅、シベリア鉄道の車窓から金栗四三も見た景色をカラーでどうぞ!寝台車で出会う外国人の親子づれ、食堂車ではロシア料理がおいしそう!

第8回 東京の玄関口新橋駅・東京駅

第8回 東京の玄関口新橋駅・東京駅

日本の鉄道史の原点!金栗四三も降りた新橋駅

いだてん金栗四三も降り立った、かつての東京の玄関口、新橋駅。東郷平八郎の凱旋パレードもゆく明治時代の映像をカラー化!後半は大正時代、開業間もない東京駅。威風堂々たる駅舎の、赤レンガはやっぱり赤かった!

第7回 いだてんのふるさと 熊本

第7回 いだてんのふるさと 熊本

とつけむにゃあ男・金栗四三の出発点!熊本

いだてん金栗四三を生んだ熊本の90年前の風景をご覧ください!駅前には路面電車が走り、デパートが大売出し。熊本駅は十八歳の金栗が上京した旅立ちの場所。鉄路の先には五輪ランナーとなる未来が待ち受けていた!

第6回 羽田いだてん物語

第6回 羽田いだてん物語

レジャースポットから空の玄関口へ!羽田の歩み

治五郎がオリンピック予選会を行い、天狗倶楽部が野球をした羽田は当時、人気の行楽地!穴守稲荷に参拝して、潮干狩りに海水浴、温泉に競馬場も!今や世界屈指の国際空港、羽田の歩みをカラーで感じてください!

第5回 志ん生が居眠りした寄席

第5回 志ん生が居眠りした寄席

志ん生も演じた、そして眠った!?寄席「人形町末廣」

カラーで再現、昔ながらの寄席にようこそ!切符を買ったら履き物は下足番にお預けください。落語家がお客の持ち物を題材に、即席の噺を披露するお楽しみも。昭和の大名人、古今亭志ん生もここで芸を磨きました!

第4回 金栗四三

第4回 金栗四三

日本人初のオリンピアン いだてん・金栗四三さん

日本人初のオリンピック選手にして、マラソンの父、金栗四三さんがオリンピックを語る!貴重なインタビュー映像をカラー化しました!生涯走り続けた「いだてんランナー」の肉声をお楽しみください!

第3回 明治・大正の東京と凌雲閣

第3回 明治・大正の東京と凌雲閣

地上およそ50メートル 「凌雲閣」は確かにあった!

明治~大正時代の東京を伝える貴重な映像をカラーでご覧ください!日本橋には嘉納治五郎が乗っていたかも知れない人力車が!浅草の大火の映像には、あの天狗倶楽部が祝杯をあげた?「凌雲閣」もそびえ立つ!

第2回 古今亭志ん生

第2回 古今亭志ん生

昭和30年5月4日「NHK放送演芸会」での一席 

大名人・志ん生のきわめて貴重な落語映像がカラーに!噺は十八番のひとつ「風呂敷」。亭主のヤキモチを恐れて押し入れに隠れた男を長屋の兄さんが風呂敷を使って逃がす滑稽噺。表情、手の動きにもどうぞご注目を!

第1回 嘉納治五郎

第1回 嘉納治五郎

校長を務めた東京高等師範学校で指導する嘉納治五郎

柔道の創始者、嘉納治五郎。自ら指導をする貴重な映像をカラー化しました!対するは「講道館四天王」の一人、山下義韶。小さな体で大きな相手を投げ、世界を驚かせた治五郎の技が今、鮮やかに蘇ります!