一覧に戻る

50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
高橋英樹 高橋英樹

高橋英樹俳優たかはしひでき

1944年生まれ、千葉県出身。1961年、日活ニューフェイス第5期生となり、映画『高原児』でデビュー。多くの映画に出演し、テレビドラマ『桃太郎侍』『三匹が斬る!』などで時代劇スターの地位を確立。以後、多方面で幅広く活躍中。NHKでは、『慶次郎縁側日記』『茂七の事件簿 ふしぎ草紙』シリーズ、『坂の上の雲』、大河ドラマ『竜馬がゆく』『春の坂道』『国盗り物語』『花神』『翔ぶが如く』『篤姫』などに出演。プレミアムドラマ『捜査会議はリビングで!』では、元警察署長で現在は柔道師範・森川正倫役で出演。

大河ドラマ 竜馬がゆく(1968)

武市半平太役

大河ドラマ 竜馬がゆく

インタビュー

 私にとって初めてのテレビドラマが『竜馬がゆく』でした。撮影方法そのものは映画と変わりないのですが、テレビはいま撮影した自分の芝居を、すぐその場で見ることができる。それが衝撃でした。

 演出が和田勉さんで、この方がまたユニークで面白かったですね。「リハーサルは2回以上やらない」と言って本当にそれだけ。あとは自分たちでちゃんと考えてこいということです。本番では2階の副調整室からだーっと降りてきて「良かったー!最高—!」と言ってくれる。でも、その後「もう一回、行こう」(笑)。

演出家 和田勉、脚本家 水木洋子

 セリフも全員がこれ以上は無理というくらい徹底して早口でしゃべりました。言葉が難しいうえに長セリフで大変でしたが、それが青春の描き方というのかな。画面を超えた部分で幕末のエネルギーをどれだけ表現できるかということだったのかも知れません。やっていても面白かったですし、終了後、脚本の水木洋子さんが「私も徹底して難しいセリフを書いたのに、あなたたちよく覚えたわね」とおっしゃっていたことも思い出です。

竜馬を演じた北大路欣也、武市役の高橋 ともに二十代半ば

 私が演じた武市半平太は、土佐勤王党を結成した後、投獄され切腹して絶命するという人物です。放送が始まって早いうちに僕も捕えられて牢獄に入ったのですが、「半平太を切腹させないで」という視聴者の方からの投書が数多くNHKに送られてきて、結局、予定より長く生き延びることになりました。ただ、ずっと牢獄の中ですから活躍の場がない。早く死なせてほしいと言っていましたけどね(笑)。

 この作品で初めて私のことを知ったといってくださる方も非常に多くて、芸能界に入った時には不良になったと思われていた親や親戚からも認められました。急に親戚も増えましたが(笑)、そういう意味でも非常にありがたく思い出深い作品です。

大河ドラマ 国盗り物語(1973)

織田信長役

大河ドラマ 国盗り物語

インタビュー

 この作品で信長役をいただいて、信長が自分に乗り移ったのではないかと思うほど、すっかりほれ込んでしまいました。喜怒哀楽が激しくて、何を考えているのか読みにくい。思考は人よりはるかに先をゆき、違う次元からものを発想する。だからこそ天下統一を目指した人物で、あの時代に一大名、それも小大名がそこまで大きなことを考えていたという設定でやらせてもらいました。ただ自分は正しいけれど周囲がついてくることができず、結局死に向かっていくという悲劇。でも、あの統率力や行動力はやはり希有な人物だったと思うし、いまだに武将の中で誰が好きかと聞かれれば信長と答えています。

“尾張のうつけ”と呼ばれた信長が道三に後継者と認められ…
天下取りの夢を引き継いでゆく

 『国盗り物語』というのは斎藤道三(平幹二朗)の物語ではありますが、道三は18話(全51話)で死んでしまうので、その後は道三の夢を信長が引き継ぐという形でした。信長だけでなく明智光秀(近藤正臣)、羽柴秀吉(火野正平)など、そのころの若者を描いた戦国群像劇でもあり、若い俳優が大勢出演していました。それぞれが切磋琢磨して、お互いが競い合う。まさに演技のうえでの戦争が繰り広げられ、むんむんとした熱気があふれ出ているような現場でした。杉良太郎(浅井長政)さん、寺尾聰(徳川家康)さん、林隆三(雑賀孫市)さん、伊吹五郎(細川藤孝)さん、東野孝彦(山内一豊)さん………、みんな若かったなあ。

斎藤道三(平幹二朗)と側室の深芳野(三田佳子)
光秀(近藤正臣)と秀吉(火野正平)

 信長の最期は本能寺の変でしたが、当時はいまほど消防規制が厳しくなかったので、スタジオで本物の炎を燃やしての撮影で、それは本当に迫力がありました。私にとって記念すべき作品ですが、映像が2話分ほどしか残っていないんですよね。残念です。

煙が立ちこめる“本能寺の変”のシーン

金曜時代劇 茂七の事件簿
ふしぎ草紙シリーズ(2001~)

回向院の茂七役

金曜時代劇 茂七の事件簿 ふしぎ草紙シリーズ

インタビュー

 私は大所高所から正義を見つめる武将とか、偉い人の役が非常に多かったんです。それが、この作品では茂七という庶民の中に生きる人物を演じさせてもらえた。人を正義の名の下に斬っていく武将より、より人間的な深さを感じさせてくれたのが茂七でした。江戸前で粋で人間が好き……あの年代の私にこの役をいただき、表現できたことが非常にありがたかったです。おとぎ話のようなちょっと不思議な世界を庶民の中に持ち込んだ物語でしたが、そうした噂話や都市伝説の裏で人間の本質とは何だろうと問いかけて表現していく。とても素敵な作品でした。

辻斬りを目撃したおよう(水川あさみ)が何者かにねらわれ…

 淡路恵子さん、原田芳雄さん、本田博太郎さんなど、特徴のある俳優さんがたくさん出ていて、みんなすごく仲が良かったんですよ。緑山スタジオで撮影していたのですが、撮影が夜中までかかることも多く、近くのスーパーで大量に食品を買い込んで前室にずらーっと並べていました。誰もお腹が空いて不機嫌にならないようにって(笑)。撮影の合間も誰一人自分の楽屋に戻らず、わいわいおしゃべりしてましたね。さすがに途中でこのままだとセリフがわからなくなるかもしれないと思うと、お互いにセリフを声に出して確認し合う。そこで、「大丈夫、出来る、出来る」となると再び世間話(笑)。毎週、本当に楽しくて合宿のような撮影の日々でした。

茂七親分に力を貸す梶屋の勝蔵(本田博太郎)とおかつ(淡路恵子)

 3シリーズ目まで続きましたが、その後がない。原作の宮部みゆきさんに「続編を書いてよ」とお願いしているのですが、最近は違う形の時代劇を書かれることが多く、茂七系統の作品をなかなか書いてくれないので怒ってます(笑)。

大河ドラマ 篤姫(2008)

島津斉彬役

大河ドラマ 篤姫

インタビュー

 僕は『篤姫』で島津斉彬(なりあきら)を演じていますが、大河ドラマ『翔ぶが如く』(1990年)では斉彬の異母弟・久光を演じていました。久光は大局を見るのではなく、地方自治を守る大名としての一生懸命さがあり、明治維新の大きなうねりの中で薩摩をどの位置に置けるのか、そのことに尽力しました。逆に斉彬は藩だけのことではなく、日本という国の未来を広く見据えていました。そういう意味で斉彬という人はより大きい、広がりのある人物だったと思います。そんな斉彬は夢半ばに亡くなりますが、おそらく毒殺だったのではないでしょうか。もちろん激務だったこともあるでしょうし、ドラマの中でも病死としていますが、当時は毒殺が多かったですからね。斉彬の場合、呪いをかけるとうわさの“お由羅騒動”もあり、自分の子どもたちも幼くして全員亡くなっています。しかし、斉彬の死など、多くの悲劇があったからこそ、彼の思いが西郷隆盛に伝わり、後の明治政府を作る原動力になっていったのだと思います。

斉彬は於一(おかつ・宮﨑あおい)の聡明さと行動力を見込んで養女に迎える

 歴史は男性が作り上げたものと一般的に言われていますし、史実にある女性は妻や娘、女と書いてあるだけで、名前も記されていないことがあります。しかし僕は歴史の中で物事が起こるときには必ず女性の力が作用していたと信じています。僕にとって『篤姫』という作品は、歴史の渦中で活躍する女性を取り上げた最高傑作だと思っていて、その篤姫の人生を変える斉彬という人物は、人間を見る目が非常に長けていたと思います。下級藩士である西郷隆盛たちを取り上げていく力。たくさん女性がいる中で自分の意志を継いでくれる於一(おかつ)を見出した目。そして於一自身が強い意志を持っていると見極めた目。斉彬が常にいろいろな人物を注意深く見続けていたからこそできたことなのでしょうね。また、普通なら自分に都合のいいことばかり言う人を重用するのに、斉彬は一人ひとりの持ついろいろな面を見て評価することができました。優しさと厳しさ、その両方を持っている人物でなければできることではありません。斉彬の器の大きさをすごく感じます。

“篤子”の名を与えられた於一は将軍の正室となるべく厳しい教育を受ける

 どんな場合でも役者対役者というのは戦いなのですが、篤姫を演じた宮﨑あおいちゃんとの戦いは楽しかったです。彼女がどういうふうに表現してくるかによって、こちらも表現の仕方を変えるのですが、最初のリハーサルで「何もしてこないなぁ」と思っていると、次はドンと仕掛けてきたりする。それによってこちらも合わせて芝居をする。お互いに仕掛けあって楽しんでいました(笑)。あおいちゃんは本番でカメラがまわったときにも芝居が変化するんですよ。若いのに表現の引出しをたくさん持っていて、急にきらめきをパッと出してくるので、一緒に芝居をすることがとても面白かったです。

 上野にある寛永寺に篤姫と家定のお墓が隣り合わせに二つあります。徳川家のお墓で将軍の隣に奥さんのお墓があるのは篤姫だけだと思いますね。本編でも描かれていましたが、夫婦の仲はとても良かったのでしょう。家定役の堺雅人さんは『篤姫』以降、活躍がすごいですよね。嬉しいことです。

 彼と一緒のシーンは最初に家定と斉彬が会うシーンくらいしかなかったのですが、空き時間によく話をしていました。たとえば、家定がハリスの謁見を受けたときに、家定が歌舞伎の見得を切る仕草をするんです。それについて「歌舞伎の見得は、お客さんがどこから見てもわかるように目の玉の位置を端から中央に寄せていくから面白いよね」といったことをお話しました。先日、僕が『真田丸』の現場に顔を出したときにもあいさつに来てくださいましたが、彼は芝居がとても好きな方なので、いつもいろいろな話ができて楽しいです。

家定(堺雅人)
歌舞伎の見得を切る家定

プレミアムドラマ
捜査会議はリビングで!(2018)

森川正倫役

プレミアムドラマ 捜査会議はリビングで!

インタビュー

 この人物は、自分の生きた道が一番いいと信じている男なんです。だから、それをそのまま息子にも踏襲させるのが一番だと思い込んでいる。人には、それぞれの生きざまがあるはずなんですけどね。ところが息子の晶(田辺誠一)は、自分と同じ警察官にならなかっただけでなく、ミステリー作家で主夫までやっている。それは我々世代には考えられないことで、こいつ何をやっているんだということになるんですね。晶は妻の章子(観月ありさ)と夫婦の間でそこは確認し合っているのだから、いいはずなのに、そこに加わりたいとか、自分を押しつけたいというかわいいおじいちゃんではあります。そんな中で俺とは違うけど、なんだか世間の役に立っているのかなと、心の奥のどこかでは感じてもいる。男親の表現力のなさというか、口に出さない。それはそれで成立しているところがユニークで面白いと思いますね。

嫁の章子(観月ありさ)は正倫の柔道の弟子

 ただ、このドラマはセリフが覚えにくいんです。なぜかというと、誰かが話したことに対して、この人が答えるといった連結がない。それぞれが自分の主張を言うことで会話が成り立っているので、「え、俺、次は何を言うんだっけ!?」と思ってしまう。単純に言うと血液型がAB型の人ばかりが集まって会議をしているような台本なんです(笑)。しかし、そこから家族が一つの輪になっていくという非常に新しい作りになっています。

9歳の直、ミステリー作家の晶(田辺誠一)、刑事の章子 家族で事件を推理!

 出演者もみんな自分のキャラクターを楽しんで、面白がりながら力を出してきています。作品はちゃんこ料理のようなもので、いろんな味がしみこみ合って美味しくなるものでしょう。このドラマもキャラクターの濃い人が大勢出演していて、これでもかとばかりに個性を発揮しています。そんなキャラクターのぶつかり合いが、ふっと一つのものにまとまったときに面白くなるので、毎回さまざまな味を楽しんでもらえると思います。私自身、非常に楽しみながらやっています。

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す