50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
香川照之 香川照之

香川照之歌舞伎役者・俳優かがわてるゆき

旧名・別名
市川中車

1965年生まれ、東京都出身。父は歌舞伎俳優の二代目市川猿翁、母は女優の浜木綿子。自身も九代目市川中車を襲名。89年に大河ドラマ『春日局』でデビュー後は、独特の存在感で頭角を現す。『半沢直樹』シリーズでは大和田暁役でお茶の間の話題に。NHKでも『龍馬伝』の岩崎弥太郎、『坂の上の雲』の正岡子規などで印象的な演技で魅了した。Eテレの『香川照之の昆虫すごいぜ!』では自身の昆虫愛を披露、カマキリ先生としてMCを担当している。

連続テレビ小説 おんなは度胸

バブル期の温泉ブームに乗り遅れた関西の老舗温泉旅館「はなむら」の後妻に入った山代玉子。女将(おかみ)として奮闘するが、四面楚歌で主導権争いも絶えない。旅館のために尽力する玉子の姿は、義理の娘の心に変化をもたらし、やがて2人で力を合わせて旅館を支えることに。逆境を乗り越えていく女たちの戦いを描いた。作:橋田壽賀子。音楽:中村暢之。語り:奈良岡朋子。出演:泉ピン子、桜井幸子、藤岡琢也、藤山直美ほか。

原作:橋田壽賀子 脚本:橋田壽賀子 音楽:中村暢之 語り:奈良岡朋子

土曜ドラマ 私が愛したウルトラセブン

1960年代、円谷プロを舞台に、ウルトラセブンに夢を託した若者たちの青春グラフィティ。「ウルトラセブン」の撮影が始まって1か月。交通事故で脚本家の赤井が死亡、アンヌ役の弘子も重症という突然の知らせが入る。書きかけの台本は新鋭の脚本家・石川新一が書き上げることに・・・。アンヌ役はアルバイトのゆり子が抜擢される・・・。脚本は市川森一。当時の「ウルトラセブン」の脚本家の一人だった。

作:市川森一 音楽:宮川彬良

ドラマ新銀河 親子は他人の始まり

料亭の女主人のもとへ二人の子どもが大金の無心に来た。店を処分して財産分与を決意する。京都、大阪、神戸を舞台に二度目の青春を生きようとする一人の女性を通じて、子離れできない親子の“子離れ宣言”を描いた。(全16回)

作:宮川一郎 音楽:川上了

正月ドラマ 雪

大正の初め、東北の小さな村での出来事。赤ん坊の時に吹雪のため両親を失った16歳の娘ユキは、村一番の富豪に望まれ嫁入りする。嫁入り行列は猛烈な吹雪に阻まれ、農家に避難するが雪はいくら待っても降りやまない。厳しい自然の中で運命にもてあそばれながらもたくましく生きる女性を描く。(99分)。原作:武田麟太郎。脚本:山内久。音楽:近藤譲。出演:中島ひろ子、香川照之、フランキー堺、乙羽信子、塩見三省、谷村昌彦ほか。

原作:武田麟太郎 脚本:山内久

土曜ドラマ 黄昏の甘い恋歌

東京・神田の学生街で70年近く続く喫茶兼パン屋「南風堂」の女主人は人気者。いつも自作の歌を口ずさみ、明るい歌声があふれる店は繁盛している。ある日テレビで紹介され、歌手デビューの話が持ち上がる。そころがその歌が盗作であると疑われ、それをきっかけに再会や新しい出会いが訪れる。笑いと涙いっぱいの、ほのぼのとした大人のドラマ。女主人を森光子が好演した。(全1話)

作:小野田勇

ドラマ新銀河 赤ちゃんが来た

新進のメーキャップアーティストの妻と出版社勤務の夫は、互いに自由を尊重し合い干渉しあわないで暮らしている、いわゆる“友だち夫婦”。その2人に突然、赤ちゃんがやって来た!妊娠・出産・子育て…はじめてのことに当惑しつつも互いに成長し、愛を深めていく夫婦の物語。人気マンガ家の石坂 啓が、自分自身の妊娠、出産、育児をホンネで語った大ベストセラーの子育てパワフルエッセイを原作にドラマ化。(全16話)

原作:石坂啓 脚本:宮村優子

土曜ドラマ 新宿鮫~無間(むげん)人形~

第110回直木賞を受賞した大沢在昌原作の「新宿鮫」シリーズ第4作「無間人形」のドラマ化。〝新宿鮫〟と恐れられる刑事・鮫島が、敢然と悪に立ち向かう姿を描いたハードボイルドサスペンス。鮫島の恋人でロックシンガー・晶のバンドボーイが突然事故死。彼の所持していた覚醒剤の密売ルート追ううちに…。「新宿鮫」シリーズは、1995年BS2で「屍蘭」ともに2話ずつ4話を放送。(全2話)

原作:大沢在昌 脚本:今野勉

土曜ドラマ 銃口・教師竜太の青春

昭和12年の北海道旭川市。北森竜太は希望に燃えて炭鉱町の小学校に赴任するが、国粋主義者の校長に戸惑いを覚える。次第に戦時色が濃くなっている中、竜太は突然特高に捕まり、取り調べで退職願いを書くよう強要される。太平洋戦争が始まり、竜太も召集され…そして終戦。小学校教育に情熱を燃やす1人の青年を主人公に、昭和の初めから終戦後まで、時代のうねりに大きく翻弄される人間の姿を描いた。(全3話)

原作:三浦綾子 脚本:布勢博一

土曜ドラマ 7おごるな上司!

大手新聞社・社会部記者の倉田に同社出版局雑誌編集部への異動が告げられる。創刊準備中の女性雑誌の副編集長に抜擢された倉田であるが、新聞記者としての自分に誇りを持つ彼は、戸惑いと怒りをおぼえる。組織の中の上司と部下のよりよい関係とは、組織を生き生きとさせ皆が楽しく働ける環境とは、魅力的な組織とは…新任管理職の成長を通して、すぺての組織人に送るメッセージドラマ。(全3話)

原作:堀田力 脚本:小林政広

土曜ドラマ 唄を忘れたカナリヤは・・・

パソコンに馴染めずに、アルツハイマーを装って仕事や社内のOA化からのがれようとした定年近い55歳のサラリーマンが、本当に病人になってしまう。認知症は、情報化社会がもたらした”文明の病気”ではない。日本の不条理演劇を確立した第一人者である劇作家・別役実が独特の作劇世界で繰り広げる人間喜劇。(全1話)

作:別役実

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す

敬称略

」の検索結果(0件)

お探しの検索条件では見つかりませんでした。
人物名を入れてください。