50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
忍成修吾 忍成修吾

忍成修吾おしなりしゅうご

1981年生まれ、千葉県出身。高校時代から雑誌『PoPteen』や『東京ストリートニュース』といった高校生向け雑誌の読者モデルとして人気を博し、98年モデルとして芸能界入り。翌年、ドラマ『天国に一番近い男』で俳優デビュー。映画『リリィ・シュシュのすべて』、『不能犯』、ドラマ『さよなら、小津先生』、『ヤンキー母校に帰る』、『デスノート』ほか。NHKでは、『探偵Xからの挑戦状!』、『植物男子ベランダー』、大河ドラマ『軍師官兵衛』、『西郷どん』 ほかに出演。

ドラマDモード FLY~航空学園グラフィティ~

平成12年春、成田空港に一人の男が降り立った。原匠(大友康平)39歳。八ヶ岳山麓にある中央航空学園の特訓班の担当教官として招かれた。ここ数年、航空大学に一人の合格者も出せないことから理事長の氏家(酒井和歌子)が、原を選んだのだった。原は選んだ特訓班の8人の生徒を八ヶ岳の麓の森の中に置き去りにする。そして「連帯責任」の名のもとに過酷な訓練を課してゆく。理不尽なまでの原の命令に、茜(片瀬那奈)は反発し、退学覚悟で勝手に学校の飛行機を飛ばそうと計画する。その事に気づいた他の特訓班のメンバー達が見ぬふりをする中、康介(石川伸一郎)と涼太(鳥羽潤)が手伝い、茜は何とか飛び立つ。後を追いかけた原は茜を誘導して無事に着陸させる。退学届を出した茜に、原は「おまえを辞めさせない。」と言い放つ。

作:尾西兼一 音楽:矢野真紀

土曜ドラマ 刑事の現場

団塊世代の大量退職で世代交代の波が押し寄せる警察。経験豊富なベテラン刑事が現場を去り、その穴を新人刑事が埋めなくてはならない切実な状況である。定年間際のベテラン刑事が経験の浅い新人刑事と組み、複雑で痛ましい事件に挑みながら、刑事の「技」と「魂」を伝えていく姿を描く。推理や派手なアクションではなく、リアルな人間関係や社会問題を扱った本格刑事ドラマである。

脚本:尾西兼一 音楽:coba

よる☆ドラ ビターシュガー

ひと通りの酸いも甘いも経験した39歳の女性3人。友情の絆で結ばれた3人の間に、ある出来事をきっかけに微妙な亀裂が生じる。予期せぬ怒りや嫉妬にかられ、本音をぶつけあううち、その亀裂はさらに大きくなり...。いまを懸命に生きるすべての女性と、そんな女性の気持ちを知りたい男性諸氏に贈る、「本音トークが気持ちイイ」「見れば、生きる勇気のわいてくる」ドラマです。

原作:大島真寿美 脚本:今井雅子 音楽:矢井田瞳

BS時代劇 一路

突如、参勤行列の差配を任された19歳の小野寺一路。行く手には、お家乗っ取りの謀略と道中のトラブルが。果たして、一行は無事中山道を12日で江戸に着けるのか?時代小説の名手・浅田次郎の小説をドラマ化、手に汗握るロードムービー時代劇!(全9回)

脚本:渡邉睦月 音楽:高見優

特集ドラマ 海底の君へ

茂雄は万引きを強要された少年・瞬をかばい、その姉、真帆に出会う。ある日、パニックを起こした茂雄は真帆に救われ、中学で受けたいじめの後遺症で苦しんでいることを告白する。2人が関係を深める中、瞬がいじめを苦に自殺未遂を起こしショックを受ける茂雄に、かつてのいじめ首謀者・立花が「いじめがなくなることはない」と言い放つ。(73分)。作:櫻井剛。音楽:大友良英。出演:藤原竜也、成海璃子、水崎綾女、忍成修吾ほか。

作:櫻井剛

特集ドラマ スリル!~赤の章・黒の章~

舞台設定はそのままに総合とBSプレミアムで主人公を変えて描く連動企画のミステリー。「赤の章」(総合)では警視庁の庶務係で働く主人公が、詐欺師の父親から仕込まれた犯罪知識を駆使して難事件を解決する。「黒の章」(BSプレミアム)では腹黒弁護士が、金に目がくらんで危ない依頼を引き受けてはピンチになる姿をコミカルに描く。全4回(各49分)。作:蒔田光治、徳尾浩司。音楽:橘麻美。出演:小松菜奈、山本耕史、小出恵介ほか。

作:蒔田光治 音楽:橘麻美

特集ドラマ ピュア!~一日アイドル署長の事件簿~

主人公は売れない腹黒アイドル・黒薔薇純子。交通安全や防犯啓発のため「一日署長」として赴いた小さな警察署で、なぜか必ず殺人事件に遭遇する。警視庁捜査一課の東堂刑事からは邪険に扱われながらも、この凸凹コンビがたった「一日」で難事件を解決してしまう3夜連続放送の推理エンターテインメント・ドラマ。作:蒔田光治。音楽:辻陽。出演:浜辺美波、東出昌大、六角精児、長村航希、忍成修吾、大塚千弘ほか。

脚本:蒔田光治 音楽:辻陽

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す

敬称略

」の検索結果(0件)

お探しの検索条件では見つかりませんでした。
人物名を入れてください。