畝傍駅

厳かな雰囲気が漂う駅舎
  • 奈良県
  • 主な撮影地:橿原市八木町
畝傍(うねび)駅は、奈良駅と高田駅を結ぶ桜井線の駅です。明治26年、畝傍駅は当時の大阪鉄道の駅として開業し、現在の駅舎は昭和15年に改築された2代目のものです。畝傍駅は、かつて橿原(かしはら)神宮や神武天皇陵の最寄り駅で、参拝する皇族のために駅舎内には貴賓室が設けられるなど、厳かな雰囲気が漂う瓦ぶきの立派な寺社風建物です。ホームの幅は広く、開業当時、畝傍山や御陵を訪れるために、この駅で多くの人々が乗降していたことを物語っています。

(この動画は、2009年に放送したものです。)