市振駅

日本海の風雪に百年耐えた駅舎
  • 新潟県
  • 主な撮影地:糸魚川市市振
市振(いちぶり)駅は、滋賀県の米原駅から新潟県の直江津駅までを結ぶ北陸本線の駅です。駅の開業は大正元年。しかし、木造駅舎が竣工したのは明治41年です。市振の先には天下の険として知られる親不知・子不知海岸があり、北陸本線の北上には、トンネル工事が必要でした。駅舎はその工事の基地として、「駅」になる前からここにありました。瓦ぶき切り妻の屋根、白の羽目板張りの壁、正面入り口から脇へと巡らせた回廊のひさしの造形など、明治期の標準的な設計の小さな駅舎です。

(この動画は、2009年に放送したものです。)