松山 主人公たちのふるさと

立派な石垣と天守閣が町を見下ろす
  • 愛媛県
  • 主な撮影地:松山市堀之内
松山市の中央にあるお釜を伏せたような岡にそびえるのが松山城です。立派な石垣と天守閣が今も威風堂々と町を見下ろしています。その城下町の一角で、ドラマ「坂の上の雲」の主人公たちは生まれました。主人公の一人、俳句・短歌の改革者、正岡子規が17歳まで過ごした家は、文学資料館「子規堂」として市内・正宗寺に復元されています。もう一方の主人公、秋山好古(よしふる)と真之(さねゆき)兄弟の生家は、空襲で消失した後、平成17年に復元されました。

(この動画は、2009年に放送したものです。)