佐賀 田植唄

佐賀の民謡
この「田植唄」は、福岡との県境の唐津湾に面した地域でうたわれてきました。源流は江戸時代末期に流行した「甚句」です。 収録/昭和38年
【歌詞】
腰の痛さよ畝まち田の長さ(ヨイコラヨーイ)四月五月のヨーイ日の永さヨイコラナー(アショイショイ)
可愛そうにや白歯で身持ち きけばそなたはもと馴染み
一夜泊りの兵隊さんに惚れた 明日はラッパの吹き別れ