チューリップ乙女

とやま民謡プレミアム
  • 富山県
  • 主な撮影地:砺波市中村 チューリップ四季彩館
昭和29年、チューリップが県の郷土の花に選定されたと同時に発表された民謡で、砺波市の保存会でアレンジが加えられ受け継がれています。県西部に位置する砺波市は、チューリップ球根の収穫量が全国一位で、毎年4月末から5月初旬の大型連休に“チューリップフェア”が開催されます。赤色と黄色の着物を身にまとい、乙女たちが踊りを披露し、チューリップの花に見立てた手の動きが特徴で、越中乙女(県内の女性)のチューリップへ想いを唄った民謡です。

唄・演奏・踊り/砺波市民謡民舞協会 義正会 鵬声会 昇栄会 しほ美会のみなさん

(この動画は、2014年に放送したものです。)