越中舟橋ばんどり太鼓

とやま民謡プレミアム
  • 富山県
  • 主な撮影地:中新川郡舟橋村竹内 無量寺
「越中舟橋ばんどり太鼓」の名称は、明治2年に舟橋村で起きた「ばんどり騒動」から名付けられました。年貢の重圧や凶作に苦しんでいた農民たちが、ばんどりと呼ばれる「みの」を身にまとい起こした一揆のことです。凶作が再び起こらぬよう五穀豊穣を祈願するとともに、「ばんどり騒動」に見られる農民の忍耐強さや正義感を表現しています。
演奏しているのは平成6年に結成された今年で20年になる創作太鼓グループで、舟橋村の伝統芸能の一翼を担っています。

演奏 越中舟橋ばんどり太鼓振興会

(この動画は、2014年に放送したものです。)