利島

ヤブツバキが島を彩る
伊豆七島のひとつ、利島は、周囲およそ8キロ、7つの島の中で最も小さな島です。島の面積の8割以上が、ヤブツバキで覆われています。ヤブツバキの実からは、化粧品や整髪料などに使われる質の良い油が取れます。利島は全国有数の椿油の生産量をほこります。島では11月から2月の間、島のあちこちで落ちた椿の実を拾う「椿拾い」といわれる収穫作業が行われます。

(この動画は、2001年に放送したものです。)