松葉がに漁

繊細で濃厚なうまみ
  • 鳥取県
  • 主な撮影地:岩美郡岩美町
鳥取県東部の漁師町、岩美町網代(あじろ)地区。11月、日本海を代表する冬の味覚「ズワイガニ」が解禁になります。長い脚が松の葉を思わせることなどから、「松葉がに」と呼ばれます。松葉がにの漁期は11月~3月の4か月間。荒波の沖合いで、底曳き網漁が行われます。水深200メートルにいる松葉がには、魚群探知機で見つけることが困難なため、過去のデータをもとに網を下ろす場所を割り出します。カニの群れが見つかると、昼夜を問わず網を仕掛け、引きあげます。

(この動画は、2016年に放送したものです。)