海を渡る病院

島で暮らす人々の命を守る診療船
  • 岡山県
  • 主な撮影地:岡山市北区伊福町
岡山、広島、香川、愛媛の島々を巡回する国内で唯一の「診療船」があります。船に乗るのは、医師や保健師たち。船内は、レントゲン撮影や心電図などの機械が完備されています。診療船が運航する目的は、島民へ定期的に検診などを行い、病気を早期に見つけたり、予防したりすること。この日は岡山県の犬島での検診。診療船は、昭和37年、高齢化の進む島の将来を見据えて、岡山の社会福祉法人が運航を開始。以来、国や県の補助金を受けながら巡回し続け、島の人たちの暮らしを支えています。

(この動画は、2017年に放送したものです。)