ホーム » 番組 » [証言記録 兵士たちの戦争]インパール作戦 補給なきコヒマの苦闘 ~新潟県・高田歩兵第58連隊~

番組

番組一覧へ戻る

番組名 [証言記録 兵士たちの戦争]インパール作戦 補給なきコヒマの苦闘 ~新潟県・高田歩兵第58連隊~
戦地 インド(コヒマ)  放送日 2008年7月28日

チャプター

[1] チャプター1 ずさんな補給計画 食糧も弾薬もない絶望的な戦い  03:56
[2] チャプター2 精鋭部隊 新潟第58連隊コヒマへ  06:50
[3] チャプター3 牛も倒れるほどの険しい道のり  05:02
[4] チャプター4 体ごと敵陣へ飛び込む肉迫攻撃  06:41
[5] チャプター5 コヒマ撤退!佐藤幸徳師団長の決断  07:49
[6] チャプター6 病気、飢え、自決…多くの兵士が死に至る  08:00
[7] チャプター7 無名戦没者の墓に眠るビルマに残した戦友たち  04:43

番組内容

日本から4500キロに位置するミャンマー。太平洋戦争中、かつてのビルマ(現ミャンマー)とインドの国境地帯に広がるこの密林地帯は、日本陸軍の苦闘と敗北の舞台となった。

インパール作戦。日本が各地で敗北を重ねていた昭和19年、陸軍はインド東部の都市インパールを制圧し、一気に活路を開こうとする。しかし、日本軍は壊滅的な敗北、半数の将兵が死亡する。

新潟県の出身者を中心に編成された陸軍歩兵第58連隊は、インパール作戦の成否を左右するコヒマの激闘を戦うが、作戦の補給計画はずさんで、3か月以上もの間、食糧や弾薬がほとんど届かなかった。

英軍は圧倒的な物量で攻撃を加え、また、おとずれた雨季の激しい雨が、将兵を苦しめる。

退却を命じられた将兵は、雨の中、飢えや病気で次々と倒れていく。補給のない絶望的な戦いの中で、兵士たちは何を見て、何を感じたのか。

関連する地図

インド(コヒマ)

地図から検索

関連する証言者動画

ページトップ