ホーム » 番組 » [証言記録 兵士たちの戦争]ビルマ濁流に散った敵中突破作戦 ~徳島県・歩兵第143連隊~

番組

番組一覧へ戻る

番組名 [証言記録 兵士たちの戦争]ビルマ濁流に散った敵中突破作戦 ~徳島県・歩兵第143連隊~
戦地 ビルマ (シンゼイワ盆地、ラングーン、モールメン、シッタン河)  放送日 2008年10月26日

チャプター

[1] チャプター1 取り残された143連隊 過酷な退却戦  03:25
[2] チャプター2 日本軍 ビルマ制圧  07:05
[3] チャプター3 連合軍の反撃とビルマ義勇軍の寝返り  11:52
[4] チャプター4 敵中に置き去りにされた143連隊  06:51
[5] チャプター5 読まれていたシッタン河突破作戦  13:47

番組内容

太平洋戦争で、激しい戦闘が繰り広げられたかつてのビルマ。

太平洋戦争終盤、攻勢に転じた連合軍を前に、日本軍は苦しい闘いを余儀なくされ、戦死者は16万人にのぼった。

その中でも、過酷な退却戦を強いられた徳島県の郷土部隊、歩兵第143連隊。

武器も食糧も補給されず、四方を連合軍に囲まれる中、決死の覚悟で、連合軍の包囲網を突破しようとした。
「もう少しで味方の部隊に合流できる。」そこに立ちふさがったのが、川幅が200メートルを超えるシッタン河。
雨季で増水した濁流に、多くの兵士たちが飲み込まれていった。

部隊が孤立したのは、いち早く撤退した日本軍司令部によって、前線に置き去りにされたからである。

退路を断たれたうえに、追い討ちをかける事態も進む。日本に味方していたビルマ軍が、連合軍側に寝返ったのだ。

第143連隊の将兵の証言から崩壊していくビルマ戦線の実態に迫る。

関連する地図

ビルマ (シンゼイワ盆地、ラングーン、モールメン、シッタン河)

地図から検索

関連する証言者動画

ページトップ