ホーム » ニュース映像 » ニュース映像 第203号

ニュース映像ニュース映像

ニュース映像一覧へ戻るニュース映像一覧

タイトルタイトル: 日本ニュース 第203号
公開日公開日: 1944年(昭和19年)4月20日 ニュース映像について

チャプター

[1]1 チャプター1 音羽侯英霊凱旋  01:06
[2]2 チャプター2 比島答禮特派大使来朝  00:51
[3]3 チャプター3 印度国民軍 陸續前線へ  01:47
[4]4 チャプター4 ニューギニア戦線  04:01

チャプター

1
2
3
4
公開日公開日: 1944年(昭和19年)4月20日

ニュース映像について

再生テキスト再生テキスト

 去る2月、クェゼリン環礁守備部隊6500名の勇士とともに、尊き御身をもって南海の果てに散華させたもうた侯爵、音羽正彦少佐のご英霊は、4月12日、御父君朝香宮鳩彦王殿下、御兄君孚彦王殿下をはじめ奉り、軍代表参列して御迎え申し上げるうちを、○○空港に無言の凱旋(がいせん)を遊ばされました。ご英霊は同期生ショウジ隊員に奉持(ほうじ)され、国民挙げて哀悼のうちに一路横須賀へと向かわせられました。

 フィリピン共和国特派大使、アキノ国会議長一行は、4月17日、青木大東亜相、バルガス駐日大使ら、関係者多数の出迎えを受け、羽田飛行場に到着しました。同特派大使一行は、フィリピン共和国独立に対する謝恩と、日比同盟条約締結に対する答礼のため、来朝したものです。これを期として、両国の緊密不可分なる関係は、ますます固きを加えるものと信じられます。

 インド国民軍、ついに宿望の祖国の土を踏む。その感激も生々しい3月22日、前線においてボース最高指揮官は、アラカン作戦初の殊勲者、ミスラー少佐に対して、国民軍最高の栄誉、サンダー・E・ジャンの勲章を授与。ついで、ボース首班は歴戦の勇士の一人一人に握手。心からその労をねぎらう。翻る三色旗。生死を誓ったこの旗の下、歩武堂々の分列に移るインド国民軍の精鋭。式場には日・緬・印同盟軍の誓いも固く、それぞれの代表参列して、その武勲を祈る。

 インド国民軍は進軍する。ボース首班の像、独立旗を押し立てて、新鋭部隊は続々前線への嶮路(けんろ)を進む。既に印度国内に奮戦する同志の勝報は相次いで伝えられた。戦場は近い。足並みも軽く、新鋭部隊は一路祖国へ、インド国内へ。

 白雲をついて、突兀(とっこつ)と連なる西部ニューギニアの連山。1万尺をはるかに超える峰々は、千古の雪をいただいて人跡未踏の静けさを守る。
だが、この山々をひとたび下れば、ジャングルが果てしなく続いて、瘴癘(しょうれい)の暗黒地帯を繰り広げる。そしてこの山岳とこの密林。これが日米決戦の地、ニューギニアの戦場を形づくる。このジャングルの中にあって、とぼしさに耐え、困苦に打ち克ち、戦いの日々を送り迎える皇軍の勇士。
敵機の爆撃は、日ごとその熾烈(しれつ)の度を加え来たる。しかし頑敵に対す我が将兵は、悠々迫らず。
敵軍、蠢動(しゅんどう)の報至る。直ちに兵舎の前に集合。部隊は命令一下、ジャングルのまっただ中へ飛び込んでいく。泥沼に生い茂るマングローブが進軍を著しく阻む。この瘴癘の地に戦う皇軍勇士にとって、最大の敵はまさにこのジャングルであった。
敵部隊、今は間近。木の葉で全く擬装(ぎそう)した勇士は、泥沼に伏して進軍の機を窺(うかが)う。南方第一線に奮闘を続ける皇軍将兵の尊い姿である。

NHKサイトを離れます