ホーム » 証言 » 鈴木 精一さん

証言証言

証言をご覧になる前にお読みください。

証言一覧へ戻る証言一覧

タイトルタイトル: “バタバタみんなやられた” 番組名番組名: [証言記録 兵士たちの戦争] 東部ニューギニア 絶望の密林戦 ~宇都宮 歩兵第239連隊~
名前名前: 鈴木 精一さん(宇都宮・歩兵第239連隊 戦地戦地: ニューギニア(アイタペ、ウエワク)  収録年月日収録年月日: 2009年2月5日

チャプター

[1]1 チャプター1 ニューギニア上陸  04:58
[2]2 チャプター2 行軍の難所 セピック湿地帯  04:40
[3]3 チャプター3 渡河作戦  09:44
[4]4 チャプター4 ハト陣地の攻撃  09:27
[5]5 チャプター5 撤退  06:59
[6]6 チャプター6 ジャングルへ逃げ込む  05:19
[7]7 チャプター7 自活持久  05:14
[8]8 チャプター8 捕虜収容所  03:56
[9]9 チャプター9 戦友を弔い続ける  03:24

チャプター

1
2
3
4
5
6
7
8
9
番組名番組名: [証言記録 兵士たちの戦争] 東部ニューギニア 絶望の密林戦 ~宇都宮 歩兵第239連隊~
収録年月日収録年月日: 2009年2月5日

証言をご覧になる前にお読みください。

再生テキスト再生テキスト

そこへ上陸したときは、とにかく、飛行機を持ってこなくちゃなんないって。飛行場も、歩兵も、何にも、そんなの構いなしにね。もう、飛行場を造ること、それをまずやったわけ。

ウエワク付近に、飛行場を3つ造るわけ。で、もうとにかくあそこは、年中、暑いところだったからね、マラリアがあるね。そうすると、もうバタバタ兵隊がマラリアで倒れるね。

そして、まあ、飛行場造りに行って。大変なことなんだよね、ジャングルを切り開いて、そして、そこへ滑走路を作るわけだよね。そうしたところが、飛行場を造り終わったか、友軍機が何機か来てザアーッと入って、そろったなと思ったら、敵が爆撃に来ちゃった。

もう、敵はいっぺんにダアーッと来て、絨毯爆撃。もう、ダダダダーってやって来ちゃったね。ほんで、飛行場行ってみたら、もう何ていうか、滑走路は、でかあい穴が、空いているんですよね。で、一体、何するんだって思ったら、まず、穴へ、ヤシの木やなんか、ジャングル内の切った木やなんかをね、ぶち込んで穴を埋めて、くれって。そしていたら、埋め終わらないうちにまた、B17って、あのこういったんだね、ボーイングの、あれが来て、ダダダダーってやって。で、もう、飛行場造りは終わり。

で、それでもう、どんどん、どんどん戦友は死んで、遺体があったんだね。あの当時はまだね、死体を焼くっていうこと、やったわけね。ジャングルの木を切ったやつを、こう組み合わせて、その上に死体を乗せて、焼いたわけね。そういうこと、まあ、出来る状態だったわね。そしていたら、こんど、一戦へ行けって、言うんでね。マダンっていうとこへね。マダン地区へ行けって、言うんで、その当時、沖縄あたりの漁船が、徴用されてきていて、その漁船で、ウエワクへまあ、ウエワクから、夜の間走って、昼間は島陰へ入っててね。そんなことで行ったわけね。

そしたら、ハンサっていうところで、船から上陸して、それからはまあ、機関銃担いで、行軍でマダン地区まで行ったわけ。して、また行って、マダンから更に山の方にね、行って。初めての戦闘が、12月の10日かな。

Q:セピック河なんかも、越えたんですか?

越えたね。セピックはひどかったですよ。あそこはね、もうなんていうか、大発でね、河は渡ったんですがね。そのセピックに行くまでがね、湿地帯。もう泥んこですよ。もうね、靴はみんなダメになっちゃう。裸足ですよ。だから、足はもう、傷だらけ。で、重い機関銃を担いで、まあ、あの泥田ねえ。大変だったね。

だから、そこでは兵隊が死んだですよ。もう、だああっと遺体ばっかりね。で、夜になると、ジャングルの中、昼間、歩いて、夜になると、ちょっとこう、死体でもいくらか高くなった所に、寝るんですよね。すると、先客があるわけね。夜が明けてみたらね、死んだ戦友がね。「なんだ、一晩中、これと一緒にいたか」と。でも、わたしは何、食っても当たんないのね。何、食ったって、わたしの胃は丈夫で、消化して、出してくれるんでね、それで生きられたね。

Q:亡くなった人っていうのは、なんで亡くなったのですか? 衰弱?

衰弱だね。だから、もう早いのは、白骨になってるね。今、死んだばかりの兵隊もいるっていう状態だから。だからセピックでは、ずいぶん死んだんですよ。

広い河ですね。年中、濁っててね。あそこにはワニが、ものすごくいるんです。だから海の中をね、こう、泳いで移動するのを見てるんですよ。だから飯ごう洗いに行って、ちょっとしゃがみこんだとき、ワニにバカーンとかじられて死んじゃったりね。

だから「河の傍は、大きい所は行くな」って言われてたね。

とにかく、内地へ向かう兵、敵をここで抑えようという、気持ちだから。いつまでたったって、負けるとは、思わなかったね。「大日本帝国が負けるはずがねえ」という、そういう者の集まりだよね。

川を下っているうちに、川を下ってって、そこから上がって、急襲しようと思って行ったわけ。

そしたらもう、あの周辺の気候や、風土に全然、分かんないわけね、こっちは。だからね、どっかにスコールが来たわけね。そうしたところが、ここは降ってないのに、もの凄い水がダーッと来て、そうして、兵隊が流されて来たんですよ。それじゃ、だめだっていうんで、引き返して、引き返したら夜が明けちゃったわけ。で、今度は、しょうがないから、正面からっていうわけで行ったわけね。

で、10日の日に、夜明けに、敵の陣地にぶつかったわけ。で、そこでまだあの当時はね、負け戦、知らないからね。で、どんどん行って、まだ世の明けないうちに、敵の第一線へ突撃を。歩兵が、小銃隊が突っ込んだわけね。そうしたところが、敵の射撃は、もの凄い激しいわけ。もう、自動小銃やなんてやつでバリバリ、バリバリやられちゃうよね。だから、あっと言う間に、バタバタ、バタバタみんな、やられちゃって。それで、敵はちょっと下がって、稜線まで出て、そこで機関銃をついて待っていたわね。そうしたところが、撃ってくるんですよね、遠くから。

そして、明日の日。明日の朝、敵の方へ行ったら敵がもう、前線基地を捨てて、そして、下がったわけね。

そして、今度はまた、行くよって、いうことになったわけね。で、とにかく今度の敵は違うと。

行ったらまあ、ただじゃ、済まないぞ、というようなわけで、行ったわけ。そしたらね、前の部隊が、何ていうかね、やっぱり、前に行ってた部隊はね、道路を造ってたんですよね。前進用の道路をね。そんで、こう岩山なんかもトンネル掘って、通したりして、大変な苦労して、道路を造ってたんですよ。

だけど、そこに行ったらね、もうトラックがね、あっちにも、こっちにも、銃撃されて停まってるんですよ。そのトラックの中に、死体が、もう骨になってあるんですよ。それで「いやあ、これはえらいことだなあ」と。そして行ったらその、前に出てた部隊が、我々と交代するためにね、下がって来たわけね。そして、軍旗から下がってきたんだが、軍旗、守ってる、兵隊も少ないし、その軍旗、守ってる兵隊の中に、小銃へその靴がね、軍靴をぶら下げて。捨てるの惜しんで、ぶら下げてんだろうが、ぶら下げて来るんだよね。まあ、敗残兵だよね。

班長が、この人は北海道の人で、とにかく威勢のいい人だから「この敗残兵の姿を見ろ! こんな奴らが、行ってるから、戦争負けんだ!」なんて言って、言ったのね。

そしたら「あんたらも行って、一ヶ月も過ぎれば、こうなるよ」なんて、ゆいゆいして、行ったんですよ。そうして行ったら、死体はもう、どこにでもあるね。死体はもう、ごろごろ、してるわ。兵器の捨ててあるのね。もう、機関銃でも、何でも、捨ててあるのね。もう、昔の軍隊ってのは命より、兵器を大事にしろって、教わってるから「いやあ、これはえらい戦場だな」って思ったんですよ。


Q:その敗残兵っていうのは、どんな様子だったんですか?

ボロボロで、もう着るものだって、不十分なんでしょ。だから、ボロボロなんですよ。帽子かぶってるのもいれば、かぶってねえのも、いればね。

我々はちゃんと、鉄帽かぶって、まだ戦しないからね、行ったよね。まあ、あれを見たら、まあ敗残兵ってやつだね。
「あんたらが行って、半月もすればこうなるよ」なんて言われちったなあ。

そして行ったらね、とにかく敵の方が強いんですよ、今度。どんどん、どんどんね、こっちが、下がんないってやってね、先に上押して、行っちゃうんだよね。ほんだから、もう、敵に負けないように、一生懸命、下がったわけ。下がってきて、今度、また下がってきたら、もう、部隊も大分、中隊も、兵隊も、減ってるしね。

で、こっちはね、南方の戦場なんてのは、知らないからね。もう眼鏡、双眼鏡とかなんかはね、あれはもう、だめなんです。曇っちゃうんですよ、湿気が多いから。だから、こういう眼鏡はだめだしね。そういう状態で、今度は撤退ということになったわけ。ほんで、夜の間に行動して、昼間はジャングルにちょっと入って、そしてどんどん、どんどん、下がってきたわけね。

初めて、今度は抑えられた敵に、アメリカ軍だね、正規軍と戦うわけ。19年の8月の初めから、攻撃を始めて、そして、もう前に行ったよ、その大隊は全滅しちゃって、もう、何にも全滅。そこへ、わしらが行ったわけ。

で、ジャングルの中を行くとね、もう夜、前進して行ったんだが、もう敵の砲撃っていうのはものすごいんですよね。もう、バンバン、バンバン撃ってくるのが、もうそのジャングルの中の、大木の枝に当たったりなんかして、もう、頭の上でさく裂したりね。もう、どうにもならんのね。

そうして、一晩中、砲撃を受けて、ほんで朝、見たらもう、開墾したみたいだね。掘り返されてもう、みんな木は倒れるね。そして、兵隊も半分以下になってたね。で、わたしなんかは、もう一生懸命、帯剣で穴掘って、探して、守って、小さくなっていたんだがね。

そして、ちょっと若干、下がり、そこで準備をして、まだあの、これは米があったんですよね。そして飯ごうで飯を炊いて、炊いて。そして、明日は陣地を攻撃するっていうんで。で、夜、出発だと。で、「明日のご飯は、残しとけよ」と言うわけね。だけど、明日、生きてて、腹減って困るなんてのは、運がいいんだから、みんな食っちまえ。炊いて、米あるだけ炊いて、みんな食っちゃって、飯ごう空っぽにして、明日、がんばろうって出発したわけ。そしたら、敵は砲撃しないんだよね。これはうまく行くかなあと、思ったわけね。で、作戦名は「ハトの陣地」って言ったわけね。

そして、もう別に、ハトの陣地の前へ、出たわけですよ。で、ザーッっとこう、前へ出て。5、6、8中隊、そしてわしらは、8中隊配属の機関銃ということで、8中隊の後ろへついたわけね。すると、ジャングルより、いちばん近いんですよね。うん、わしらは。で、行ってきたら、工兵隊も来てたんですよね。

ほんで、工兵隊が3人、爆薬を背負ってね。そして、こうやって点火して。前にね、鉄条網、低い鉄条網があったんで、それが邪魔だっていうんで、工兵隊がそれを破壊するために、ついて来たわけね。そして点火して、「飛び込めばそれでおしまいだよ」って言いながら、工兵隊が前の方へ行ったわけね。

「工兵隊、前へ、工兵隊、前へ」っていう、前から命令が来たんで行ったわけ。

そして、行ったらね、敵がものすごく、撃ち出したわけ。バリバリ、バリバリだね。だ、もう、鉄条網まで行かないうちに、工兵隊はもう、みんな撃たれて、そこで、爆薬が爆発しちゃってね。そしたら今度、小銃隊がね、「第二大隊は突撃する。突撃突っ込めえ!」って、号令をかけたわけね。もう、夜が明けちゃったからね。で、だあっともう、立ち上がって、わあっという喊声じゃなくて、バンザーイ、バンザーイという声だったね。

もう、わしらが、小銃隊が突撃したら、そこの逆襲、敵の逆襲に備えて、陣地確保をするための、するんだという任務だったから。わしは機関銃、そこへ置いて、待ってたわけだがね。そして、小隊長の意見聞こうと思ってね「小隊長、小隊長どうしたあっ」て、前へ行ったら、「小隊長なんかもう、死んじゃったよ」って言うんだよね。「分隊長は」って言ったら、「分隊長は死んじゃったよ」って。ほんで、誰もいないわけだよね。

そうしているうちに、バリバリ、バリバリとあっちでやられる、こっちでやられるね。もう、バタバタ、バタバタ兵隊が負傷したわけね。そしたら、気持ちの優しい、わたしより1年遅い兵隊さんがね、いたんですよ。したら、その兵隊さんも、この辺から、やられたらしくて、何がどうした、もう血が出て、どうにもなんないわけだね。そしたら「ううん、誰か、誰か頼む、助けてくれえっ」て、もう泣くんだよね。で、もうそうして、声を上げると結局、声を聞いて撃ってくるんですね、バリバリ、バリバリ。だから、ううん困ったなあ、どうにもならねえなあ、と思って。

「渡辺、何するの、伏せやあっ」て言ったら、「うん、こうしている方が楽なんだ」って、背骨が何か、やられたんだね。「だけど、おめえを狙った弾で、みんな怪我しちゃうんだから、伏せた方がいいぞ」って言ったら、ううんと、伏したんですよね。

それから、今度はもう、ここにいたらだめだから、みんな下がろうと思って。だから、「おい、今からみんな下がるから」って言ったわけ。で、自分ではもう、その場ではわたしが、いちばん先任者だから「ジャングルまで走れ」って言ったらね。まあ、演習だらね、一人ずつパツ、パツとこう散って、演習なら行くんだけど、もうそうなるとね、もう、一斉にバーッと、生きてる者が走り出しちゃったわけ。そうしたら、もう機関銃でバリバリ、バリバリっとやられて、みんな倒れちゃったわけ。

そして、それからわたしもね、みんな下がったの、確かめて、そして、手りゅう弾の安全栓を抜いたのを2発こう、持って、ほんで、そおうっと、はってね、行ったら、もう10メートルも無いね。もう、きれいにジャングルまで行く間に、きれいに伐採したとこがあるんですよ。そこは走んなきゃだめなんですよ。だからもう、一気にそこは走ってね。
で、走りながら見たら、戦友が倒れてて、足のとこから、血を噴いてたんだが、顔は見てないんだが、「あっ、オオヤマだな」って思ったんですよ。オオヤマって言うとあれね、長野県の兵隊だな。そして、ジャングルへ飛び込んで。

そして、行ったら兵隊がいたんですよ、3人ともケガしてね。

その兵隊さんは、背中から血が噴き出してるんですよ。で、「縛ってくれや」って言うから、包帯法で、縛ってやったんだがね、そんなことで、血は止まんないですよ。だけど、その人は、その兵隊は「夜になるまで、ここで待って、夜になってから下がろう」と、その兵隊は言うんですよ。だけど、わしはもう、こんなとこに、夜までいたら、殺されちゃうもんだからね。まあ、その兵隊には悪いんだけども、まあ、「夜まで待つ者は、ここに残れ」と。

「嫌だ、連隊本部まで行って、連隊本部で報告をするから、連隊本部まで俺は下がるぞ」って言って。そしたら2人の兵隊がどっちも、怪我してんだがね、2人の兵隊がわたしと一緒に、来たわけ。だけど、連隊本部なんか、どこにいんだか、分かんねんだよね。で、途中まで来たら、今度は小隊長がね、長野県の人なんだが、その人がもう、負傷しちゃって、もうほんとにもう、なっていたわけ。「鈴木、下げてくれ。川の向こうまで、下げてくれ」って言うわけ。で、その小隊長を背負って、そしてまあ、下がったら、川まで行くのに、一晩かかったんですよね。そして、行ったら戦友が3人来て、まとまって。そして下士官が1人いたんで、で、その人とそこから、下がったわけですがね。

で、小隊長はみんなで下げてくれって言ったら、今度は下士官が、「ううん、それは無理だ」って。「ここに残ってもらうしかない」って。もう、そういう状況なんですよ。もう死体やら、患者やら、いっぱいなんだからね。で、そこへ置いて。そして、そこへ小隊長を置いて、下がったんだがね。いやあ、かわいそう。で、まあ、かわいそうなんだが、なんか、あんまりかわいそうにも、思わないんだよね。今、考えると、かわいそうなんだが、今、その当時は、かわいそうに思わないわけ。

もう、動けないで、置いてゆかれる戦友がいっぱいいるわけ。だから、今その人たちは、みんなかわいそうですよ、今思えばね。だけど、もう、それは戦争っていう問題ね。

そして、そこから今度、山へ入るということになったわけ。

海は危険だから、山へ入ればいくらか。あそこはね、山の方が、海より、食べ物があるわけね。で、山へ移動が始まったわけ。だけど、この山へ入るのが、大変よ。もう、山へ入るまでは食べ物は全然、ないんだから。で、水を飲むといくらか、いっとき水飲めば、腹いっぱいになると、眠れんだよね。で、小川のへりに、飯ごうのふたをこう持って、そして、腹へって目覚めると、そのふたへ水を汲んで、飲んでまた眠ったわけね。そういう状態で、山へ入ったからね。おそらく、あの山道30人くらい、だったのかな。だけど、そこで兵隊がばたばた、ばたばた亡くなったわけ。

アイタペの作戦後はもう、補給なんて、もう全然、無いです。だからもう、山へ入りながらもう、早く死んだ兵隊は、白骨でね。まだ首、動いてる兵隊は、息してる兵隊もあると。だから、まず、助けにはねえんだよね。背のうでも、背負ってる兵隊があったら、まず背のうを取って、何か、食い物が入ってねえかとか、そういう状況。

だから、川に、あのカニがいたんだよね、カニ。あの頃は、まあニューギニアは、ああした動植物は豊富なんだよね。だから、カニを取って、食ったりね。で、ネズミを捕まえて食ってみたり、カエルを食ったり、ヘビを食ったり。で、ヘビはあの、皮を剥かないで焼くと、やわらかいんだよね。どんどんたき火して、その中へ、ヘビを入れて、皮をむかないで焼いて、そして、食べるとやわらかいの。そして、山へ行ったら、ううん、敵がこねえんだろうと思ってたら、すぐに敵が追ってきたの。今度はオーストラリア軍ね。

ほんで、今度は食い物はない。敵は来る。「食い物なかったら、敵を殺して、敵のものを取って食え」ていうことになってね。

いやあ、泥棒が流行ったんですよ。とにかくわしも、一度、背のう盗まれちゃって、ひどい目にあったがね。もう、食うものなくなったら、盗っていっちゃうんですよ。だけど、命がけだからね。捕まったら、殺しちゃうから。勘弁しないから、そんなやつは。

勘弁しないですよ。人の命より大事なもの、盗っていっちゃうんだから。

今度、終戦を迎えるまでの、まあ敗戦までの、戦闘だよね。

火炎弾っていうやつね。あれがね、分かんなかったんですよ、わしは最初。したら夜、木の上で燃えてるんですよね。そしたらそれが、油かなんかみたいなものでできた、弾なんだね。火がついたら消えないんだよね。で、それで1人、兵隊さんがその弾に当たって、やけどして死んだんだがね。いくらこう、熱いからね。砂とか土で、こう擦ってね、きれいに取ったと思ったって、煙がまた出てくるのね。

あれは犯罪だね、あんなものを使っては。一般の人があんなんでやられたら、大変ですよ。

でも、負ける気はないんですよね。「敵はさらにどこを占領した」とか、「どこに上陸した」とか言って、宣伝ビラをまいて行って、そしてまた、爆撃だね。「明日の朝、爆撃すっぞ」って、爆撃あるんだよね。だけどまあ、「敵の言うことなんて、本当の事は無いんだから、ここでがんばってれば、日本は必ず勝つよ」なんて思ってたわけ。そして、8月の15日になったら敵が、攻撃をぴたっと止めたわけ。

そして、もう敵が、攻めてこなくなったんだね。で、「日本降伏。戦闘停止スベシ」っていうビラ撒いてったわけね。「なあに、敵の野郎も無理言った宣伝するな」なんて思っていたんだが、やっぱ、負けたんだよね。そんとき、敵の方へ降伏して。まあ、脱走だね。敵前脱走だから、これは当然、日本の軍法で言えば死刑だよね。だけど、3人くらい行ったんですよね、敵の方へ。そして、行ったところが、戦争終ったから、捕虜がつかないわけね。「もう、戦争終わったから、帰りな」っていうふうに言われちったわけだ。それでもう、今度は味方の方へ帰って来るわけね。そうしたら戦争負けたって、まだ軍律は帝国陸軍のままだからね。で、「この裏切り者」って言うんで、大尉がばっさ、ばっさと切っちゃったわけですよね。だから、あの連中もかわいそうだったよね。だけど、その当時はね、「この野郎、裏切りやがって」と思ってるから、かわいそうとも思わなかったわけ。それで今、考えりゃ、かわいそうな兵隊ですよね。

戦争に負けて、ムッシュ島っていう、小さな島に生き残った者が、全部集められたとき、集められて、それから、我々は第一陣で、迎えの船が来て乗って帰るっていうんで、そのときに、安達閣下(第18軍司令官安達二十三)が来て、お別れの挨拶を、したんですよね。「みんなには、骨折らせてすまなかった」と。「食べ物もしっかり、食べさせたいと思ったが、それも、できなかった」と。

「申し訳ない」って閣下が頭を下げたんだね。

「内地に帰ったら、とにかく、体が弱っているんだから、内地の人と比べたら、自分は丈夫と思っても、体が本当に弱ってるんだから、体は無理をしないで、大事にしなさい」ということを言ったね。

皆、もう、ダーッとこう、頭下げて、聞いていたよね。ムッシュ島まで来る、兵隊っていうのは、もう、本当の兵隊だから。戦争をした兵隊だから。それで、ムッシュ島へ上がってからも、バタバタ、バタバタ死んじゃうんだから。もう、栄養失調で、あそこの野戦病院で。上陸してからね、もう、我々はそこに1週間ばかいて、普段着るもの、編んで、さて帰ろうかって言ったときに、何人かの兵隊さんが動けないんで、入院ってことになったんだね。「頑張れよ~」って言いながら、涙、ぼろぼろ、こぼしてたよね。そして、担架で運ばれて行ったよね。だけど、それから、10日位して、亡くなったんですよね。

わたしはね、親と、じいちゃん、ばあちゃん、戦友には、朝晩、線香を上げるんですよ。毎日、それは毎日。朝晩。戦友に線香忘れちゃ、これは人間ではないですよ。だからね、戦友の家庭も、一回まわって線香、あげたこともあるんだがね。だけど、わしが気がついて、戦友の家を回って歩く頃は、もう、代が変わってて。もう、写真貼ってあっても、「本当の人なんでしょうか?」なんて、家庭もあったですね。

Q:やはり、亡くなった戦友のご両親なんかに会うときに、本当のこと、亡くなった状況を、聞かれたりしませんでしたか?

しました。だけどね、本当のこと、言えない場合もあるわけですよ。脱走して、殺されたなんてのは、言えないですよね。だけど、そういうのは、戦死になってないんですよ。事故死、事故で死んだということになってるんですよね。ま、体が弱ってて、崖への道へ落ちて、亡くなったとか、そういう話になってるんだがね。だから、あれは、戦病死くらいにして、もらいたかったね。

それは、親に対してね。皆、戦争が悪かったんだからね。

戦争が悪かったわけ。戦争をしなければ、負けなかったわけ。死ななくて済んだわけ。

出来事の背景出来事の背景

【東部ニューギニア 絶望の密林戦 ~宇都宮 歩兵第239連隊~】

出来事の背景 写真南太平洋に横たわるニューギニア。日本軍はガダルカナルでの敗北が決定的になる中、連合軍の侵攻に備えるため、第18軍を編成し兵力を投入し続けた。

栃木県と長野県出身の若者を中心に編成された歩兵第239連隊がニューギニアに上陸したのは昭和18年(1943年)2月。与えられた任務は、生い茂る密林を切り開き、道路や飛行場を建設することだった。

その後、連合軍は東部ニューギニアで反攻を開始。日本軍の拠点を次々と攻略し、昭和19年4月には日本軍の背後、ニューギニア中部のホーランディアとアイタペに上陸した。239連隊を含む第18軍は、完全に孤立してしまった。

この事態に現地の第18軍司令官・安達二十三(あだちはたぞう)は、アイタペに総攻撃をかけることを決断。将兵は弾薬や食糧の補給がないまま、アイタペを目指し数百キロにも及ぶ行軍を開始した。行く手には幾筋もの河と広大な湿地帯が広がり、多くの者が飢えや熱帯特有の風土病に倒れていった。

7月10、日本軍は3万5000の兵力でアイタペ攻撃を開始したが、連合軍の圧倒的な火力の前に8000を超える戦死者を出し作戦は中止。食料も弾薬も尽きた将兵は「山南地区」と呼ばれた密林の奥地へと逃れ、病人や負傷者は部隊から次々に落伍していった。

極限状態の中で追い詰められる将兵たち。死を覚悟で敵陣に突入する斬り込みが繰り返される一方、昭和20年に入ると大隊の40数名が組織的に集団投降する事件も起こった。

東部ニューギニアに投入されたおよそ15万の日本兵のうち、12万8千人が亡くなり、今も6万を超える人々の遺骨が、収集されることなくニューギニアの地に眠っている。

証言者プロフィール証言者プロフィール

1921年
栃木県に生まれる
1935年
芦野尋常高等小学校卒業
1940年
現役兵として東部第36部隊に入隊
1941年
歩兵第239連隊第2機関銃中隊に転じ、北支山西省へ
1944年
アイタペ作戦当時、兵長
1945年
終戦 当時、軍曹
1946年
神奈川・浦賀にて復員
 
復員後は、警視庁に勤務

関連する地図関連する地図

ニューギニア(アイタペ、ウエワク)

地図から検索

関連する証言

関連するニュース

NHKサイトを離れます