ホーム » 証言 » 八巻 一夫さん

証言証言

証言をご覧になる前にお読みください。

証言一覧へ戻る証言一覧

タイトルタイトル: 「襲いかかる米軍機銃掃射」 番組名番組名: [証言記録 兵士たちの戦争] 中国戦線 大陸縦断 悲劇の反転作戦 ~福島県・若松歩兵第65連隊~
名前名前: 八巻 一夫さん(会津若松・歩兵第65連隊 戦地戦地: 中華民国(衝陽、信陽)  収録年月日収録年月日: 2009年10月16日、18日

チャプター

[1]1 チャプター1 白虎部隊と呼ばれた連隊  04:20
[2]2 チャプター2 山道の遭遇戦  08:04
[3]3 チャプター3 食糧は奪うしかなかった  02:53
[4]4 チャプター4 金城江の悲惨な光景  03:20
[5]5 チャプター5 「反転」  05:06
[6]6 チャプター6 中国軍の追撃  04:24
[7]7 チャプター7 機銃掃射にさらされる  03:10
[8]8 チャプター8 眠りながらの行軍  02:43
[9]9 チャプター9 終戦  02:44
[10]10 チャプター10 戦死者に対して、いま思うこと  02:20

チャプター

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
番組名番組名: [証言記録 兵士たちの戦争] 中国戦線 大陸縦断 悲劇の反転作戦 ~福島県・若松歩兵第65連隊~
収録年月日収録年月日: 2009年10月16日、18日

証言をご覧になる前にお読みください。

再生テキスト再生テキスト

ここで65連隊の兵隊は鍛えられたの。すごい、びっくりしたね。60年ぶり。あのお城には上ったことはあるけど、こういう下で見たのは、ほんとうに60年ぶり。本当に苦労した、汗を流した、泣いた、そういう時代です、ここは。まあ、思い出はとても尽ききれない。みんながここで訓練をしたんです。

小銃を背負って、ほふく訓練さ。こうやって腹ばいになって、こうして、こうやって訓練をしたんだよ。雪、こんなんなってた。そうだよ、会津の雪は福島の雪より深いんだよ、ここは。だから1メートルはたっぷりあったな。ここは。そういうことだ。

それで毎日、いろいろ日記、書かせられる。ただね、当時は軍隊がつらいとか、やだ(いやだ)とか、書くなよ、と。日記の検査があるんだから、そんなの書くなと。友達が「軍隊は運隊なり」と、こう書いてあった。それが、見つかって、ひっくり返った。それで、みんな並べって言われて。みんなの責任だって言われて、往復ビンタを張られたこともある。そういう具合に連帯責任は問われた。みんなして、ねえ。まあ、この同級生も兵隊もかわいそうだったが、しかし、当時でいうと、いま皆さんが考えられないような時代に、我々は育ったの。

そして、ここはお城が白虎城。鶴が城なんだが、白虎隊で、白虎隊と言われた。われわれ白虎隊なんだ。尽忠報国の精神に燃えて、自分のことは捨てて、お国のために、ただ、ひたすらに訓練を受けたところなんですよ。それで、戦地に行っても、白虎部隊というのは、軍の最精鋭と言われておる。13師団は、ここに青いマークをつけたの。これ、中国に言わせると、チンゴエ、青い鬼と恐れられるくらい、非常に恐れられたんですよ。そして、困苦欠乏に耐えて、そして、戦ってきた。だから要するに、何でも耐え忍んで、まあ、そういうふうに、たたき込まれて最後まで、来たわけです。そういう思いです。

それが即、白虎部隊の精神。白虎が、お城が燃えて、切腹したように、自刃したように、われわれはやっぱりお国のために、天皇のために、尽忠報国の念に、燃えていたわけです。

桂林に出てくるまで、僕らは湘江の東の方の山をずっと、入ってったの。そこの湘江のときには、桂林から逃げた中国軍と。我々は山でも、何でも、日本軍は1列で行軍するんだ。もう縦隊、いわゆる3人そろってとか、4人そろってではなく、1列でずっと、山を行くわけ。

1本道だもん。谷あいがあって。この道、1本しかないんだよ、ずっと。こう山だし、こっちは谷間だし、ここが山だし。こう行って、こう上がっていくんだよ。

だから、みんな部隊はあぜ道歩くように、一列縦隊で走ってんだ。三列だ、二列だってして、歩くなんてことはなかったよ。ああ、2人でな、歩きながら、話しながら、なんていうことはない、まず。

これは湘江。今、観光でも桂林の案内、見ると、この辺が船着き場になる。これ、部落がある。この道は、こっちはこういう山でなくて、普通の吾妻山のような山なんだ。密林なんだよ。この道行くとな、とにかく相当の密林だから、部隊が切れんだよ、一列で行くと。

もちろん、我々は道案内の中国人を使いながら、地図1枚をもらって、そこに行くわけだから、全然、知らなくてではなくて、地図をもらって、そして、あらかじめ、いろいろ情報を得ながら、支那人をそれぞれ頼んだというかな、連れて、強制的でも案内させて、そして、行くわけだ。


Q:実際はどうしていたんですか? そういう人に?

実際は、例えば部落に入って、逃げ遅れたとか、隠れたとか、そういうのをやっぱり頼んで、押さえて、どこどこに案内しろと、こういう連絡をつけるのさ。

ところが、中国側が陣地構成しているというと、近くに中国軍がいるというと、道案内、さっと、いなくなっちゃう。そうすると、そこでババッとこう、撃ってくるさ。そういうことも、たびたびあるけれども、これがいわゆる、遭遇戦だな。この戦がやっぱり、非常につらい思いをした、これをやるのにね。

小銃とか、軽機関銃、向こうの機関銃というのは、戦に慣れてくると、弾の音で近いか、遠いというのがわかるんだ。ドタン、ドバンという発射音が、聞こえるのは近い。ドン、バーンと来るのは、だいぶ距離があるという。そういう戦をしていくと、手りゅう弾が、突然として飛んでくる場合がある。手りゅう弾というのは、大体せいぜい飛んで40メートルと思えばいい。手りゅう弾が来るというのは、もう、ごく間近に敵がいることなの。

それから、当時ね、赤筒(あかとう)というのがあった。赤筒というのはくしゃみして。それから、涙の催涙性が青筒(あおとう)なんていって、入っていてな。これは簡単に発射できるんだ。ここに突っ刺して、火つけてバーッと行くんだ。これこそ手りゅう弾と同じように、30メートルか、40メートル行くの。突然のときには「赤!」というと、それを発射するとな、向こうでくしゃみするのが聞こえるぐらいなんだ。ただ、風向きによってな、逆に来っから、風向きを見ながらやる。そんなこんなで、敵を追っ払いながら進んだんだよ。

山道ってね、山道っていっても、例えば山で、いちばんびっくりしたのは、みんな知ってる、いわゆる広西省桂林のような山。こういう断崖絶壁の、なんていうか、ああいう山は広西省一帯にそういう山だったから。


Q:桂林の山をですね、最初に見たときって、どういうお気持ちになりましたか?

 びっくりしたよ、あんな山を見たことない。みんな、こういう切り立っているんだぞ。みんな山っていったら、平らだと思った。木はあるしさ。木なんてねえんだもん。こういう岩山だもん。ちょうど霊山(りょうぜん)の山みたいなの。あれの大きくしたような、あんな山、見たことねえ。びっくりしたな。

みんながぼう然として、見てたよ。

山が、こんなに切り立っている。それこそ、夢みたいだべ。見たことねえんだから。

そして今度、部隊は桂林の町に入んないで桂林の南、こういう山あいを通りながら、思恩というところに飛行場とれという命令で、行ったんだ。こういう、山また山の。


Q:すごい奥地まで来たっていう感じというのは、あったんですか?

 あったよ。いや、まず風景な。苗族(ミャオ族・モン族)っいうんだ。苗族が(は)髪の毛、長いしさ、非常に敏しょうなんだよ。山登りも、そういう岩山を進む。動きが、まるでネズミぐらい、速いんだから。いやいや、大したあれだよ。苗族が中国軍を見たことねえんだから。日本軍はもちろん見たことねえんだから。だから、こういう山あいの中をどんどこ進んでいくと、ドンパン、ドンパンと弾の撃ち合いしてるんだよ。不思議だな、先に日本軍はおれらより行ってないんだ。ところが、中国軍のところ撃ってるんだよ。

あそこは少数民族、苗族が立てこもるところで、しかも、こういう際立った山の洞窟が、たくさんあるんだよ。その洞窟から撃たれるわけね。ところが苗族は、そこは中国軍と戦っているもんだから、中国の正規軍の様相を苗族は見たことない。もちろん、日本軍も見たこともないって、三者三様の戦をしたところなの。後で我々は日本軍だというのが、分かってさ。もう猿のように、敏しょうに、こういう山を歩くのね。それはやっぱり、山岳戦としての特徴あるとこだった。

こういう広西省では、少数民族が、ドンパン、ドンパン、三者三様の戦、したんだ。桂林の奥で。いやいや、とんでもねえことになんなと、思って。

いわゆる大行李(こうり)、小行李という、それ専門の部隊がいっけんども、戦線がだんだん、だんだん、長くなる。つまり、我々が突進する、進軍が速くなるとついてこれない。糧まつの補給部というのはついてこれないから。結局、自活の生活になる。そこら辺が部隊としては、困窮欠乏に耐えてさ。


Q:あれですか、徴発というのはですね、どのようなことをしたんですか?

 どのようなことをしたって、まず、物を取ることだな。それからさっき言ったように、道案内を連れてくる。強いて言えば徴発さ。だから、徴発って意味は非常に広いんだよな。

困るのは人だ。人の徴発。道案内。荷物の担ぎ方。食料をもらったってさ、物、持たせなっかなんねべした(持たせなければならないでしょう)。そういうので、支那人を徴発、強制的に使ったのは事実さ。

早い話が、徴発というけれど、かっぱらいだからな。金を払わねえんだから。なんともしようがねえな。それはいつ考えたって、あまりよくない。当たり前だよな。

幸いにして、主食は米だしさ、日本で作っているものも、中国で作っているから、幸いにそういうものを集めてさ、そして食べてきたの。イモを掘ったり、いろんな山菜の根っこを食ったり、食うものは食えたわけ。だから補給が着くものはまず、順序からいうと、弾丸、兵器、次が食料だ。

生きていくのには食うしかない。食うにはそれは悪いが、そこにあるものを徴発をして、食うしかないということさ。来なければ。だから、決していいことではないが、生きるがためにはやっぱり、やむを得ないと思うんだよ。

金城江というのは、中国軍からいうと、物資集積所だったの。貨車がたくさんあってね。それで、逃げてきた人が、今度、日本軍はそこにこないだろうという、意識だったと思うんだよ。それで陸路を歩いて、そっちのほうに逃げたんだよ。この辺までは大丈夫だろうということで。ところが、あんまり日本の進撃が早かったものだから、

そこにかかる橋をアメリカ軍の攻撃して、落としちゃったんだよ。落としたもんだから、中国軍も、行くに行かれなくなっちゃったの。日本軍、後ろからどんどん攻めっぺしさ。とにかく104(連隊)独山まで、行ったんだから。それで、帰りに、その橋もなしに、いろいろ苦労したらしいんだ。その間に入った連中がさ、なにも中国から殺されるわけでない、こっちも邪魔者であっけんと、ぞろぞろぞろって、早い話が逃げてきた。金城江に向けて、帰ってきた。だから、行くに行かれない、来るのは金城江しかないっていうので、金城江に戻ってきたの。

そこに昔、野戦病院があったの。野戦病院を置いて、中国は先に進んだの。川沿いを逃げたのもいっぺし、鉄道に沿って行ったのもいるし。だから、病人がおった。病人の中にはコレラ患者もいるわけだ。コレラはすぐ感染すっから、それで死体があったんだ。たくさん。1人や、2人じゃないんだよ。10人近く、死んでるんだ。一般の人も何人かあったと思う。一般の人のいちばん忘れられないのは、赤ん坊が死んだ母親のおっぱいを吸っている状態なんていうのは、とてもじゃないが、かわいそうだ。

そして金城江でさ、死体、累々となって、コレラも流行ってな、戦争の悲惨さをつくづく見せられた。死んだ道路のそこに、死体が、野戦病院がそのまま撤退したから。中国の死んだ兵隊が臭い、臭い。一里も臭い。死んだ母親にすがって泣いている子どもがいっぱい。

地獄だよ、あれは。死体まともにあるんだよ、いっぱい。

大した人、来たなと思ったな。だいたい、第一線部隊だから。大本営の作戦課長した人な。驚いたな。

連隊長はさ「白虎部隊は、いわゆる、中支派遣軍の最精鋭だと信じて、おれは希望したんだ」と、こういうふうに連隊長はあいさつで言われたからな。


Q:その反転作戦のとき、服部さんは最初、攻めて、引きますよね? そういう作戦というのは、どう思いましたか?

 当たり前じゃないかい。守って、すっと引けばいいんだよ。一応、攻撃しないとさ、侵攻するんだぞと、こういうように。向こうの中国の情報機関としては、やっぱり、反転という情報は、握ってるかもしれないし。われら、一線にいるものは分からない。もっと攻めろ、攻撃しろと。攻撃して、今度、ここまでこの地点まで、柳州なら、柳州に撤退しろと、こういう命令だから。だから、攻めることは攻める。一生懸命、本気になって。そして、ずっと今まで攻めていて、引き上げて、この辺までに帰ってこなっかなんない。それが今度、敵側とすればさ、一応、攻撃されっから、間隔は空くかもしれないけど、あとは攻めてこないから、引いたのかなと、撤退だととっぺから、今度は、勢い増してくるわい。


Q:勢いを増してくるんですか?

 増してくっぺした。だから、こっちでは今度、守っててさ。配属、山砲だの、何かが人こと、どんどん撃つんだよ。押さえるんのよ。押さえながら、我々は撤退するんだ。次から次へ、交代交代で。

一応、撤退すんのには、攻撃しねっかなんない(しなくてはならない)。3日間くらい、攻撃したんですよ。そして攻撃の末に。

この線に戻れと、こういう指示してたの。ところが、六中隊が斥候をこっちほうの偵察に出した、一個分隊。ときの六中隊の、一個分隊だ。こういうのが今度、時間にこないんだよ。こないとなっと、部隊がどんどん、どんどんやっちゃう。見捨てることになっちゃう。いつの段階で、見捨てようか。15日の例えば12時なら、12時までだと。12時に来てなかったの。さあ、もう心配で心配でさ。どうすんのかと思って見てたらさ、ぎりぎりで、ここにちょっと兵隊らしいのが見えてきたの。20分くらい過ぎてからだ。「あっ、来た」と。これを収容して、そして、さあ、撤退始めると。こういうことで、行軍したの。この時期、この時間の長さは、ほんとに長かったな。それで後で収容したら、この分隊長が、負傷したんで、これを抱えてくんのには時間、大変だというので自爆したんだよ。自爆した。なんて言うかな、これの犠牲のもとに、これが帰ってきたわけ。遅れて。これを収容してほっとしたのさ。連隊長もここに来て初めて、ほっとした。それからこの撤退作戦が始まったわけ。

ほんとに動けなくなっから、撤退のスピードが落ちっから。それを、分隊長はよく知っていて、自爆したわけさ。


Q:撤退っていうのは、あれですか? そんなにぎりぎりなものなんですか?

 そうだよ。撤退の原則というのは、企図を秘匿して、迅速果敢にしないと撤退はできない。だから、それがために、一回、攻撃するんだ、3日間ぐらい。

攻撃ってね、向こう大体、500メートルぐらいだな、来る。八中隊の一個小隊が、敵が、寺を攻撃してたんだよ。だから、早くやらないと、どんどん敵、来るんだ。早く終わんないかなと、こう見てっときに、俺はやられた。


Q:どんどん迫ってくるというのは、すごい勢いなんですか?

 勢いですよ。だって、500メートル、1000メートルぐらいから、見えるんだもん。山だもの、弾の来るの。それは兵隊みんな、さっき言ったように、横に並んで来るんじゃない。こっちの道、こっちの道から来っから、敵だってさ。追撃戦だから、どんどん来るわい。逆にいうと、追撃ぐらい、楽な戦はないんだから。こっちは引くんだし。だから、さっき話した配属山砲が、距離の問題なの。山砲、おおいに撃ってさ、どんどん押さえるしかない、遠くで。近くにいるやつは、われわれ歩兵でもどんどん、どんどん撃てるけど。機関銃の射程だってさ、三分の一ぐらい当たっかなんだか。機関銃も撃つよ。重機関銃撃つけんとも、やっぱり、山砲は応援しながら引いてくると。交代交代で来るわけだ。

こういう軍用線があって、どんどん下がってきて、次は防御線と。こういう交代、順番にして撤退するんだよ。


Q:日本軍はそうやって、追撃されるという経験はほとんどない?

 ない、ない。湘桂の反転作戦が初めてだよ。

嫌だね、これは。攻めるより、はらはらするな。だから、いちばんはらはらしたというのは、さっきの八中隊の、おれがやられた戦闘と、六中隊の斥候が帰ってこないと。撤退の時間は20分過ぎていると。ここであきらめをつけて10人ぐらい、犠牲にするか、しないかの判断だから、連隊長だって苦労するわい、これは。

いちばん、僕がもうだめだなと思ったのは、20年の7月にこうして大腿(たい)部やられたとき。ここは血、噴くんだから、そっちの戸まで。噴き上げる。内動脈の太いのがあるから。そしたら、世話してくれる兵隊が、手ぬぐい巻いて、木切ってきて、締めるわけだ。締めるけんど、足の先、痛くて、1分といられないわ。

野戦病院はすでに、撤退しておったの。ところが、病院の撤退の最後の1台のトラックを残してたの、患者、乗せたまま。

敵はまだ、1000メートルくらい。病院がすでに撤退してるんだ。トラック1台だけなんだから。だから荷物、負傷者もみんな上げた、上げたとたんに、走り出すんだ。こんな道を。いや、痛いのなんのって、言ってらんにんだよ。こんなんなっぺした。運転手だって必死だよ、今度は。

あんときは、もう終わりだと思ったよ。

昼間がな、だんだん、歩けなくなったんだよ。夜、行軍すんのさ。夜。ところが、アメリカの飛行機は電波探知機っていうんだよ。サーッと飛んできてさ、あ、飛行機来たなと思ったわけ。夜だから、大丈夫だべと。ところが今度、衡陽以降だな、ずうっと飛んできて、飛んできたと思うと、今度はブーッと射撃されるんだよ。だから、日本のやっぱり、みんな兵隊があるから、電波探知されてたんだ、電波で。だから、夜も攻撃されるんだよ。

Q:夜も機銃掃射受けたんですか?

 それは受けたよ。後期に。戦争の後期は。

歩っていれば、撃たれるわい。飛行機が機銃掃射だ。だから飛行機が上に来て、自分の上に来てババーッて撃ったって安心なんだよ。斜めにいると危ねえんだよ。「あっ、頭に来てるな。まだ撃てねえな」となると安心なんだ。そっちのほうが来たときは、逃げろって、危ねえから。弾が大きいんだから。あの飛行機が当たっと、吹っ飛んじゃうんだ。このくらいじゃないか、太さ。

処置なしだよ。対抗するものがないんだもん。それこそ、重機関銃向けて、撃つくらいだが、対応としては、それしかねえんじゃねえか。

おれと一緒に、今まで話してて、そいつがちょっと下に、物を下ろしたんだな。落としたの。くっと見たの、そうしたらグググっていっちゃったの。頭やられてさ。戦死だ、流れ弾で。俺も一緒に歩いてたら、俺が先にやられちゃう。俺の後ろまでが、こうやっていた。隣で話していた者が、何か拾おうとして、流れ弾。この命も危ないものだよ。そういうものなんだよ、軍隊というのは。天賦だよ。今、話した人が死ぬ。だから、まあ、本当に今、生きてんのは不思議なんだ。ありがてえっていうか、不思議だ。

本当に疲れると、歩きながら眠るんだよ。この荷物を兵隊、しょってるだろ。大体40キロぐらいだな、重いのは。そういう鉄帽やら。そうすっと、居眠りしていくと、前の鉄にぶっつく(ぶつかる)くらいにしてな。

眠たいな。歩きながら眠ってるんだよ、こうして。だからもう、離されねえ。離されるからって。うっかりすると離れちゃうんだよ。そんで慌てて、おかしな方に行ったんではだめだ。連隊本部だってさ、先に進めば、こう間、空いちゃって、連隊本部だけが、迷子になるところで、やられたときあんだから。


Q:八巻さんの部下たちですか? 兵隊の皆さんはどうだったんですか? その、夜行軍っていうのは?

 どうだったっていうか、みんなやっぱ、それなりに歩ってたからさ、命令で。ああ、眠てえから今日、眠るなんていうわけにいかねんだぞ。言われたままにひたすら、歩くんだよ。

いや、みんな疲れてつらいよ。その文句、言ってたら聞いてらんねえよ。「何、言ってんだ」って怒られちゃうもの。まあ、よく我慢したな、みんな。困苦欠乏に耐えて我慢した。不平、言うのはいないよ。そんでねっか戦できねえぞ。おらはやんだとかな(嫌だとかな)、今日は行きたくねとか、方角が悪いから今日は行かねえ、なんて言うばかがいるもんじゃないべした。だから、よく方角に凝る人、いっけんどな(いるけどな)戦地に行ってくると、方角だ、いや、きょうは友引だから、だめだ言ってられねえって。死ぬまでやるしかねえんだもん。戦死して、頑張れ、頑張れ。戦死じゃない、負傷してな、頑張れ、頑張れって、やってて、だんだん、だんだん、おかしくなるんだ。

この終戦のときに、ビラ撒かれて「ビラは爆弾だ、拾うな」って言って拾わせなかったが、しかし、ポツダムだって。「隊長、戦が終わったようだ」って。いや、本当に荷物が、もう、100キロの荷物が、一遍に、肩から降りたようにふわっとしたわ。いや、あんな思いしたことない、ハッとした。あとはどうでも、とにかく終わったんだな、と。ふわっとした。

打通作戦そのものは、達せられたとは思わん。というのは、南方から来た軍と、柳州の辺でドッキングしたから。ただ我々は、重慶に向けて進んだ104連隊のおかげだが、独山まで行って、そして反転ですから。だから湘桂作戦そのものは苦労したんだが、目的は、いわゆる南方まで通じたと。そういう点では、作戦自体は成功したんではないかなと、こう思うんだ。

結局は、いわゆる国力、戦力。国力というものが、伴わなかったと。したがって、8月の15日の敗戦を迎えざるを得なかったと、こういうことに、尽きるんじゃないですか。

まず、8月15日に生存しとった者は一様に、ハッとした。重い荷物が肩から下りたと、そういう思いは共通だと思うんだ。いわゆる、打通作戦の成功、反転作戦のわずか、短時間のやつが、成果がどうだったという、いわゆる評価っていうのは、当時は誰も持ってなかったと、思うんですよ。

今、考えられるのは、やっぱり、日本の外交なり、国政というもので全体的な面を見て、中国戦線、中国の外交というものが、もっと、なんで考えられなかったのかと、思う。

今に勘案すれば、さっき言ったように、もっと中国戦線というのは、お互いの犠牲者、中国も、日本の犠牲者を、出さなくてもすんだんじゃないだろうか。わたしのほうの部隊だけで4881柱の犠牲が、出ているわけですから、これがなんとも、抑えられなかったのかなと、こう思うのね。

みんな、これ休んでおられんだから。葬られている。生きて再び帰ってこない、人々なんだ。

それを考えるとさ、まったく、さっき言ったように、我々が今、生きているのが不思議であり、申し訳ないような気がするわけだ。まあ、みんなありがとう、ご苦労さんだったと、申し上げるしかない。

うちの部隊だって、4881人も亡くなっているんだよ。われわれはその上に、今、生かされている。そう考えるしかねえんでねえか。

なんていうか、見られているような気がするはな。「隊長、よく来てくっちゃ」って言う人もいるだろうし。この遺骨は、積み木じゃねえんだよ。この犠牲の中に今、あるってことを、絶対に忘れてはいけねえんだ。くれぐれも。

我々、今、生きているのが不思議ですよ。みなさんほんとうに、ご苦労された方々だ、これ。まあ、ほんとうにご冥福をお祈りしたいと。

不思議だね。ほんとうに、みなさんの犠牲の中に、我々は生かされているんだから、この方々を最後までお守りしていきたい。こういうふうに、思う。明日、護国神社、お祭りだし、御霊の安らかなご冥福を、ただ、ただ、お祈りするしかない。戦争というのはほんとうにこういう、悲惨なものだ。このみなさんの、本当に、犠牲の上に、今の、日本の発展が、築かれているんだ。決して、忘れてはいけない。ありがとう。

出来事の背景出来事の背景

【中国戦線 大陸縦断 悲劇の反転作戦 ~福島県・若松歩兵第65連隊~】

出来事の背景 写真陸軍歩兵第65連隊、兵員のおよそ半分は福島県出身者で、幕末の戊辰戦争で官軍と戦った「白虎隊」の名を受け継いで「白虎部隊」と呼ばれる精鋭部隊だった。
日本軍が劣勢に立たされた昭和19年(1944年)、中国戦線にいた65連隊は、50万以上の兵力を投入する陸軍史上最大の作戦「大陸打通作戦」に送り込まれた。
この作戦の目標は、中国大陸を南北に貫き、東南アジアから物資を運ぶ陸上輸送路を切り開くこと、日本本土への空襲を防ぐため中国南部の米軍航空基地を攻略することだった。
昭和19年4月、作戦は始まり、1000キロを踏破する行軍が始まった。
65連隊は、精鋭部隊として、幹線道路や線路沿いを進む主力部隊の盾になるように、険しい山岳地帯を行くことになった。そのため、頻繁に中国軍の攻撃にさらされ、戦死者が増えていった。
その間、日本軍は、「長沙」、米軍航空基地のある「衡陽」を攻略するが、昭和19年7月には、サイパンが米軍に占領され、本土空襲を妨げるという目的は意味を失った。

行軍はその後も続けられ、65連隊の兵士たちは、補給が途絶える中で飢えと渇きに苦しめられた。1300キロを踏破した時点で、兵員3800人のうち、900人が命を落としていた。

昭和20年3月、大本営作戦課長として大陸打通作戦を立案した服部卓四郎大佐が、65連隊長として着任。その直後、中国北部や中部の防衛のため反転が決まった。65連隊は日本軍部隊の「しんがり」となり、撤退途上、中国軍の追撃の矢面に立たされる。さらに、米軍機の機銃掃射を受けるようになった。兵士たちの中からは、苦しみから逃れるために手りゅう弾を炸裂させ、自決する者が続出した。

昭和20年8月、敗戦。2000キロを歩きぬいた65連隊は、この作戦で1500人が命を落とした。

証言者プロフィール証言者プロフィール

1940年
会津若松歩兵第65連隊に入隊
1941年
仙台陸軍教導学校に入校
1943年
中国打通作戦開始、第二大隊作業隊長
1944年
第二大隊中隊長
1945年
右大腿部に手榴弾破片を受け負傷
1946年
復員、福島県庁勤務、福島市議会議員

関連する地図関連する地図

中華民国(衝陽、信陽)

地図から検索

NHKサイトを離れます