海外取材番組 アフリカ大陸を行く

主な出演者

アルベルト・シュバイツァー

番組詳細

初の「海外取材番組」。アフリカの新しい息吹を現地取材し、ガーナのエンクルマ大統領のインタビューや、シュバイツァー博士の撮影にも成功した。日本人の海外渡航が5万人足らずだった1959年(昭和34年)、取材班は22か国を回った。第1集の「アラブ連合を訪ねて」は、取材班が出発してから27日目に放送。これは当時としては驚異的な早さだった。

放送期間

この動画・静止画の番組放送年

コメント 視聴者・出演者のみなさまより

    コメント投稿する