金曜ドラマ 赤ひげ

主な出演者

小林桂樹、あおい輝彦、黒沢年男、浜木綿子、有川博、柳生博、日下武史

番組詳細

若い見習いの医者・保本登が赤ひげと呼ばれる医者・新出去定との出会いから、医者として人間として成長していく姿を描いた「赤ひげ」は、山本周五郎の小説「赤ひげ診療譚(しんりょうたん)」を原作に1972年から1973年(昭和47年~48年)にかけて放送されたドラマ。「第19回 ひとり」は、倉本聰が脚本を担当し、赤ひげと保本の医者の使命感を巡る意見の対立を中心に描いた現代にも通じる医療問題を扱った回。

原作:山本周五郎 脚本:倉本聰、石堂淑朗 音楽:桑原研郎

放送期間

この動画・静止画の番組放送年

コメント 視聴者・出演者のみなさまより

    コメント投稿する