NHK特集 夏服の少女たち ~ヒロシマ・昭和20年8月6日~

主な出演者

杉浦圭子

番組詳細

1945年(昭和20年)8月6日、学徒動員の作業中に、広島第一高等女学校の1年生220人が被爆死した。当時、日本は敗戦目前で布地もなく、少女たちは母親のお古などをほどいて夏用の制服を縫った。少女たちの残した日記を基に、手縫いの夏服に託した少女たちのつかの間の青春と、残された親たちの悲しみを、アニメーションを交えて描く。

脚本:内館牧子 語り:石野倬

放送期間

この動画・静止画の番組放送年

コメント 視聴者・出演者のみなさまより

    コメント投稿する