日本の話芸

主な出演者

桂米朝

番組詳細

三代目・桂米朝(1925~)は、流麗で上品な語り口と端正な容姿で人気を博し、戦後、滅びかけていた上方落語の復興とその継承に尽力。落語界で2人目の人間国宝、演芸界初の文化勲章を受章。演目は「饅頭(まんじゅう)こわい」です。大好物なのにこわいと言って、饅頭をせしめるというおなじみの噺(はなし)。米朝がてらいのない円熟した芸で、聞く者を落語の世界に引き込みます。大阪厚生年金会館で録画。

放送期間

この動画・静止画の番組放送年

コメント 視聴者・出演者のみなさまより

    コメント投稿する