NHKスペシャル 長崎の子・映像の記憶~原子雲の下に生きて~

主な出演者

番組詳細

被爆直後から、日米両国のカメラマンによって映像で記録され続けてきた、長崎の子どもたち。原爆に傷つき、家族を失った彼らは、その後アメリカによる放射能被害の調査の対象とされた。さらに、社会の偏見や、子や孫への遺伝の不安の中で戦後を生きてきた。原爆によって幾重にも傷つけられ続けた子どもたちの真実を描いたドキュメンタリー。

放送期間

この動画・静止画の番組放送年

コメント 視聴者・出演者のみなさまより

    コメント投稿する