大正天皇崩御

主な出演者

松田義郎

番組詳細

12月25日大正天皇が崩御。東京中央放送局は宮内省から一報を受けた9分後に放送。ニュースは新聞社から提供されていた当時、放送局の自主取材が実現したのは画期的なことであった。翌年2月の「大正天皇大喪儀」は、2日間に渡り放送された。現場からは葬列の通る青山御所丙門わきに集音用マイクを置き、牛車のきしみ、沿道のひしめきなどを伝えた。葬列の進行状況は、スタジオから、松田義郎アナウンサーが原稿を読み上げた。

放送期間

この動画・静止画の番組放送年

コメント 視聴者・出演者のみなさまより

    コメント投稿する