トップ  >  みんなの活動を見る  >  南房総市 地域づくり協議会 南房総まちさぽ7’sの活動


みんなの活動を見る

南房総市 地域づくり協議会 南房総まちさぽ7’sの活動

三芳小学校の避難訓練をレポートします!(南房総市幼稚園・小中学校一斉避難訓練)

南房総市幼稚園と小中学校では毎年、一斉避難訓練を実施しています。
今年度も幼稚園で5月25日に、小中学校では5月26日に、登校時に発生した地震で大津波警報が発表されたことを想定した避難訓練を行いました。

市内で唯一海に面していない三芳地区の三芳小学校でも実践的な避難訓練が行われました。
朝の7時40分に市の防災無線から訓練の地震速報が流れると子どもたちは周囲に危険がないかを確認し、ランドセルを頭に乗せしゃがんで身を守りました。
道路脇にはスクールバスも停車し待機し、本格的な避難訓練が始まりました。
しばらくして大津波警報が出ると、避難のため急いで近くの自宅や学校など安全な場所に向かいました。

警報が解除になり学校以外の場所で待機していた子どもたちが登校してくると、担任の先生が安否確認を行います。5年1組でも静かに全員の登校完了を待つことができました。

クラスでは一人ひとりがアンケートを記入して避難訓練のふり返りをしました。
・地震が起こった場所は倒れてくるものが多い場所だったので不安だった
・事前に家族と話していたので、学校へ逃げるか家に帰るか判断がしやすかった
・雨の日の訓練は初めてだったので戸惑った
・学校へは歩いて避難したけど、走ってくればよかった
・通学路では急いで来られたけど、学校の中に入ったら安心してしまった

できたことやできなかったことをクラスで共有し、事前の学習や避難時の改善点を確認しました。
先生からは「学校に着いたら安心してもいいけれど、警報が解除されるまでは気持ちはゆるめないでください。」と指導がありました。

次の時間は1年生から6年生までが体育館に集まりました。
先生は日頃の避難訓練が大事なこと、地震が起きたときは自分で考えて安全な場所へ避難すること、身を守る時はしっかり頭を保護するなど、災害時に身を守るための大切なポイントを話しました。
また、地震が起こったらどうしたらいいのかをビデオ視聴で学習しました。校内やグランドで地震が起きた時や海に近い場所で地震にあった場合は津波に注意しなければいけないことを学びました。

市ではこの一斉避難訓練にあわせて、職員の避難所開設訓練と住民有志の避難訓練も行われます。
海と山に囲まれた豊かな環境だからこそ、さらに災害に強いまちづくりを目指して備えていかなければなりませんね。

投稿者:Fumi | 投稿日: 2017年05月26日

参加します! →新着団体一覧

ただいま活動中! →活動一覧