トップ  >  みんなの活動を見る  >  宮園地区自主防災会 防災チームの活動


みんなの活動を見る

宮園地区自主防災会 防災チームの活動

耐震とバリアフリー講習に行ってきました

宮園市民センターにて
講師 株式会社ゲイナンハウス
    河野啓一 一級建築士
    宮本靖久 二級建築士

熊本からの報告
1981年(建築基準法改正)以前・以降に立てられた家屋の倒壊の違いについて(宮園はすべて新基準)

・1981年以前では1階はつぶれ2階も大きく損壊。
  以降では倒壊は少ない、が1階がつぶれた家屋を散見
・新基準で建てられた家屋にも倒壊が起きた 
 2度の大きな揺れを想定していなかった
 基準クリアしていても強度に差があった(基準ギリギリも、基準2倍の強度も、評価は同じ)
 基準クリアしても、耐力壁のバランスが悪く、ねじれ倒壊をおこした
いろんな報道もありましたが、まだ調査中のようです。耐震診断を行うと、どのくらいの強度か(何倍とか)分かるそうです。(注 宮園の住宅はすべて新基準のため市の耐震診断補助金はでません。)

バリアフリーについて
 宮園を歩くと、玄関に手すりやスロープを付けたお宅が増えています。高齢化もすすんでいます。大きな災害が起きて避難所生活になったらどうなるのでしょうか。熊本では避難所に行かない選択をせざるを得ない方たちも報じられていました。

要介護者の入浴やトイレ介助を手助けする機器や構造
 ポータブルトイレは災害時に役立つと思いました
 バリアフリーやユニバーサルデザインは防災に必要な知識ですね
 避難所には医療チームは来てくれると思いますが、介護士さんのサポートは? わからないことだらけです

投稿者:ぱーふゅん | 投稿日: 2017年07月20日

参加します! →新着団体一覧

ただいま活動中! →活動一覧