トップ  >  みんなの活動を見る  >  杉並消防少年団 あさがや隊の活動


みんなの活動を見る

杉並消防少年団 あさがや隊の活動

杉並区消防団合同点検に参加しました!!

11月12日、平成29年杉並区消防団合同点検に参加しました!
…と、杉並消防少年団の活動紹介の前に…「合同点検」ってなに?と思われる方のためにご簡単に説明を。

消防団とは、18歳以上でその地区に居住しているか、または勤務している方が加入しています。一般に平常時には地域の住民たちに初期消火や応急救護を指導したり、お祭りなどの警戒をしたり、災害時に使用する資器材の取扱い訓練などを行っています。また災害時には、消防署と連携した消火活動や住民の救助、救護や避難誘導、鎮火後の警戒活動など幅広い活動を行います。
こんなふうに日々活動してくれている消防団員ですが、今日の「合同点検」では、日ごろの訓練成果や活動状況を点検し、消防団員の災害活動能力や士気を確認しました。一丸となって部隊検閲や消防操練に臨む姿はまさに頼れる地域のリーダーです!

消防団員の凛々しい活動の後に、杉並消防団の女性団員と一緒に活動紹介を行いました。
少年団員も消防団員に負けないように、日ごろの訓練成果を披露です!
消火器とD級可搬ポンプを使って、女性消防団員の指揮のもと初期消火訓練開始!
火災発生の合図とともに「火事だーーー!!!」の大きな声で消防少年団、いざ出動です!!
重たい消火器を小さな体で一生懸命運び、6本の消火器で無事に火を収めていきます。
次にD級可搬ポンプ隊がやってきました。20メートルある消火用ホースを華麗に伸ばし、ホースと筒先をつなげたら「放水開始!!」と合図が飛ぶと、勢いよく水が送られてきました!5人で力を合わせて消火用の的に命中!無事に消火されました!

その後は震災活動訓練にも消防少年団、出動です!
大震災が起こった想定で、会場には多くの人が倒れています!少年団員も「大丈夫ですか?」「痛いところはありますか?」と必死に声をかけて励まします。ケガをしている人には三角巾を使って止血もしました。そして救護所への搬送は誘導や車いすを使います。
『お、車いすは9月に訓練したぞ!』とさっそく訓練の成果を披露です!みんな車いすの組み立て方も、ブレーキの掛け方も、乗ってる人に優しい搬送も知っています!訓練が終わった時には「車いす、この前やったね」「ちゃんと覚えてたよ!」と団員たちもご満悦でした。

こんなに大勢の中で活動披露…なんて緊張も吹っ飛ばすほど、素晴らしい活動ができました!
お世話になった消防団員の皆様、ありがとうございました!!!

投稿者:芥川 | 投稿日: 2017年11月12日

参加します! →新着団体一覧

ただいま活動中! →活動一覧