トップ  >  みんなの活動を見る  >  NPOさいたま防災まちづくりセンター 人材育成部の活動


みんなの活動を見る

NPOさいたま防災まちづくりセンター 人材育成部の活動

おちゃっこvsクロスロード

東北6県に「おちゃっこ」という言葉があります。方言の一種ですが、近所の主婦やら、ばあさま達やらが誰かの家に集まり、コタツに入ってお茶を飲みながら四方山話をするもの。会場となる尊家の主婦も、漬物を切り茶菓子を出すとかで迎え入れるが、食べ物自体にはあまり凝らない。「もてなす」とも少し違う。私も何度か参加させて頂いたのですが、話の内容も井戸端会議的なもので、建設的な会話にはならない。
ところがひとたび話が弾みだすと、すさまじい勢いの集いに豹変する。私のようなよそ者でも順次話題が回ってきて質問が飛び、ツッコミが入る。おちゃっこパワー恐るべし!

とまぁ、時々こんな集いでもしていれば独居老人の孤独死などあり得ない話、災害により近所が避難所となっても「おちゃっこ集団」が結束するのは論を待たない。

そんな「おちゃっこ」と阪神淡路大震災をきっかけに創られたクロスロードゲーム、これを何とか合体できないかとゲーム開発者の京都大学矢守教授、慶應義塾大学吉川教授に「製作者の意思」を賜りに行って参りました。

クロスロードのネタとしては、今まで生きてきた中での戸惑いやエピソードなどを創作できないかというもの。

被災した東北三県、益々の繁栄に向けて少しでも加速がつくよう新たな話題が提供できればと思い、今後は各自治体、社協、地域活動団体等に声掛けをして何とか実現させたい想い、もちろん私たちもともに楽しみます(^_^)v

投稿者:crossroad初級者 | 投稿日: 2018年02月04日

参加します! →新着団体一覧

ただいま活動中! →活動一覧