トップ  >  みんなの活動を見る  >  宮園地区自主防災会 防災チームの活動


みんなの活動を見る

宮園地区自主防災会 防災チームの活動

練習は嘘をつかない 救急救命講習(冬季)LEVEL2

冬季版の特徴は、のどに餅などが詰まり呼吸が悪くなった人への対応訓練が長めにあることです。
多くの方が誤嚥などで苦しい思いをした経験があると思いますので、関心は高いのではないでしょうか。

まずは、異物除去法(背部叩打法・腹部突き上げ法)から。
続いて、異物が除去できず、ぐったりして反応がなくなった場合の心肺蘇生への一連の流れを学びます。

◎今回は、「救急救命技術を磨くために練習を重ねよう」という提案も行ってみました。
リピーターを増やして救命率を上げられたら、と思います。 
なぜか「一度やって使い方が分かったらもういい」という考えの方が多いみたいで…
練習しないで試合(救命)に出るようなものなんですが…。

 広島で説得力ある方々といえば、野球選手です。
 彼らのお言葉を借りてチラシを作ってみました。

◇ピッチャー「練習を重ねたから 
        大ピンチのとき 
         セーブ(救命)できる
          練習は嘘をつかない」
 臨時コーチ『本当ですよね』

 宮園自主防災会は
 救命技術を磨けるように
 救急救命講習を年2回開催しています 
 ぜひ、ご参加ください◇

  …6月は、夏季版(海へ、プールへ)を開催します。

投稿者:ぱーふゅん | 投稿日: 2018年02月04日

参加します! →新着団体一覧

ただいま活動中! →活動一覧