トップ  >  お知らせ一覧  >  お知らせ


NHKぼうさいマップを作ろうとは

事務局だより2017年11月08日

宮園地区自主防災会 ハザードマップ作成と活用

 
宮園地区自主防災会(広島県廿日市市)は、日頃より避難訓練や防災講習会、防災倉庫や設備の管理などの防災活動を行っています。また、町内行事での防災啓発、消防団との連携、各種講座の自主開催や近隣地区・市外の勉強会への参加など幅広く、非常に積極的です。

宮園地区では、2016年8月から「土砂災害ハザードマップ」作りに取りかかり、2017年1月に完成しました。
地区全域の住民代表、自治会連合会と自主防災会の皆さんが集まり、地図を見ながらの意見交換会~まちを歩いて調査~さらに議論を重ねて情報をまとめていきました。行政まかせではなく住民参加でハザードマップを作りたい、もしもの際に役立つ情報を住民皆で共有出来るものにしたい、という思いをもって計画を進めていきました。

活動ブログでは、シリーズでその過程や、防災会や住民の皆さんが取り組む様子が詳しく書かれています。
また、マップの完成がゴールではなく、地区の防災力を高めるためのマップの活用などについても話し合われました。

掲載された危険箇所へ出かけ、避難所までのルートを確認するなどマップを使っての「体験型講習会」も実施しています。先日行われた講習会ではあいにくの雨に見舞われました。しかし、雨天だからこそ新たに読み取れたことや気づいたことがいくつもありました!(シリーズ第9回「宮園東西地区防災講習」)

宮園地区自主防災会の活動ブログでは、他にも、子供たちと一緒に行う防災活動や行事の紹介、廿日市市や近隣で起こった過去の災害から見る防災の大切さ、シリーズ「消防団の一年」など、地域性豊かでユニークな興味深い記事が沢山書かれています。