トップ  >  お知らせ一覧  >  お知らせ


NHKぼうさいマップを作ろうとは

事務局だより2017年12月08日

石巻工業高校の「防災まち歩き」と「出前授業」

 
東日本大震災以降、石巻では地盤沈下の影響により、台風等で大雨が降ると道路への冠水被害が毎年発生しています。そこで、石巻高校土木システム科「地域貢献班」(3年生)では、標高が低い場所や危険な場所を探して、具体的な対策やまちづくりなどについて学んでいます。
GIS(地理情報システム)を使い国勢調査等のデータをもとに、デジタルマップを作成し地域の災害に対する課題を分析したり、タブレットPCやAR(拡張現実)といったITを活用した現地調査などを行っています。

また、得られた情報や知識を地域の人達にも伝えたり学んだことを活かそうと、小学生との防災まち歩きや近隣の小中学校への出前授業を実施しています。

石巻工業高校には、技術者として地域の震災復興に貢献したいという志を持つ生徒さんも多いそうです。
年下の子ども達に教えながら一緒に考えることで、復興へ向けて、自分たちが地域のリーダーとして何が出来るだろうか、伝えたいこと大切なことは何か…回を重ねるごとに少しずつ形が見えてきます。まちの課題と向き合い、関わりを深めながら行動力や表現力を高めていく若者たちは、地域の皆さんにとってとても頼もしい存在ではないでしょうか。

土木システム科 地域貢献班の皆さん、石巻のまちづくり技術者を目指してこれからも頑張ってください!