トップ  >  お知らせ一覧  >  お知らせ


NHKぼうさいマップを作ろうとは

事務局だより2018年02月05日

諏訪中学校 マップ更新 & 生徒の感想

 
長野県の諏訪市立諏訪中学校では、2年生の社会科 地理的分野での学習で、身近な地域の調査として「まち探検」を行っています。

この地域では、江戸時代から諏訪湖の氾濫に悩まされてきました。諏訪湖の排水量を増やすだけでなく、幾度も河川改修を繰り返すことにより、水害を減らしてきた歴史があります。また、山沿いでは土砂災害の危険性もあります。

こうした地域の特性や歴史を踏まえ、生徒たちが実際にまちを歩いて、災害に警戒が必要な場所や地域の防災対策、災害時に役立つ設備・施設などを調べる学習に取り組んでいます。
2014年に「NHKぼうさいマップを作ろう」でweb防災マップを初公開。以降、毎年まち探検を実施しています。

この度、3年ぶりにマップを更新。先輩たちが作ったマップを今年度の2年生の皆さんが引き継ぎました!
新しい防災ポイントを発見したり、以前に先輩たちが調べた場所をもう一度訪れてみて、変わった点はないか?
もっと伝えられる情報はないか などを調べ、それぞれ主体的に考えて行動した成果をまとめました。

さらに情報が増えて、見応えのあるマップが出来上がりました。各ポイント説明では、少しユニークな表現も…。
中学生の視点で捉え、自分の言葉で分かりやすく伝えようとする生徒さん達の気持ちや工夫が感じられます。

また、まち探検やマップ作りの学習を通して学んだことや思ったことを、みんなの感想のコーナーに投稿してくれていますので、そちらも合わせて、ぜひご覧ください!