芳崎自主防災会

チームを選択する

大きい地図で見る
印刷用ページを表示(別ウィンドウが開きます)

芳崎自主防災会

住所:徳島県阿南市那賀川町芳崎

一級河川「那賀川」の北岸に位置し、東は太平洋・紀伊水道に面した那賀川のデルタ地域の低平地に発達した海岸沿いの地域です。

平成26年3月11日、徳島県が津波避難対策をより確実・効果的に実施する為の「津波防災地域づくりに関する法律」第53条、及び「南海トラフ巨大地震等に係る震災に強い社会づくり条例」第52条に基づく、「津波災害警戒区域」(いわゆるイエローゾーン)に指定されました。

想定浸水深は、国道55号から東側3m~4m(海岸から0m~500m)、国道55号から西側2m~3m(海岸から500m~850m)です。特に地域でも一番標高の低いゼロメーター地域であり、高台がなく(避難場所がない)、長期の浸水も危惧されます。また、最近の異常気象により、那賀川の氾濫も危惧されるところです。想定では浸水深は、国道55号から東側2m~5m、国道55号から西側1m~2mとなっています。

農村地域の良さを発揮して、災害に立ち向かっていきたいと思っています。

南海トラフ巨大地震迎撃隊

防災についての学習をしております。
実施日時は、毎月第1日曜日8時30分からです。場所は、阿南市那賀川町芳崎 金毘羅神社、国道55号バイパス沿いにある神社です。道の駅「公方の郷 なかがわ」より、約500m徳島市方面手前のところにあります。

議題は、各自持ち寄って行うスタイルをとっています。
主な活動は、墓地の清掃、防災出前講座、河川の水質調査、水生生物調査。フラワーロード(花植え事業)、コスモス園(種まき、種取)、救命講習会等です。

このチームの情報をもっとみる


みんなの活動

みんなの感想

拡大 拡大 拡大 拡大
ページトップへ