坂東市・岩井地区

チームを選択する

大きい地図で見る
印刷用ページを表示(別ウィンドウが開きます)

坂東市・岩井地区

住所:茨城県坂東市岩井

私たちの住む坂東市は、平成17年に旧岩井市と旧猿島町が合併して誕生しました。茨城県西部、別名「坂東太郎」の名で有名な利根川の北岸に位置します。
人口は、57,250人(平成25年3月1日現在)のどかな土地柄だからか、ゆったりして温かな人が多く、市内の各コミュニティもとてもしっかりとした結びつきがあるように思います。

基幹産業は農業で、夏ねぎ、トマト、レタスの特産地になっています。都心から50Km圏内に位置しておりますが、水と緑豊かな自然環境を有しています。なんと、鉄道が通っていません…。これは全国の市でも珍しいそうです。その代り(?)、市内の菅生沼には毎年、越冬のためにたくさんのハクチョウが飛来してきます。その時期には、多くのウォッチャーが訪れます。

また、古代社会から中世社会への扉を開いた平安時代中期の武将、平将門公 終焉の地でもあります。全国には将門公にまつわる伝説が数多くありますが、ここ坂東市は、営所を岩井地区にかまえたことから市内各地に史跡が残されていて、全国からたくさんの観光客も訪れます。

第一地区・防災マップメイキングチーム

私たちが住む岩井第一地区は、茨城県坂東市の岩井地区の中心に位置します。市役所、体育館、野球場、音楽ホールなど市の公共施設がたくさんあり、商業、工業、農業を営んでいる方が多くいます。

岩井第一地区には、2503世帯 7052人(平成25年5月1日現在)が住んでおり、3世代同居の家庭も少なくありません。年々、住宅地が増えつつありますが、町全体が穏やかでアットホームな温かい雰囲気で、若い世代や子どもたちにとっても生活しやすい環境が整っています。

当地区では、住民の防犯・防災の意識がとても高く、分館長を中心にアイディアと工夫を凝らし、様々な活動を実施しています。モットーは、「自分たちの地域は、自分たちで守る」。そこで防災マップ作りの活動にも取り組んで、住民の皆さんに自分の地域の事をより詳しく知ってもらおうと考えました。

地域内の防災設備・救命設備・避難所などをマップにまとめることで、災害などが発生した時にも、安全安心のもと自主的にしっかりと行動ができる手助けとなるし、同時に子供たちの通学路の安全確保のフォローにもなると思います。

坂東市の他の地区をリードするような地域に根ざした活動をしていきたいと思っています。

岩井第一地区の防災マップ、充実した内容になるよう頑張って作っていきます!

このチームの情報をもっとみる

第二地区

岩井第二地区は茨城県坂東市(旧岩井市)の中央部から南部に位置しており、大型ショッピングセンターや商店街、住宅地等が多い地域です。また、樹齢400年の『歓喜寺・江戸彼岸桜』もあり、坂東市の天然記念物にも指定されています。茨城県でも最大級の桜で、春のお彼岸の季節には沢山の人で賑わいます。

この『江戸彼岸桜』を岩井第二地区のシンボルとして「ぼうさいマップ作り」の活動を行っていきます!防災に関する情報はもちろん、地域の情報や特色などもたくさん発信していきたいです。

岩井第二地区では、小学校の登下校の子供の安全を守る活動を積極的に行っています。「岩井第二 交通安全母の会(約400名)では、毎日登校時に交替で小学校周辺の交差点に立ち、立哨指導をしています。また、シニア世代の皆さんによる「パトロール・ボランティア」(約20名)が、下校時にお揃いのベストに旗を持って交差点に立ち、子供たちの安全を守ってくれています。
さらに今後は、避難訓練や専門家の方の講演など、防災に関する活動にも力を入れていきたいです。そういう思いもあって、「NHKぼうさいマップを作ろう」への参加を決めました。

「NHKぼうさいマップを作ろう」を通して、住民の皆さんの防災・減災の意識をもっと高めたいし、自分たちの住む地区のことをもっと知って好きになって欲しいです。そして防災に関する事のみならず、坂東という地域を日本全国の皆様に知っていただき、興味を持って頂けたら嬉しいです。

私達のチームは、主婦として、子供達をもつママとして、そして仕事を持つ女性としての目線で、明るく楽しく分かりやすいマップを作っていきたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします(*^^*)

このチームの情報をもっとみる


みんなの活動

みんなの感想

拡大 拡大 拡大 拡大
ページトップへ