宮園地区自主防災会

チームを選択する

大きい地図で見る
印刷用ページを表示(別ウィンドウが開きます)

宮園地区自主防災会

住所:広島県廿日市市宮園3丁目1-5

【宮園団地について】
広島県廿日市市にある、安芸の宮島を望む折敷畑山のすそ野に昭和61年に造成された、約2100世帯が暮らす団地です。
団地内には、1丁目~9丁目及び上1丁目~5丁目までの各14の自治会があり、これらの会長で構成される宮園自治会連合会があります。

【宮園自主防災会について】
自治会の防災委員(町内会長を含め)の任期が1年であり、防災に対する認識が根付かないことと、長期計画が立てられないという問題がありました。これに対応すべく、防災委員の経験者で長期スパンで防災を企画できるスタッフを募集し、組織されたのが「宮園地区自主防災会」です。

自主防災会は自治会とは別の組織となりますが、自治会組織の防災委員を配下に置いています。また、自主防災会会長は、自治会連合会長により委嘱されます。

防災チーム

防災チームでは、次の3つのグループが活動し、マップを共有しています。

1,防災グループ
防災グループは、避難場所、広域避難場所、AED設置場所、ヘリポート、防災倉庫、防災倉庫鍵保管者、防災倉庫備品内訳、その他防災に関する情報をマップ化し団地住民に安全安心情報を提供しようとするグループです。

2,消防関係特化グループ
消防関係特化グループは、団地内の消防関係施設を調査しマップ化するグループです。マップ公開により、団地住民の消防意識が高まることに貢献できればと考えています。また、スムーズな消火活動が行われる様に、消防関係施設周辺に駐車をしない様に協力を呼びかけています。

3,自慢探しグループ
自慢探しグループは、地域の誇れる所を探し、発信していこうとするグループです。元々、宮園市民センターでの活動内容ですが、団地住民に幅広く知って頂く為に、電子マップにリメークしました。

【自助・共助の考え】
災害発生時には、まず、自分を助けて下さい。(自助)
そして、家族を助けて下さい。
そして次に、近所の人を助けて下さい。(共助)
そして余力があれば、町内の要援護者を助けて下さい。

災害時、一番頼りになるのが、“ご近所力”です。自主防災会は、みなさんが、助かり助ける方法論を提供し続けます。まずは、皆さん方の災害意識を変えることが、我々の使命と考えております。

宮園市民センターのロビーにオリジナルのマップを展示していますので、ぜひこちらもご覧ください。皆さん方がお気づきの町自慢がまだまだあると思いますので、どんどん情報を提供頂きたいと思います。皆さんの情報が頼りです。ぜひお力を貸してください!

☆問合せ先:宮園市民センター(0829-39-1699)

このチームの情報をもっとみる


みんなの活動

みんなの感想

拡大 拡大 拡大 拡大
ページトップへ