本文へジャンプ

  • かなしい

    被災者の個性に合った支援を
    てっくんさん / 岩手県 / 40代 /
    記事ID: 32899

    知り合いが被災地ボランティアをしています。聞こえてくるのは、若くて順応性のある方々は都会へ行き、そうではない弱者が田舎に取り残された。いわゆる被災者に格差がある~と言う事。しかし私は、この言い方が嫌いです。漁業をやっていた方、農業をしていたおじいちゃん、元いた仕事に戻れば、大変イキイキしているのです。被災地に残った方々が生きがいのある仕事が出来る様に支援があれば…と願います。

    投稿日時:2013年10月05日 18時29分

    1名 からのコメントがあります

この「カキコミ」にコメントする

このコメントは、上記のカキコミに対する感想、ご意見を
新たなご意見等は新規のカキコミとしてご投稿ください。
投稿のルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。

現在のコメント1件中 

  • とくちゃんさん / 東京都 / 60代 / 年金生活者

    阪神淡路の復興神話<新長田>の現状を、東日本は克服できるのか?

    投稿日時:2013年10月06日 00時09分

    記事ID: 32905

現在のコメント1件中