本文へジャンプ

  • その他

    【熊本小児在宅ケア・人工呼吸療法研究会】現地の状況など
    番組ディレクターさん /
    記事ID: 50997

    (19日17時半現在)

    在宅で生活している重度の障害児や、医療的ケアが必要な子どもたちのサポートをしている会です。

    現在、在宅で医療的ケアを受けながら生活している子どもたちが使う資材が足りなくなってきています。
    胃ろうの時に栄養を入れるために使う注射器や、児童が使うおむつ(大人用のSサイズなど)が必要です。

    投稿日時:2016年04月19日 17時58分

    1名 からのコメントがあります

この「カキコミ」にコメントする

このコメントは、上記のカキコミに対する感想、ご意見を
新たなご意見等は新規のカキコミとしてご投稿ください。
投稿のルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。

現在のコメント1件中 

  • たろままさん / 東京都 / 50代 / 障害者の母親

    私は関東の医療的ケアのある重症心身障害者の母です。
    少しですが備蓄の中からお譲りできますので、下記の中で必要なものがありましたらメールでご連絡ください。
    ・エネーボ(栄養剤300kal、24缶)×2箱
    ・JMS栄養ボトル600ml×8個
    ・栄養セット×8
    ・カテーテル用シリンジ 50ml×8、10ml×10
    ・プラスチックグローブM100枚入り×1箱
    ・サフィード吸引カテーテル50本
    ・サルバ安心WフィットSサイズ34枚入り×2
    ・サルバモレストップシート30枚入り×2
    他にポケットコール、スーパービッグ、ハミングッドなど使いかけでよければあります。

    投稿日時:2016年04月26日 10時30分

    記事ID: 51115

現在のコメント1件中