本文へジャンプ

  • (2)発達障害・子どもをサポートするみなさんの声大募集(2013年4月特集・放送終了)

    番組ディレクター
    記事ID:25607

    ☆幼稚園・保育園・地域での対応の悩み・体験談をお寄せください☆

    「他の子の輪に入れない」「じっとしていられない」「指示が通らない」など、“発達が気になる子”にどう対応すればいいか、保育園や幼稚園などの現場でも考える必要が増えてきました。

    その子に合った対応をどうやって見つけていくか?親子をどう支えていくか?周囲との関係をどう調整するか?最前線でサポートに当たる「みなさんに対する支援」もまた重要になってきているのではないでしょうか。

    保育士、幼稚園教諭、保健師、あるいはママ友など、「サポーターになりうる」みなさんからのご意見・お悩みなどを募集します!

    ※2013年4月特集の放送は終了しましたが、こちらのカキコミ板ではみなさんにとっての「交流の場」となるよう、ご意見を募集させていただきます。
    ぜひ、あなたの「声」をお寄せください。

    番組スタッフより
    ハートネットTVでは、2013年4月に『発達障害の子どもとともに』を特集いたしました。

    ★関連サイト
    番組ブログでは、放送に向け、日々のリサーチや取材などの状況をお知らせしていきます。
    「発達障害の子どもとともに(別ウインドウ/PCサイト)」へ

    ★どうしても掲示板方式の「カキコミ」はしづらい…という方、メールフォームもあります。よかったら、メッセージお寄せください。
    メールフォームを開く(別ウインドウ/PCサイト)

    ★投稿のルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。 誹謗中傷、他の人を不快にさせる投稿は一部または全文を削除させていただく場合があります。

    投稿日時:2013年01月28日 12時51分

  • このトピックに「カキコミ」する
  • 現在59

投稿ルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。

  • 相談

    どう親に伝えればよいのか困っています
    サリーさん / 茨城県 / その他
    記事ID: 29576

     小学校1年生の担任をしています。受け持った子どもの中に発達障害の疑いが高い児童Aがいます。
     教室の中では,他の子どもたちも,Aの様子が少しおかしいと気づき始めています。初めは,不適切な行為や行動を一つ一つ注意していたのですが,保護者から「学校に行きたがらない。」との話を聞き,また,学校で「頭が痛い。おなかが痛い。」の訴えが多かったこともあり,指導をかなり緩めにしました。その後は,言うまでもなく喜んで学校に来ています。
     先日,Aの母親に学校での様子を伝えましたが,「昔から,初めてのことに戸惑うことが多く,慣れるのにすごく時間がかかるんです。」との返事。まさにそれこそが発達障害ゆえだと思うのですが,母親はさして気にも留めていない様子です。
     それどころか,私の目の前で母親がAに注意し始めたところ,Aはその場で「気持ち悪い。」としゃがみこんでしまいました。母親は「いつものことですから。」とまったく気にしていません。家では厳しく接しているそうで,私としては,二次障害を心配してしまいます。
     Aのためにも,それなりの専門機関の受診を勧めたいのですが,どのように話をすればよいのでしょうか。私は医師では在りませんし,障害の有無を断定できる立場にありません。保護者の気持ちを考えると,辛いです。Aのことを考えると,できるだけ早く支援すべきだと思うのですが。

    投稿日時:2013年06月02日 23時55分

    コメントを書く

  • 呼びかけ

    まず子どもの気持ちを受け止めて
    かぼすさん / 大分県 /
    記事ID: 29227

     私は以前小学校で障がいのある子の支援員をしていました。授業中に席を立ってしまう子、お友達に手を上げてしまう子など、様々な大変さを抱えた子どもたちと出会いました。支援の方法はそれぞれの子の特性や周りの状況によって変わりますが、その中で共通して感じたのは「子どもの気持ちを受け止めることの大切さ」でした。
     子どもが望ましくない行動をした時、周りの大人は反射的に注意したり、「こうしようね」と遠回しにその子の行動を否定してしまうことがあります。(私もよくしていました。)障がいのある子は「できない」場面に直面することが多く、その度に間違いを指摘されて自己評価が低くなりがちです。たとえ望ましい行動の模範を示したとしても、自己評価の低下している子どもにとっては「間違いを指摘されている」と受け取られてしまい、かえって子どもの自信を奪ってしまう結果にもなりかねません。支援を行う方は、「こんな気持ちだったから○○してしまったんだね」とまず子どもの気持ちを受け止めて、それから行動を修正する方向に持っていって頂けたらと思います。気持ちを受け止めてもらうことで子どもは安心して次のステップに進むことができます。子どもが「苦手なことがあってもいいんだ」と思えるようになれればと思います。
     現場では様々な苦労があると思いますが、子どもと過ごせる時間を楽しんで頂きたいです。応援しています。

    投稿日時:2013年05月20日 22時20分

    コメントを書く

  • その他

    番組ディレクターさんへ
    ベアさん / 千葉県 / 20代 /
    記事ID: 28295

    昨日の放送に取材で出演していた、口癖が『しあわせ』の萌ちゃんにお手紙を書きたいです。とても感動したので。お手紙は可能でしょうか?
    PCからはメールを受信できないように設定してあるので、ここでお返事下さい。

    投稿日時:2013年04月26日 13時30分

    コメントを書く

  • 提案

    サポーター件母親です
    奏羽さん / 北海道 / 40代 / 母親、支援員
    記事ID: 28120

    自分の息子(高機能自閉症)の子育て経験を生かし、小学校で支援員をしています。
    仕事で低学年の発達障害のお子さんと接していてよく思うのですが、親御さんは学校での子供のことを知っているのかな?と。
    体育帽子をかぶってゴムをくびにかける、ハサミで4つ折りの少し厚くなった紙を切る、給食の前にエプロンをつける・・・。
    そういった当たり前のことが案外彼らには難しいのです。
    また、たくさんあるのです。
    他の子は入学してしばらくするとできるようになるのです。
    でも彼らはかなり長いことできないままで、その場で私がお手伝いしたところで、一時のこと。
    学年が上がってできるようになるわけではないのです。
    そして周りの子からのからかいの素にもつながります。
    担任の先生は、30人学級でそんな細かいことまで見ていません。
    また、そんな些細なことをわざわざ親御さんに連絡はしません。
    小さなことですが参観日に早めに行って様子を観察するとか、勉強以外の部分を見てあげてください。
    練習や、使う道具の工夫次第で「できない」が少なくなります。
    少し手間がかかりますが、お子さんが少しでも快適な学校生活を送れるように頑張ってください。

    投稿日時:2013年04月22日 15時37分

    コメントを書く

  • その他

    皆と共に
    リラさん / 香川県 / 40代 / 母親
    記事ID: 28072

    私が住んでる市では今年から5歳児健診が始まりました。
    三番目の息子、ずっと気になってたので私的には有難い事でした。
    三歳の頃からなんで皆と同じ事が出来ないの?なんで?なんで?と
    今思えば自分の不安で子供を追い詰め自分が楽になりたかっただけと息子に申し訳なく思います&恥ずかしいです。がそんな時があったからこそ今の自分があるんだと思います。

    健診後、フォローしてくれる会もあり、その会に出席する前に同じ悩みをもったママに相談できて前に向いて進めるようになりました。そのおかげで診断がつかない息子は色々な訓練が受けれるようになり、自分自身もペアレントメンターとして講習をうけました。
    一人で頑張らなくていいんだ、と自分が殻から脱け出す事は子供にとって一番良いことなんだ!と思いました。そういう子供をもった親しか出来ない事、同じ悩みをもった保護者同士が支えたり支えあったりして少しずつ前を向いて進めるように、しっかりとやっていきたいと思います。

    投稿日時:2013年04月21日 13時46分

    コメントを書く

  • その他

    たびたび、米です。
    米さん / 静岡県 / 40代 / 母親
    記事ID: 27820

    すいません。自分で書き込んだ、コメントの左に、なぜか、いつのまにか、ムカムカ、と書かれてしまいました・・・。全然ムカムカしていないのに、勝手に、むかむかと書かれてしまい、とてもショックです・・・。いい支援をしたいと思っているだけなんです!できましたら、ムカムカ、外してください。宜しくお願いします。

    投稿日時:2013年04月15日 23時52分

    コメントを書く

  • 相談

    教えてほしいです。
    米さん / 静岡県 / 40代 / 母親
    記事ID: 27782

    先日、メッセージを送った米です。
    入学した情緒学級は、今まで普通クラスしかなかった学校に、今年初めてできました。先生方が、とても一生懸命してくださっています。
    一年生はうちを入れて2人はいりました。後、2年生が2人と、4年生が1人です。
    先日も書かせていただいたのですが、1年生に今年入った子の暴言が、気になってしまいます・・・。子供が、帰ってきて、「ママ、死刑って何?」というので、説明をしたのですが、「○君が、死刑だ、死刑だ、と、馬鹿、ばっかり言ってるんだよ~」と話していました。
    ○君は、嫌だと感じることがとてもとてもおおくあり、すぐにパニックになってしまいます。そのせいなのでしょうか?「一日中その言葉を言っていても、先生は、何も言わないよ。」と子供はいいます。私が、見学に行った時も、当たり前のように聞き流されていました。パニックがひどくて、それどころでないのだろうと思いましたが、すっきりしません・・・。
    暴言が出た時に、本人に刺激を与えずに、他の子供や本人に、「人に言うとうれしい言葉、、言ってはいけない言葉」を伝えるいい方法がないのか、悩んでいます。
    紙に書いて貼るなどは、有効でしょうか?このようなサポートをしていた方がいらっしゃいましたら、何かアドバイスをいただきたいです。
    発達の問題だから、と、暴力、暴言が、当たり前になるのは、嫌です。出来ることはいろいろ試したいと思っています。宜しくお願いします。

    投稿日時:2013年04月15日 00時58分

    コメントを見る(現在5件)

  • エール

    いかぽっぽさんへ 私も同じです。
    いのびんさん / 東京都 / 30代 / 母親
    記事ID: 27772

    ADHDの5歳 年長男子の母です。

    まるでうちの長男のようでビックリしました。
    うちの長男も1歳で、噛みつく 殴る 叫ぶと大変でした…。
    現在も暴力行為が続き、幼稚園からは時間短縮されてしまいました。

    幸い私は周りのママさんに恵まれ、暖かい目で見て頂けていますが、これが園と保護者からとなると、しんどいですよね。
    お気持ちとてもよくわかります。

    先日息子の幼稚園のスクールカウンセラーの先生から言われたのは、「園での事は園でしか解決できない、だからお母さんは誉める以外の事はしないで下さい。園から何を言われても気にせず誉めて下さい。」と言われました。

    是非やってみて下さい!
    園の事は私達母親は手出しできません。だから先生にお任せしましょう。
    そして私達は、子どもを信じ誉めて誉めて自信をつけて送り出してあげましょう!

    誉める所がみつからなければ、パニック起こしてる時の声の大きさだって「すごいね、大きい声だ!これならどんなに遠くてもお母さん気がつくよ!」なんて言ってみてください。うちの息子は「そう?」なんて得意気な顔してました。

    毎日「お母さん疲れたわあ、力出ないからギュウってして。」と言って抱きしめます。
    「ああ、ホッとする」と言いながら、あなたがいないとお母さんは生きていけない、大事な宝物だって伝えてます。
    あくまでも、抱っこしてあげるじゃなくて、お母さんが抱っこして欲しいんだよって感じで。
    お試し下さい。

    これからさき、いろいろいろいろあると思います。
    今くらいしか抱っこ!なんて言ってもらえないでしょうから、今心の充電を親子でフルにしておきましょうよ。

    お互い頑張りましょうね!



    投稿日時:2013年04月14日 16時18分

    コメントを書く

  • 悩み

    日々反省の繰り返し
    きはさん / 東京都 / 20代 / 心理士
    記事ID: 27711

    障害特性から周りの状況や社会的ルールの理解が難しく、また初めての活動への不安から、活動中席を立ってしまうお子さんがいます。
    「今は座ってる時間だよ」と教えてあげれたり、気持ちを聞いてみるとか、もっと落ち着いて対応すればよかったのに、
    立ち歩いて色々なものを触って壊すので、「それは触らないで」と注意してしまい、「じゃあどれなら触っていいのー(泣)」と混乱させてしまいました。
    冷静に考えると、「あのときはああすればよかったな」とか、「あのときああすれば、あのパニックは起こらなかっただろうな」とか、毎日思います。
    大学や講習会で得た知識も、一つ一つ現場で経験していって実感しないことには、実際の対応は難しいものですね。
    経験を重ねて「もう少し力になれたらいいのに」と、偽善ではなく本気で思います。

    投稿日時:2013年04月12日 18時43分

    コメントを書く

  • その他

    親子の好みの違い
    ゆかりさん / 大分県 / 40代 /
    記事ID: 27703

    長男(第一子)を妊娠中~産後しばらくは、育児雑誌をよく読んでいました。
    その中の『手芸や読書の好きなおとなしいお母さんに活発で外交的な子が生まれる等、親子の好みや性質が違うと、育児がたいへんになる場合がある』という文章に、なるほどなぁと感じました。

    今回の放送を見て、発達障害児の育児問題にもつながる内容だと思いました。
    例えば、動きたいのに『じっとしなさい』と云われたり、独りぼっちでのんびりしていたいのに『皆と一緒に遊びなさい』と云われたり…  障害児の好みや性質が、周りと合わないだけな気がしました。

    私も、独りぼっちで砂と戯れているのは至福の時間でした。誰にも邪魔されない、自分だけのひととき!! 幼児(障害児)にも、こういう感情はあるのに~。

    投稿日時:2013年04月12日 13時33分

    コメントを書く

現在のカキコミ59件中