本文へジャンプ

  • (2)発達障害・子どもをサポートするみなさんの声大募集(2013年4月特集・放送終了)

    番組ディレクター
    記事ID:25607

    ☆幼稚園・保育園・地域での対応の悩み・体験談をお寄せください☆

    「他の子の輪に入れない」「じっとしていられない」「指示が通らない」など、“発達が気になる子”にどう対応すればいいか、保育園や幼稚園などの現場でも考える必要が増えてきました。

    その子に合った対応をどうやって見つけていくか?親子をどう支えていくか?周囲との関係をどう調整するか?最前線でサポートに当たる「みなさんに対する支援」もまた重要になってきているのではないでしょうか。

    保育士、幼稚園教諭、保健師、あるいはママ友など、「サポーターになりうる」みなさんからのご意見・お悩みなどを募集します!

    ※2013年4月特集の放送は終了しましたが、こちらのカキコミ板ではみなさんにとっての「交流の場」となるよう、ご意見を募集させていただきます。
    ぜひ、あなたの「声」をお寄せください。

    番組スタッフより
    ハートネットTVでは、2013年4月に『発達障害の子どもとともに』を特集いたしました。

    ★関連サイト
    番組ブログでは、放送に向け、日々のリサーチや取材などの状況をお知らせしていきます。
    「発達障害の子どもとともに(別ウインドウ/PCサイト)」へ

    ★どうしても掲示板方式の「カキコミ」はしづらい…という方、メールフォームもあります。よかったら、メッセージお寄せください。
    メールフォームを開く(別ウインドウ/PCサイト)

    ★投稿のルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。 誹謗中傷、他の人を不快にさせる投稿は一部または全文を削除させていただく場合があります。

    投稿日時:2013年01月28日 12時51分

  • このトピックに「カキコミ」する
  • 現在59

投稿ルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。

  • 呼びかけ

    大事なのは障害があるなしではなく、どう対応するか
    ぺぺさん / 埼玉県 / 30代 / 母親、保育士
    記事ID: 27132

    保育士でもあり、年長になる広汎性発達障害の息子の母です。
    2歳前後からこだわり、かんしゃく、パニック泣き、気持ちの切り替えに時間がかかるなど、育てにくい子で、3歳健診で汎性発達障害だと告げられました。
    ショックでしたがやっぱりかと、育て方が否定されたわけではなく、根本的な問題かと少しほっとしました。
    発達関連の本をよみあさると、パニックにならずにすむよう問題を除去する、泣きわめいた時の対処法などまさに求めていた育児書がそこにはありました。
    幼稚園では見た目が普通なので私の色眼鏡で障害に仕立て上げてるといわれます。
    健常の子と同じようにやれてる時はいいのですが、好きなとこに座ってと自由にやれといわれたときや、運動会などの行事でパニック泣きしたとき、年に何人かはいますから気にせずにとのひとことで・・
    診断名がどうとかではなく、パニックにならずにすむよう、苦手な場面はこう対処するなど一緒に考えていけるような関係にするには・・
    障害にこだわらず、本人が困っているようなのでこうしましたなど、お互い先生として、親としてのプライドなどは取っ払って、フランクに語り合える、まるで離乳食の相談をしているかのような軽い気持ちで問題行動について語れるような人間関係も大事なのかなと。子供のためという想いは同じはずだから。
    いきなり告知したら、うちは違うとなるでしょうし、発達障害だからどうではなく、ここが苦手だからこうしてみましょうとか。一番苦しいのは子供本人なのを忘れずに。親や保育者が荒れれば子も荒れる。お互い気持ちよく生きていけるようベストな方法を。
    かんしゃく続きでも怒らず、理解してあげよう、思いやりをもって接したいと私自身、自分に言い聞かせています。
    何よりも周りの理解が母子ともに力になります。批判や非難が一番悲しい。発達障害の認知度をあげ、困ったときは助け合いの精神が広まりますように

    投稿日時:2013年03月21日 12時00分

    コメントを書く

  • 呼びかけ

    発達障害の息子と共に
    Kちゃんママさん / 愛知県 / 40代 / 母親
    記事ID: 27101

    次男のKちゃんは小学校1年の終わり頃、発達障害と診断されました。保育園に入って他の子どもより難しいコだな…とは思ってましたが、私がかなりノンビリしていて、しかも発達障害なんて全然知らない。知識がないとこうなのか…と思い知らされました。でも私はラッキーです。学校の先生と学童の指導員に恵まれて、友達に児童デイの職員もいて、協力してくれる人達が周りに沢山います。Kちゃんも高学年になってから特別支援学級に入らせたので、自身も苦労していると思います。来年の事も、どうして行こうか…と考えてしまうほど将来ははっきりみえませんが、少しづつ成長しているKちゃんと共に私も成長できるように周りを巻き込み頑張っている所です。

    投稿日時:2013年03月20日 02時28分

    コメントを書く

  • 悩み

    幼稚園を振り返って
    りーちゃんさん / 徳島県 / 30代 / 母親
    記事ID: 27063

    6歳の男の子の母親です。幼稚園入る前から心配で先生たちにも相談していました。返ってきた答えは大丈夫ということで入園しました。入ってみると先生から気になるところがあると指摘され、療育に通うようになりました。そしてADHDということがわかりました。私自信、呆然としていまい、適切な対応ができないまま過ごしてきました。息子はよくかんしゃくを起こす、そういう状況なかであまりまわりにも相談できず先生からの指摘で落ちこむ毎日でした。最近は療育の先生と幼稚園の先生とたまに児童相談所の職員さんと連絡を取り合いながら、次の小学校入学に備えています。

    投稿日時:2013年03月18日 18時11分

    コメントを書く

  • その他

    稲穂ママさんの書き込みを見て
    アスペルガー大学生・ゆ?さん / 青森県 / 20代 /
    記事ID: 27057

    私も小学生の頃は、テストで100点に近い点数を取ることが多かったもので、問題がある子とは見られていませんでした。

    テストの点数がいい=問題のない、という構図は成立しない、ということを、もっと現場の先生方には認識して頂きたいものです。

    投稿日時:2013年03月18日 13時24分

    コメントを書く

  • 提案

    お母さんの心と体と精神を守ってください。
    ひよさん / 広島県 / 50代 / 支援者
    記事ID: 26959

    発達障害の子供たちを育てる母親は、心を使い、体力を使い、精神を使い果たしてしまいます。
    何が子供のためにできるのか?できないのか?
    周囲の人の 冷たい視線にさらされて、家族にもわかってもらえない。苦しい状況で子供を育てています。
     一番近くにいる お父さん 家族 親戚の人。地域社会の人、学校幼稚園保育園の人。
    母親を ユーモアのある目で見て、母親の気持ちを聞いて、支えてください。 困っているお母さんの 隣にいるあなたに 母親は助けてもらうことが必要です。おねがいします。

    投稿日時:2013年03月13日 11時47分

    コメントを書く

  • 相談

    本人告知の時期と方法は?
    白と黄色さん / 茨城県 / 40代 / 母親
    記事ID: 26785

    高校生になる次男は、小2で高機能広汎性発達障害の判定を受けました。医師の診断は受けていません。「親と子供は同じ立場で告知を受ける。親から告知してはいけない」と聞き、本人に話したことはありません。いろんな出来事の中、周りに恵まれ『マイペースで個性的。頭が良くて変なおもしろい子』として学校生活を送れてきましたが、中学生で睡眠障害や記憶障害?と心配な位、ボーッとした抜け殻状態であったり覚えていない事が増えています。思春期+成長期には強く特性がでる?と奮闘していますが正解がわかりません。本人は『自分は人とは脳が違う』『普通の概念がわからない』など、ふとした時に言うので違いは感じていると思います。でも友達に恵まれたおかげで「自分は変な奴だけど話せばおもしろい奴だってわかってもらえる」と多少虚勢は張っていると思いますが自己肯定感はあります。「成長期だし体が心配だから病院行ってみようよ」と言うと拒否します。本人も親には言いたくない事もあるようなので信頼できる専門の相談者に巡り会ってほしいなーと思います。
    当事者の方の文章で『自分が人と違うハンデを持っている事は納得しているがその点で一般的な病人や障害者と同じ扱いをされるのは正直不快。自分を障害者扱いすると、もう健常者として接してくれる人は少なくなる。自分も成長してきているという自負もある。人より不器用な所は障害ではなく単なる欠点として見てもらい、自分らしく「病気を持った人」ではなく「普通の人」として生きていきたい』というのを見て息子もこういう思いなのかも?と、最近感じました。
    思春期以降大人になっていく中で、本人告知はどうすればいいのでしょうか?
    2次障害がでる前に相談できる方に会えるといいんですが。特別支援の先生からも、まだ発達障害の分野では専門家の中でも考え方も違うから、相性の合う先生を選ばないと・・とも聞きました。

    投稿日時:2013年03月05日 15時55分

    コメントを書く

  • その他

    寄り添いたい
    ぶーこさん / 神奈川県 / 40代 / 保育士
    記事ID: 26782

    保育士です。

    発達障がいかな?と思うお子さんを多く見てきました。

    保護者対応は難しく、お子さんの良いところだけではなく、困ったことなども随時お話をしますが受け入れてはいただけません。専門機関に繋げることはまず無理な状態です。パッと見わからないから受け入れにくいのでしょうか。

    決してわたしたちは障がい名が欲しいわけではなくて、お子さんの苦手な部分を保護者の方にも理解していただき、一緒にフォローできるようにしたいだけなんです。そのために専門機関の方々の協力が必要なのです。

    もちろんわたしたち保育士も自主的に学びの機会を設けて勉強をしてはいます。それでも対応はこれで良いのか?不安になることも多く、専門の方に相談して確認したいのです。
    しかし、わたしの職場の地域では個人情報保護法だからと専門機関は保護者の許可がないと相談にものってくれません。

    学んだこと、経験してきたことを糧に対応しています。

    彼らが困らないようにしてあげたり、できないことは無理にさせないようにしたりしていますが、それさえも受け入れられない保護者もいます。
    だけど、子どもが困っているんです。できるようにすることだけが教育ではないと思います。

    困ってる子を助けてあげられる子になってほしい!
    困ってる時に助けを求められる子になってほしい!
    そう思って保育しています。
    障がいって何よ?って思ってしまうこともありますし、住みにくい世の中だなぁ…とも思います。
    社会の理解を深められたらとも思います。

    投稿日時:2013年03月05日 12時47分

    コメントを書く

  • 提案

    安定した雇用で支援の充実を
    きはさん / 東京都 / 20代 / 心理士
    記事ID: 26769

    発達支援センターで障害のあるお子さんの支援をしています。
    1年目の新人心理士です。
    今している仕事は自分のやりたい仕事なので、やりがいがあり、とても充実していますが、
    非常勤職員であるため、給与はやっと暮らしていける程度で今後何年経験を重ねても昇給はありません。
    心理職は常勤の正職員の採用もありません。
    今は経験も浅く、年齢的にもこの給与でも十分ですが、何年後かにはもう少し給与の多いところへ転職しなければならないのかと思うと、複雑な心境です。

    今後もこの地域で働き続けて、専門性を高め、よりよい支援をしていきたい。

    発達障害児への支援を充実させるためには、専門性を持った人材が必要といいます。
    発達支援センターでも常勤の心理士を雇い、より専門性の高い支援をしていくべきだと思います。

    投稿日時:2013年03月04日 21時43分

    コメントを書く

  • 悩み

    一歩ずつ、一歩ずつ・・・・
    SATOKOさん / 群馬県 / 30代 / 保育士
    記事ID: 26684

    保育園の保育士をして16年になります。初めて出会ったのは保育士になって四年目、3才児の男の子でした。その時は、多動や理解力の低さに疑問を持ちながら、主任等にも伝えましたが、全く聞く耳を持たず、偶然見回りに来た保健婦さんにも気付いてもらえず、毎日が葛藤の日々でした。周りの協力の無い中、自分なりに勉強し、どうしたら良いか考えた結果、現在の目標として衣食住の生活面の自立を目指し、日々の保育にあたるということでした。翌年、保護者自身で診断を望み、診断されました。ただその時は、薬物治療のみだったと思います。担任からも外れてしまったので、何も出来ませんでしたが、数年後、施設で生活している噂を耳にし時々、あの時はあれでよかったのかと、今でも不安になります。
    その後、いろんなクラスを担任しながら、ここ最近は、クラスに必ず1人は、気になる子がいます。保育士は医師ではないので、断言ももちろん診断もできません。その中で、自分にできることは、日々の保育と現状を伝えることです。しかし、違いに気付いてもらうのはとても大変で、悪者になったり、泣かれたり、納得してもらえたり、反応は様々ですが、でもそれを伝えない為に、今後の子どもの生活がしにくくなることを考えれば、少しでも周りが理解し、生活しやすくなればと思っています。
    もっと社会に広まり、社会とともに見守れる環境を作れれることを望みます。

    投稿日時:2013年03月01日 21時37分

    コメントを書く

  • ムカムカ

    私立の幼稚園は商売です
    ままちゃんさん / 愛知県 / 40代 / 母
    記事ID: 26627

    息子は高機能自閉症です。
    お話も出来るし、三歳検診もパスし、私立幼稚園の面接も合格し、入園しました。
    しかし、あるとき音が怖くなり、教室を飛び出しました。先生は鍵をかけ閉じ込めました。むすこは一年間鍵がついた部屋が怖く入りませんでした。
    そして、診断をうけていなかったので、診断を受けてくるように園に言われました。
    結果グレーで判断できないといわれましたが、園は診断名をつけてくるようにいいました。
    補助金がほしかったのです。しかし、無理やり診断書を出しましたが、結局は幼稚園をクビになりました。途方にくれ、親子で泣きました。公立保育園の障害児枠に応募し年長の一年間を過ごすことができました。私立は教育じゃなく商売でした。

    投稿日時:2013年02月27日 20時57分

    コメントを書く

現在のカキコミ59件中