本文へジャンプ

  • (2)発達障害・子どもをサポートするみなさんの声大募集(2013年4月特集・放送終了)

    番組ディレクター
    記事ID:25607

    ☆幼稚園・保育園・地域での対応の悩み・体験談をお寄せください☆

    「他の子の輪に入れない」「じっとしていられない」「指示が通らない」など、“発達が気になる子”にどう対応すればいいか、保育園や幼稚園などの現場でも考える必要が増えてきました。

    その子に合った対応をどうやって見つけていくか?親子をどう支えていくか?周囲との関係をどう調整するか?最前線でサポートに当たる「みなさんに対する支援」もまた重要になってきているのではないでしょうか。

    保育士、幼稚園教諭、保健師、あるいはママ友など、「サポーターになりうる」みなさんからのご意見・お悩みなどを募集します!

    ※2013年4月特集の放送は終了しましたが、こちらのカキコミ板ではみなさんにとっての「交流の場」となるよう、ご意見を募集させていただきます。
    ぜひ、あなたの「声」をお寄せください。

    番組スタッフより
    ハートネットTVでは、2013年4月に『発達障害の子どもとともに』を特集いたしました。

    ★関連サイト
    番組ブログでは、放送に向け、日々のリサーチや取材などの状況をお知らせしていきます。
    「発達障害の子どもとともに(別ウインドウ/PCサイト)」へ

    ★どうしても掲示板方式の「カキコミ」はしづらい…という方、メールフォームもあります。よかったら、メッセージお寄せください。
    メールフォームを開く(別ウインドウ/PCサイト)

    ★投稿のルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。 誹謗中傷、他の人を不快にさせる投稿は一部または全文を削除させていただく場合があります。

    投稿日時:2013年01月28日 12時51分

  • このトピックに「カキコミ」する
  • 現在59

投稿ルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。

  • 提案

    保育園・幼稚園の先生方の悩み
    さとさとさん / 東京都 / 40代 / 保育士(発達センター)
    記事ID: 26141

    保育園で20年保育士をした後、発達センターに異動し、グループ療育と先生方の研修を担当しております。
    研修をしていて良く聞く先生方の悩みは、
    「その子だけ特別なことはできない。集団だから。」
    「小学校や社会では視覚支援などやっていないから、今から耳で聞いて動く方法を身につけないといけない。」ということです。
    しかし最近、この両方を解決する方法と出会いました。
    今、小学校では「ユニバーサルデザインの学級作り」が広まってきています。「障害のある子も無い子も安心して参加できる環境、学びやすい環境を!」という大改革です。
    素晴らしいと思いました。日野市は全小中学校教員で取り組んで本も出してます。
    保育園・幼稚園もこの理念、方法が広まるといいのではと思っています。みんなに分かりやすい支援です。分かりやすさが、一人ひとりの心の安定をもたらします。安定あってこその学びの獲得、発達です。

    投稿日時:2013年02月11日 14時48分

    コメントを書く

  • かなしい

    聞きかじりの情報
    楽しく食べて欲しいさん / 福岡県 / 40代 / 公務員
    記事ID: 26138

    私は食事の面で発達障害の子ども達に関わる仕事をしています。
    ある食育の研修会で有名大学大学院助教である講師が「白だしを毎日飲むとアスペルガー症候群が治る」と発言し参加者が一斉にメモをとる場面に居合わせました。
    専門外であっても多くの人に聞きかじりの情報を根拠もなく提供する態度に怒りさえ覚えました。
    社会的な関心が高まっている今だからこそ学者・研究者の方々には真摯に向き合っていただきたい思います。
    また、公的な機関が主催された研修会でしたが講師のそういった言動を聞き流して済ませてしまうような対応をされたので悲しくなりました。
    発達障害のために日常生活に困難を抱えている本人・家族を支えようと心を砕き頑張っておられる方々をたくさん知っているので悔しい想いでいっぱいです。

    投稿日時:2013年02月11日 14時07分

    コメントを書く

  • 悩み

    無線LANを心配しています
    はなさん / 東京都 /
    記事ID: 26062

    携帯電話やコードレス電話、無線LANの電磁波が自閉症など発達障害に影響するという研究が欧州で発表されました、「バイオイニシアチブが電磁場と無線技術の健康へのリスクを報告」で検索すると出てきます。 無線式学習支援教材などが出てるので心配です。 以下抜粋します。 

    自閉症の生物学的要因についての強い証拠によると、電磁場と無線は自閉症のリスクと症候を強めると考えられる。

    「自閉症と無線技術との関連については積極的な調査が行われていますが、自閉症者、あらゆる年齢の子供、子供をもうけることを予定している人、妊娠中の女性は無線や電磁場への暴露を最小限にとどめるべきです」

    投稿日時:2013年02月09日 13時06分

    コメントを書く

  • かなしい

    精神科の外来事情
    ことことさん / 40代 / 看護師
    記事ID: 26054

    精神科外来に勤務している看護師です。うちの病院でも初めて受診する患者さんの予約待ちは1ヶ月~2ヶ月ほど待って頂いてます。精神科の医師が不足しているのも1つの原因だと思います。毎日、200人をこえる外来患者さんを数名の医師で診察しています。その中で、初めての患者さんを診察する人数は、1日平均4人~6人程度です。発達障害の専門外来はなく様々な患者さんの診察です。初めての患者さんは、普通の一般科とは違くて、1人1時間枠の予約枠でそれだけ慎重に時間をかけてます。医師も毎日頑張ってはいますが、1日何人もの患者さんを診察ができない現場です。すぐに予約をと、思いますが、予約を待っていただいてます。

    投稿日時:2013年02月09日 10時35分

    コメントを書く

  • 提案

    子どもの心の中は?
    ゆかりさん / 大分県 / 40代 /
    記事ID: 25975

    発達障害が、親の躾けの悪さではないという事は、だんだん広がっているように思います。

    ただ、当事者が幼児や児童だと『自分は、今の状況をこう考えている・こう感じている』と伝える事ができにくいです。
    障害者の、実際の感覚を知りたいです。障害の軽微な子と重い子とで、差があるのでしょうか? また、発達障害に離人症状はあるのでしょうか?
    彼らには、何がどう見えているのか。ここが解れば、支援の糸口にもなると思います。

    投稿日時:2013年02月07日 17時41分

    コメントを書く

  • 提案

    養育者が自分を認め 愛することから はじめよう。
    トコトコさん / 広島県 / 50代 / 支援者
    記事ID: 25892

    発達障害の子供は その子供であることしかできない。空を飛ぶスズメが、スズメでしかないように。タカや、アヒルになることはできない。定型発達の子供は スズメが タカのふりをしたり アヒルが ダチョウのまねをしたりできる。しかし まねは 真似だから 歪みながら成長していく。 
    人間はみんな、一人一人が違っている。一つの型には入れられない。あさがおは あさがおに、ひまわりは ひまわりにしか 育てない。 なぜだか、 人間相手の時には、それを忘れがちだ。 

    大人になっても まだなお不完全な自分を知り、受容する。そのうえで 成長途中の子供たちに 接するとき、 大人も こどもも 敬いあい、優しいまなざしを 向け合えるのではないかと感じる。

    投稿日時:2013年02月05日 14時47分

    コメントを書く

  • その他

    親の会をサポート!
    明日もジョーさん / 京都府 / 30代 / 中学教師
    記事ID: 25813

    近頃は、親の会も増えてきたと思います。
    悩みを相談できるちょっと先輩ママがいる集まりに行くとずいぶん元気が出ると思います。上記のLicoさんが教えてくださったようないい話が聞けたりしますしね!
    私が関わっていた親の会は、教師やCSW(コミュニティーソーシャルワーカー)やSC(スクールカウンセラー)などがサポーターとなっていました。
    学校のことでわからないことがあったときは、教師に相談したりということがありました。
    親の会の世話役の方は、無償でされていました。是非、市区町村で予算をつけてほしいです。市内の療育などはほとんど個人経営で、手がまわらないようです。

    投稿日時:2013年02月04日 18時43分

    コメントを書く

  • その他

    はじめまして
    いちごさん / 長野県 / 10代 /
    記事ID: 25808

    現在、障がいをもつ子どもたちが放課後の時間を過ごしている所でボランティアをしている高校生です。障がいのある子どもたちについて専門に勉強をしているわけではありませんが、子どもたちと関わる時に「ほめる」ことはとても大切だと思います。どんなに小さなことでも出来たら、ほめて一緒に喜ぶことを意識しています。また、お迎えにきた親御さんたちとは短くても必ずお話をするようにしています。お迎えが来るまでの子どもたちの様子など・・・。私は専門に勉強していないからこそ、たくさん子どもたちと関わったりそこの職員の方や他のボランティアの方の関わり方からその子に合った関わり方を見つけています。子どもたちの笑顔に日々元気をもらっています。

    投稿日時:2013年02月04日 14時42分

    コメントを書く

  • 提案

    4つのサポート
    Licoさん / 海外 / 20代 / セラピスト
    記事ID: 25655

    はじめまして、Licoです。
    私はアメリカ、カリフォルニア州で、発達障害または可能性のあるお子さんとその家族へのABAセラピーをしております。

    私は主に下記の4つを園のセッションで使います。

    1、ソーシャルストーリ:園で何やるのかを簡潔書いた絵本を園に行く前に読み聞かせをします。

    2、視覚スケジュール:写真のアイコンを順番にならべて、次は何をするのかを指示する。

    3、ブレインジム:じっとしていられない時、腕を回したり、ストレッチなどを取り入れた軽い運動をします。

    4、分割作業:作業を1つ1つに区切って、1つやってから、次へと進めます。また、友達の輪に入れない時はお友達1人から初めて人数を増やします。

    一番大切なのは、1つできたら、一緒に大いに喜ぶ事です。一つでもデキタ!を増やす事が自信にもつながりますよね。

    投稿日時:2013年01月30日 05時07分

    コメントを書く

現在のカキコミ59件中