本文へジャンプ

  • “視線の恐怖”について、カキコミを募集しています(2016年2月・放送終了)

    番組ディレクター
    記事ID:48641

    様々な“視線の恐怖”が原因で、人と接することが不安でつらくなってしまい、日常生活や社会での活動に支障をきたしてしまうことがあります。

    たとえば、「人から自分への視線が異常に気になってしまう」「他人の視線が怖い」という“他者視線恐怖”や、
    「自分の視線が人に不快感を与えそうで怖い」「どこに目を向けていいか分からなという“自己視線恐怖”。
    他にも、「自分が脇見をしてしまっているのではないか」「視界に入る人や物をどうしても見てしまい、罪悪感を感じる」という“脇見恐怖”など・・・


    2月。心の病について基本から学ぶ新たな企画を立ち上げます。
    その名も「山田賢治のメンタルヘルス入門」。キャスターの山田賢治アナウンサーが、精神科医や専門家にインタビューし、病気の症状、原因、回復法を詳しくご紹介します。
    番組では、当事者のみなさんの体験談もご紹介したいと考えています。

    対人恐怖の根底にあるといわれる、様々な“視線の恐怖”について、あなたの体験やご意見をお寄せください。

    ※2016年2月の放送は終了しましたが、こちらのカキコミ板ではみなさんにとっての「交流の場」となるよう、ご意見を募集させていただきます。
    ぜひ、あなたの「声」をお寄せください。

    番組スタッフより
    ★関連番組
     2016年2月3日放送 山田賢治のメンタルヘルス入門 #2視線の恐怖

    ★「脇見恐怖」については、視聴者の方が立ち上げられたのカキコミ版もあります。こちらも是非ご覧ください。⇒【カキコミ板】脇見恐怖症について
    ★どうしても掲示板方式の「カキコミ」はしづらい…という方、メールフォームもあります。
    メールフォームを開く(別ウインドウ/PCサイト)

    ★投稿のルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。 誹謗中傷、他の人を不快にさせる投稿は一部または全文を削除させていただく場合があります。

    投稿日時:2015年12月21日 18時24分

  • このトピックに「カキコミ」する
  • 現在99

投稿ルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。

  • 呼びかけ

    こんな風でも
    MAO2018さん / 愛知県 /
    記事ID: 66152


    こんにちは。

    わたしは、22歳です
    もうこの病気になって10年経ちました。

    中学が一番酷く、今でもあの時の嫌な思い出とかがフラッシュバックしてきます。

    こんなことでくよくよしてたら、
    もっと私よりも不幸な人もいると
    自分を振るい立たせてここまで生きてきました。

    社会人1年目となり、実際働くと
    もっと馴染みたいけど、結局目のことをいわれるとおもい自分から人間関係を躊躇してしまいます。
    すでに、会社では目のことを言われています。

    わたしは、脇見恐怖と自己視線恐怖、会食恐怖症(人前でご飯を食べると、食べ方を人に見られているようで食べにくい)
    があります。

    一般社会で馴染めないのだったら、
    一層、この病気の方たちと、何かしら企業して
    いければと、ずっと思ってきました。

    死ぬことも、そんな簡単にできませんでした。
    周りの人に相談しても結局は理解してもらえませんでしたし、

    でも、生きるためにお金を稼いで何かしら社会に貢献していきたいと思っているところです。

    投稿日時:2018年01月06日 21時36分

    コメントを書く

  • 提案

    自己視線恐怖症
    みみさん / 三重県 / 30代 / 家事手伝い
    記事ID: 66020

    私は高校の時、自己視線恐怖症になりました。それまでは他己視線恐怖症もありましたがそれもさらに強くなりました。顔の事を言われた事もあり、前を向いて歩くのがなかなか出来なくなり、そのうちもっと悪くなったらと不安になって余計目が泳いだり脇見の症状さえも出てきました、キモいと言われた事もありました。辛くて引きこもって体の調子も崩して、内視鏡の検査も数回しました。言われても仕方ないと自分をセメテしまったり片やプライドもあり挙動不審になっても好きでなってるわけじゃないのにと辛さと悔しさが出てもしまいます。
    友達にも症状が移ったらと思うと最近はあまり言えないです。
    人と関わってもどうせ変に思われて悪く思われてるだけかと思うと心もなかなか開けません。
    だれか同じ気持ちの人と話したいけど…
    心ない人の言葉にも疲れました
    また機会があれば番組で取りあげてほしいです。同じ思いの人の話が聞けるだけで楽になりますし、解決方法が見つかればと思っております。
    宜しくお願いします

    投稿日時:2018年01月02日 17時38分

    コメントを書く

  • 相談

    相談されたんだけど、、、
    たけしさん / 10代 / 子供
    記事ID: 66008

    とある中学校の生徒なんですが、「ガキのウソや」とか思わずに聞いてくださいお願いします。相談してくれた子からはここに書き込む許可はもらっています。その子は、僕の彼女なんですけど人以外の物からも突き刺すような視線を感じていてそんな環境で生きていくのが辛いから死にたい言われました、僕はその子には絶対死んで欲しくないのですが、変な事を言って自殺を後押ししてしまうのではと言う不安があります。その子は、心臓に病気を持っていて手術をして入院して退院したそうです。しかしその頃から視線を感じていて辛っかたとの事です。もし似たような体験をしていた(している)方がいればお話を聞きたいです、また相談された時どう言った言葉をかければいいか教えてくださいませんか?お願いします。長文失礼しました。

    投稿日時:2018年01月02日 01時36分

    コメントを書く

  • 悩み

    やっと分かった私の症状
    クローバーのさんぽさん / 大阪府 / 40代 / 母親 事務員
    記事ID: 65932

    昨日、初めてこの書き込みに巡りあいました。やっと私の症状が、脇見恐怖症だということを、25年経って知ることが出来、涙が止まりませんでした。

    自覚症状は、高校生の頃です。
    顔がブチャいくな私は、通学電車ではいつもドア付近にうつむき加減で立ってました。ただ、少しスタイルは良い方だったので、ある日他校のカップルが後ろで、私の顔が可愛いか、可愛いくないかを聞こえるくらいの声で話していました。恥ずかしくてたまらなくなった私は、ますます俯いて、顔を見られないように駅につくと走って改札を出ました。ホッとして顔を上げると後ろから笑い声が。「だから言うたやん〜」って。さっきのカップルが、私の顔を確認するために、途中下車していたのです。そこまでするか!と言う怒りと悲しみで、泣きそうになりながら帰りました。それ以来、みんなが私の顔を見て笑っている気がして、周りの視線を気にしだしてしまいました。

    今は会社に勤務しながら、子育てもしてますが、今、ほんとに辛いです。先月まで、仲良く喋っていた先輩が、前の席になったとたん、急に冷たくなったのです。
    もちろん私のせいです。でも、見てはいけないと思うと余計に見てしまいます。一昨日から、今までにないめまいと耳鳴りがひどく、かなりヤバいです。何より前の席の先輩に迷惑をかけているということを考えると、上司に打ち明けて席を変えてもらうか、仕事を辞めるか。年末年始の休み中に、まずは主人に打ち明けてみようと思います。カミングアウトした時の主人の反応や、会社での噂を考えると。やっぱり、怖いな〜。いろいろ悩みますが、治るとしても日がかかることが分かったので、なんとか頑張って言ってみます。
    いつか、こんなことで悩んでたねんで!あほやな私!と、笑って話せる日が来るといいな。

    投稿日時:2017年12月29日 07時13分

    コメントを書く

  • うれしい

    休んでもいいと言われて
    田中さん / 宮崎県 /
    記事ID: 65848

    私は中学生の時視線恐怖を発症しました。きっかけは同級生にブスと言われたことです。そこから皆が私を見ていて悪口を言っていると思い込み、皆から離れた所にいると落ち着きました。そのため、机を隣の方とすごく離していたら変な人だと言われ学校に行きたくなくなり不登校になりました。その時から私は全ての人の視線が私に注がれ、地面、建物見る物全てに目があるように感じました。その後高校に新学しましたが、研修という宿泊学習の時食堂で人と向かい合わせになり、パニックをおこしてその場から飛び出しました。また、先生にはこの気持ちが理解されなかったことがつらく、逃げ出すたびに探し出され、連れ戻されることがストレスでした。しかし、ある時家に引きこもっていた私を母が精神科に連れて行き、そこで出会った先生に衝撃をうけました。その先生は私がこれまでの症状を活すと、「もう休んでもいいんだよ。苦しかったら学校やめてもいいんだよ」と言って下さり、そこから徐々に人の顔が見れるようになりました。
    今では見れるようになりましたが、大勢の人がいる時は恐怖を感じます。ありのままの自分を受け入れて、改善できていければいいなと思っています。

    投稿日時:2017年12月27日 17時43分

    コメントを書く

  • その他

    統合失調症の自分の思いの詩
    かなたさん / 岡山県 / 10代 / 子供
    記事ID: 64605

    じーっと見てる
    大きな目
    じーっとこっちを見てる
    くりくりした目
    心の中まで見られてる
    聞いている
    私の声
    聞いている
    いつまでも
    ああ 溶けてしまいそう
    ドロドロと溶けていつか蒸発するんだ
    大きな目に追いかけられて
    脳みその中まで見られてて
    疲れちゃった
    参っちゃった
    たまに外に出てみるんだ
    百個の目がこっちを見てる
    嘲笑いながら通り過ぎていく人
    私に✗をつけていく
    ああ溶けてしまうんだ
    ドロドロになって地面にまとわりつくんだ
    そんな私を人々は踏みつけていく
    聞こえてくる
    いつも
    みんなが言うんだ
    「生きる価値のないクズだ」って
    わかってるそんなことわかってるんだ
    でも死ぬ勇気がないんだだから生きて周りに迷惑をかけるんだ
    こんな自分許せない
    こんな自分殺してしまいたい
    ねえいつか 大きな目もみんなも私も
    全て消えないかな?
    疲れちゃった
    参っちゃった
    だからもういっそ心を無くしてください

    投稿日時:2017年11月09日 19時13分

    コメントを見る(現在1件)

  • ありがとう

    感謝
    ホクさん / 北海道 / 30代 / 本人
    記事ID: 56914

    脇見恐怖症を取り上げてくださって感謝しています!15年前、高校生だった自分に、「この症状で苦しんでいるのは、自分だけじゃないんだよ」と伝えたいです。
    寛解と悪化を繰り返しつつ、それでもやさしい人たちに囲まれて、夢を叶えることができました。
    明日さえも見通しがつかず、未来なんて存在しないんじゃないかと思っていた、孤独で未熟な15歳のわたし。どうしてこうなってしまったのか、自然に過ごせないのか、パニックになってもがいて、いじめられながらそれでも学校に通い続けた自分がいるから、今このときがあるのだと思います。
    今回取り上げてくださったことで、誰にも相談できずひとりで苦しんでいる孤独なひとに、苦しんでいるのはあなただけじゃないということが伝わったように思います。
    今では、だんだん症状をコントロールできるようになってきました。完璧とはいえないけど、15歳のわたしには想像できなかった明るい希望に溢れた未来を今、生きています。またどこかでささやかに取り上げてもらえたらと思います。

    投稿日時:2017年03月08日 20時21分

    コメントを書く

  • かなしい

    我が子は11才6年生ですが…
    神剣さん / 滋賀県 / 40代 / 母親
    記事ID: 55975

    息子には発達障害などがありますが、今まで友達や先生にご支援いただき、通常級でたいした不都合なく過ごしてこれました。
    しかし、6年生になった日から理由がわからないまま学校への行きしぶりが始まり、行きたいのに行けないという葛藤の中、親である私がいれば…と言うことで送迎含み1日中付き添い私が息子の様子を見ながら判断し、息子と話し合い学校生活を送ってきました。
    そんな中できっかけは何であれ、「見られたくない」「見られるから嫌」と訴える様になり、体調を崩す事も出てきました。
    私は配慮としてついたてを学校に要望したのですが、支援学級で使ってるからと断られクラスに入れず。
    体育などはグラウンドであれば、かなり離れて見学しながら少し真似してみるという形で参加します。
    他も先に行って後ろの方で待ちますが、人がドンドン入ってくると動悸が酷くなりまた葛藤し、自分の出来なさに泣き出したりします。
    今、色々な経緯からパニックの時だけ頓服薬を服薬するようにしてますが、学校等の理解があり、本人に配慮されていればもっと早くに視線の恐怖もパニックも服薬も出なかったかもしれません。
    校長が視線恐怖症も何も知らない方なので仕方ないと諦めなければいけないのでしょうか。
    4月から今まで私達家族は要望だけでなく医療や療育面での結果を提出し説明したり出来る限りの事はしてきましたが、あまり意味が無かったかのような対応をされました。
    今は中学校進学に向けて自分達で本人の意向を汲んだ居場所を探している所です。
    視線に感じる恐怖は身体が動かなくなり、思考も停止しますし、簡単に治るものではありません。
    まわりの理解、支援は本当に大切です。

    投稿日時:2017年02月02日 17時50分

    コメントを書く

  • 呼びかけ

    ひらめき☆
    一緒に笑いたいさん / 広島県 / 20代 /
    記事ID: 54520

    視線恐怖の私たち自身は、自分たちが、視線恐怖症で、視線恐怖は、対人恐怖の一種であることなどを、知っていますが、

    当事者以外の人はやはり、この症状について知らないかもしれないですよね。

    つまり、周りの人が知ってくれて、理解してくれたら、どんなに気持ちが楽か。安心して居られるかと思うんですね。

    だから、今思い付いたんです‼︎ 例えば、耳の不自由な方は、「緊急会話カード」を使い、耳が聞こえないことを理解してもらおうとしている。だから、私達もカードが何か使って、自分が視線恐怖であることを理解してもらうというのはどうでしょう?




    投稿日時:2016年10月23日 02時53分

    コメントを見る(現在1件)

  • 提案

    続きです☆
    一緒に笑いたいさん / 20代 /
    記事ID: 54478

    最後に、最近私も、この状態に耐えられなくなって、視線恐怖とは別に悩んでいて、興味を持った「全肯定カウンセリング」というものに、
    このカウンセリングは、視線恐怖にも効果があるのか聞いてみたところ、必ずしもではないが、多くの人がこれまでに、対人恐怖・視線恐怖・赤面症などの症状から解放されているのは事実だとのことでした。

    よかったら、みなさんも「全肯定カウンセリング」というものを調べてみてください。

    お問い合わせをしてみるだけでも、何か解決のヒントが得られるかもしれません☆




    投稿日時:2016年10月21日 00時23分

    コメントを書く

現在のカキコミ99件中