本文へジャンプ

  • “視線の恐怖”について、カキコミを募集しています(2016年2月・放送終了)

    番組ディレクター
    記事ID:48641

    様々な“視線の恐怖”が原因で、人と接することが不安でつらくなってしまい、日常生活や社会での活動に支障をきたしてしまうことがあります。

    たとえば、「人から自分への視線が異常に気になってしまう」「他人の視線が怖い」という“他者視線恐怖”や、
    「自分の視線が人に不快感を与えそうで怖い」「どこに目を向けていいか分からなという“自己視線恐怖”。
    他にも、「自分が脇見をしてしまっているのではないか」「視界に入る人や物をどうしても見てしまい、罪悪感を感じる」という“脇見恐怖”など・・・


    2月。心の病について基本から学ぶ新たな企画を立ち上げます。
    その名も「山田賢治のメンタルヘルス入門」。キャスターの山田賢治アナウンサーが、精神科医や専門家にインタビューし、病気の症状、原因、回復法を詳しくご紹介します。
    番組では、当事者のみなさんの体験談もご紹介したいと考えています。

    対人恐怖の根底にあるといわれる、様々な“視線の恐怖”について、あなたの体験やご意見をお寄せください。

    ※2016年2月の放送は終了しましたが、こちらのカキコミ板ではみなさんにとっての「交流の場」となるよう、ご意見を募集させていただきます。
    ぜひ、あなたの「声」をお寄せください。

    番組スタッフより
    ★関連番組
     2016年2月3日放送 山田賢治のメンタルヘルス入門 #2視線の恐怖

    ★「脇見恐怖」については、視聴者の方が立ち上げられたのカキコミ版もあります。こちらも是非ご覧ください。⇒【カキコミ板】脇見恐怖症について
    ★どうしても掲示板方式の「カキコミ」はしづらい…という方、メールフォームもあります。
    メールフォームを開く(別ウインドウ/PCサイト)

    ★投稿のルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。 誹謗中傷、他の人を不快にさせる投稿は一部または全文を削除させていただく場合があります。

    投稿日時:2015年12月21日 18時24分

  • このトピックに「カキコミ」する
  • 現在99

投稿ルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。

  • 提案

    考えるなら、自分と自分が気にしてしまう相手にとってハッピーなことを☆
    一緒に笑いたいさん / 20代 /
    記事ID: 54477

    初めまして。私も、ずっと視線恐怖で悩んでいます。自分の意志の力や、考え方だけでは、自然に感じてしまうことは変えられず、どうしようもできず、、ほんとうに苦しいですよね。

    私の場合は、自分の視線が相手の人に嫌な思いをさせてしまってるんじゃないか?とか、自分のことをバカにされている気がして、、人の目を見るのが恐いんですけど、、

    そしたらやっぱり挙動不審になる→元々の思い込みに、「挙動不審に思われとんじゃないか?」が加わる→ますます挙動不審に→相手の人に嫌な思いをさせてるかもしれないとか考え始める(罪悪感)→でも自分ではどうしようもできない、、苦しいですね~

    でもそれって、自分にとっても相手にとっても良いことないから

    開き直って、挙動不審のまま居るか、「今すれ違った人どう思ったかな?」とか考え始めそうになったら、相手がどう思うかは変えられないから、あきらめて、変えられそうなことをする。自分の場合は、相手に危害を加えてるわけじゃないから、と言い聞かせて、考えるなら、


    本気で相手のことを考える。具体的には「相手の人のために協力体勢で居る」・・・例:どう思ってるとか考えれば考えるほど、自分にしか意識が向かないから、考えるなら!!相手の人が困っていたり、何かしてほしそうだったら、そのことだけを考えてやろうとする気持ちでいる。

    あとのことは考えない。
    伝わっていますか?


    投稿日時:2016年10月21日 00時21分

    コメントを書く

  • うれしい

    一人じゃない
    Saraさん /
    記事ID: 54429

    私は、この書込みをみるまで周りを気にしている人がこんなにもいるとは思いませんでした!私も、そとでは周りが気になってこうしなくてはいけないと思い込んでは、その行動を自分が嫌でもやってしまったり、とっても苦しいと思っていたのですが、とくにこんなに変なのは自分だけだと思っていたのですが、そうではなかったのですね。それは、そんなにおかしいことではなかったのだと、いま気が付きました!

    投稿日時:2016年10月18日 09時54分

    コメントを書く

  • 相談

    不安障害、パニック障害の人 好きなことは何ですか?
    秋さん / 大阪府 /
    記事ID: 54393

    以前は映画を観に行くことやカフェで読書をすることが好きでしたが、不安障害がひどくなってからはそれができなくなりました。

    常に誰かに見られている気がして、外出すると視線が怖くて堂々と歩けません。
    行動するたびに自分が間違えていて罪を犯しているような気分になります。

    どんどんできないことが増えていきます。

    精神障害を持つ人、楽しいことは何ですか?
    好きなことは何ですか?

    投稿日時:2016年10月14日 22時32分

    コメントを見る(現在1件)

  • 提案

    心と身体のバランス
    yoshiさん / 20代 /
    記事ID: 54369

    脇見恐怖症や視線恐怖で悩んでいる人たちにとって一番大切なことは、まず心と身体のバランスを整えることだと思っています。スポーツをしているとき、体を動かしているとき、何かに熱中しているとき、人はドーパミンのような一種の幸福感を得られると思います。当然他の人とやることが大切です。友達でも会社の同僚でも誰でもいいです。どこかのクラブに所属してもいいです。これは慣れのようなものです。自分一人ではなく誰かと身体を動かすこと、そしてそれに集中し楽しむこと。それだけで自分の気持ちは昂り、それをした時とする前とでは全然違ってきます。とにかく他人と何かを楽しむこと、共有すること。それだけで症状が完治することはないのかもしれませんが、続けることで少しずつ気持ちの持ちようは良くなると思います。心は沈んでも、体を動かしてバランスを取る。そういったことが改善への一番の近道なのかもしれません。

    投稿日時:2016年10月12日 14時06分

    コメントを書く

  • 悩み

    視線恐怖であり…
    障害者さんさん / 三重県 / 40代 / 娘の父親で障害者
    記事ID: 53839

    視線恐怖と他人の声がしんどいです。

    障害者で、30代から車椅子に乗ってますが

    モール等行くと、他人の目線と声がつらい

    です、特に子どものがキツいです。

    「若いのに、なんで車椅子乗ってるんだ」

    1つ気になると、視線と声がなだれの様に

    襲って来て、引きこもってしまいます。

    投稿日時:2016年09月09日 14時43分

    コメントを書く

  • かなしい

    脇見してしまう
    まっくらさん / 山梨県 / 20代 /
    記事ID: 53831

    脇見視線恐怖症になって17年になります。中学から発症しました。
    脇見になった人生の方が長くなり普通の感覚を忘れました。
    治るどころか症状も重いまま、家族に対してしてしまう。
    病院の待合室・並んで順番を待つ事・乗り物・デスク・買い物・映画館・読書・食事・歩行中ありとあらゆる人が近くにいる視界に入ると全部に脇見です。
    車に載っても車内の人・車のガラス越しの歩行者・赤信号で止まった時の隣の車の運転手にも脇見してしまいます。
    家族と楽しくテレビも一緒に見れないし、食事も別です。
    恋愛経験もなく結婚もないです。脇見がひどく気持ち悪がられ友人とは疎遠になりました。脇見するのが病気だとは普通の人は思わないし、そういう病気があると打ち明けても同情はされても私の症状は変わらずなので結局疎遠になりました。容姿も悪いのに挙動不審で脇見をして第一印象から最悪です。日が経つにつれてもっと嫌われてしまいます。「なんでジロジロ見てくるの?気持ち悪い。」「あいつレズ?」「消えてほしいよね。」「異常者、基地外。死ね。」などたくさん陰口を言われ気味悪がられて笑われて舌打ちされています。
    脇見になる前から仲の良かった人たちもすべて失いました。
    脇見の最中は罪悪感と緊張で苦しい。
    社会経験もなく資格も学歴も友人も青春もなく嫌な思い出しか思い出せない状態です。
    どうすれば症状が軽くなるのか医者に相談しても対人恐怖・自己視線恐怖・他者視線恐怖と言われ脇見が理解されませんでした。
    親が死ねばひとりです。自分が嫌になります。

    投稿日時:2016年09月09日 02時30分

    コメントを見る(現在1件)

  • その他

    100%完璧に見ない人、を求める人々2
    あーあ…さん / 社会人
    記事ID: 53366

    続きです
    ところが相手はそうではないようです。そもそも引っ越してくる前のひどいころの情報がそのまま流れてきていて、もう「見てくる人」としっかり確定してしまい、完璧なまでに気にしないで見てこない状態ではない限り見てないとは認めないようで(その状態だとしても見ているということにしてきそうですが)、いろいろ悪口を言ってスマホなどで悪口を拡散していて大変困っています。それが拡散してしまい通勤の帰りの電車などで学生らしき人がどのように見てくるか(聞けばたいしたことない、普通じゃないの?という動作をさも意味ありげに、見ているのだと解釈してある)を詳細にレポートしたスマホの掲示板の文章を聞こえよがしに大声で読み上げ、すごい嫌だ、おれたちは被害者だ、こうやって嫌がらせをしてアイツを安心させず追いつめることは人助けなんだ、おれたちは偉い!などととんでもないことを言っていたりします。あきれるというかうんざりというか…。家族に言えばそんなこと気にしなきゃいいよ、音楽でも聞いてなよというのでそうしていますが、なんで治ってきてまで、しかも自分がわざと嫌がらせをしてやっていたことでもない、やりたくもなかったのになっていたことにまでいつまでも事細かに追及されてイライラさせられなければならないんでしょうか?幸いにも結婚できていて、仕事も何とか頑張っているのですが、「結婚相手は日雇いの作業員だよ」「すぐ仕事辞めるよ」「その前に離婚ね」(笑)などと言われ、人間ってこんなに気持ち悪い生き物だったんだと思ったりします。

    投稿日時:2016年08月13日 23時13分

    コメントを書く

  • その他

    100%絶対完璧に見ない、を求める人々1
    あーあ…さん / 30代 / 社会人
    記事ID: 53365

    高校生の時に脇見恐怖になって脇見恐怖度が10点満点中9の状態がずっと続いていましたが、外へ出ることをあきらめずに実地訓練でいろいろな職場や人と接することや、自分の発想が少しリセットする出来事などがあり20年くらいたって今は10点中2~4をその日の調子で推移しています。通勤途中や職場、電車はやはりちょっと緊張するのですが家族などと過ごすときは10中0~1ほどとなり、このくらいが自分の「治った」限界だな、もう少し行けるかもしれないけどこれでも十分普通に暮らしていけるし、欲張ることもないと思っています。
    それはそれとして、通勤途中に駅まで歩いていくのですが、向かいから中学生が通学のため大勢やってきます。個人的に中学高校生は嫌いで、向かいからたちの悪そうなヤンキーたちが大勢歩いてきてるような感覚でとても嫌なのですが道がそれしかないのでしょうがなしに歩いていきます。今のところに引っ越してきた当初はだいぶイライラして挙動不審で視線も少し変だった記憶がありますが、それも今はそれなりに落ち着いてきていると思いますしあまりストレスを感じません。
    続きます

    投稿日時:2016年08月13日 23時05分

    コメントを書く

  • 悩み

    自己視線恐怖
    ぽぽみさん / 20代 /
    記事ID: 52995

    外出すると視線のやり場がわからなくて色んなところを見てしまいます。「あまり同じところをじっと見るのも変かも…」「でもあまり視線が動くのも不審かも…」と考えてきっと不自然な人です。人と話しているときもどこを見ていいのかよくわかりません。
    ほかの人の視線も気になります。もしかして見られているかな、と思うたびに「自意識過剰だよ」「周りはそんなに自分に興味持ってないよ」と自分で言い聞かせたりしますし、知り合いからも言われます。けれど、どうしても怖いです。「見られている」という疑念を振り払うことができません。
    見られているといつもできることすらできなくなります。だから、できることなら、ひとりきりでしたいです。
    家族の視線も怖いです。こんな風だから家にいることが多いので、それについて何か思われているに違いないと思っています。
    少し話題がずれて申し訳ないのですが、人の声も怖いのでイヤホンをつけて大きな音で音楽を聴いてシャットアウトしています。でも視線は上手なかわし方がわかりません。

    投稿日時:2016年08月04日 09時56分

    コメントを書く

  • かなしい

    見ている意識はなかった
    がっちゃんさん / 秋田県 / 30代 / 子供、姉
    記事ID: 52949

    晩ごはん中弟が急にいなくなりました。部屋でゲームをしていました。原因は私の視線。なんでチラチラ見るの!一緒にご飯食べるの嫌だ!と言われてしまい、唖然。自分では、弟を見ている自覚が全くと言っていいほどなかったからです。そう言われれば仕事を辞める前は仕事中のパソコンの奥の同僚や斜め向かいの同僚が気になりチラチラ見てしまう。特定の同僚が気になり視線を向けることもありました。電車では音楽がないと落ち着きません。
    私は今うつ病治療中で無職です。うつ病の上に脇見恐怖症だなんて…とてもショックを受けました。健康になったら結婚したい、子供も産みたい。………そう思っていたのに。人前に出るのが怖いです。明日からどんな顔で家族とご飯を食べたらいいんだろう?生きづらさを感じながら、歳だけは老いていき、一生一人なのかなと思うとたまらない気持ちになります。病気が治っても生きていけるだけ稼げるのか……。
    普通に働けて、彼氏や旦那様がいる人が本当に羨ましいです。
    私もデートしたり、旅行したり普通に生きたかった。

    投稿日時:2016年08月03日 00時48分

    コメントを見る(現在2件)

現在のカキコミ99件中