本文へジャンプ

  • “視線の恐怖”について、カキコミを募集しています(2016年2月・放送終了)

    番組ディレクター
    記事ID:48641

    様々な“視線の恐怖”が原因で、人と接することが不安でつらくなってしまい、日常生活や社会での活動に支障をきたしてしまうことがあります。

    たとえば、「人から自分への視線が異常に気になってしまう」「他人の視線が怖い」という“他者視線恐怖”や、
    「自分の視線が人に不快感を与えそうで怖い」「どこに目を向けていいか分からなという“自己視線恐怖”。
    他にも、「自分が脇見をしてしまっているのではないか」「視界に入る人や物をどうしても見てしまい、罪悪感を感じる」という“脇見恐怖”など・・・


    2月。心の病について基本から学ぶ新たな企画を立ち上げます。
    その名も「山田賢治のメンタルヘルス入門」。キャスターの山田賢治アナウンサーが、精神科医や専門家にインタビューし、病気の症状、原因、回復法を詳しくご紹介します。
    番組では、当事者のみなさんの体験談もご紹介したいと考えています。

    対人恐怖の根底にあるといわれる、様々な“視線の恐怖”について、あなたの体験やご意見をお寄せください。

    ※2016年2月の放送は終了しましたが、こちらのカキコミ板ではみなさんにとっての「交流の場」となるよう、ご意見を募集させていただきます。
    ぜひ、あなたの「声」をお寄せください。

    番組スタッフより
    ★関連番組
     2016年2月3日放送 山田賢治のメンタルヘルス入門 #2視線の恐怖

    ★「脇見恐怖」については、視聴者の方が立ち上げられたのカキコミ版もあります。こちらも是非ご覧ください。⇒【カキコミ板】脇見恐怖症について
    ★どうしても掲示板方式の「カキコミ」はしづらい…という方、メールフォームもあります。
    メールフォームを開く(別ウインドウ/PCサイト)

    ★投稿のルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。 誹謗中傷、他の人を不快にさせる投稿は一部または全文を削除させていただく場合があります。

    投稿日時:2015年12月21日 18時24分

  • このトピックに「カキコミ」する
  • 現在99

投稿ルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。

  • 呼びかけ

    変態かもしれない。
    りえさん / 熊本県 / 30代 / ガーデナー
    記事ID: 50591

    わたし(30女)は異性の股間を思い切り見てしまう癖がありました。

    見ないように意識すればするほど、ぎこちなくなり、挙動不審なかんじになっちゃって どうしよう、みたいな。

    でも年頃だし、盛りだし、動物としての本能かな?(笑)っておもって、気にしないことにしました。

    だって、見ちゃイケナイ!って抑圧すればするほど、目が股間に吸い寄せられてゆくのですもの・・・

    じゃあ、もうガッツリ見てやれ!っとおもってある瞬間から堂々とみるようになったら、意外と喜ばれたりすることが多々あり、

    既婚の方から
    『男性としてみてもらえてると感じてうれしい』といわれ、

    ああ、みてもいいんだな☆局部!
    とおもったしだいでした。人間だもの。

    あと、同性のアクセサリーとか、服とか、ちらちら気になっちゃったりする自分恥ずかしーとか、見比べちゃう自分やだなー☆とか

    いちいち判断するの疲れるな〜っておもうから、あ、じゃあもう自分いいカッコすんのや〜めよう!とおもってあえて飾らなくなったら視線恐怖症が一切なくなりました。

    どうみられてもかまわない
    低く見られようがかまわない
    なんておもわれてもかまわない

    という気持ちがだいじだったんだ、と。

    自分がまわりを判断を下すことをやめる、と軽く意識しただけでらくになりました。

    どなたかの参考になればぜひ。

    投稿日時:2016年04月04日 21時44分

    コメントを見る(現在1件)

  • 呼びかけ

    脇見恐怖症
    ヴィヴィさん / 埼玉県 / 40代 /
    記事ID: 50523

    脇見恐怖症、26年です。誰か助けてください。

    投稿日時:2016年03月30日 21時20分

    コメントを書く

  • 悩み

    耐える
    神戸やたろうさん /
    記事ID: 50091

    私は現在、仕事を続けながら勉強をしています。


    普通の人ができることができない。周りの人から生理的に受け付けないなど言われることもありました。
    それでもなんとか頑張っています。

    差別やいじめは昔からあります。

    決してなくなりません。歴史が証明しています。

    ただ、人と違っていても個性の一部として、とらえてくれる人が出てくれたら。。。なんと楽なのでしょうか。と考えることはあります。

    ただこの神経症で会社を退職した経験もあります。誰にも相談できませんでした。

    視線恐怖症、わき見恐怖症、病んでみて初めて病と闘う人の気持ちがわかる気がします。


    すこしでも、世の中がこういう神経症に対して、理解をしてくれることを願うばかりです。

    投稿日時:2016年02月29日 15時03分

    コメントを書く

  • 相談

    わずかでも希望が欲しい
    あかさん / 長野県 / 20代 /
    記事ID: 49534

    視界に入るものすべて怖いです。
    横などの人、物が気になり過ぎて目が痛いです。人とすれ違う時も下を向くけれど、その人の自分に向けての反応が気になり下を向きながらその人を見てしまいます。それで、相手は手で顔を隠したり、こそこそ話を始めたり…そんな事されたらすれ違った人は嫌だろうし、気持ち悪がったり、怖いと思うでしょうね。でも、そんな事は自分で分かっている。でも、それができない、普通でいられない、治したくても治せない、目が痛くなるほど横を見てしまう、罪悪感ばかり溜まりストレスになっていく。この脇見恐怖症を治したいのに治せない。
    もっと楽に日々を過ごしたい。
    どうれば少しでも楽になれるのでしょう…

    投稿日時:2016年02月04日 22時48分

    コメントを見る(現在1件)

  • 相談

    社会からリタイアしました
    晴もちさん / 兵庫県 / 独身女性
    記事ID: 49513

    はじめは脇見恐怖でした。高校時代、好意を持っていた隣の女子の脚が気になり、授業に集中しようとしても視界に入るのでよく寝たふりをしていました。陰口を叩かれていました。いつからか自己視線恐怖も併発していました。悪化したのは自分を変えようと接客のバイトを始めた頃です。お客様の下半身を見てしまい、来店するお客様が減りました。笑顔で接したのは接客業だからです。見たくて見てる訳ではありませんでした。目を完全に閉じていても、見ていると言われていました。そして、数年が経った今は悪化し、人が視界に入ると体を無意識に見つめてしまうようになりました。どうしたらいいのか、これも自己視線恐怖なのか、私の性欲が異常なのか、目を潰せば楽になるのか、何度も自殺を考えたことがあります。理解されないことが辛いです。

    投稿日時:2016年02月03日 22時58分

    コメントを見る(現在1件)

  • ありがとう

    ありがとうございました
    ナナオさん /
    記事ID: 49510

    私は15歳で親友に絶交され、その日から脇見恐怖症になりました。
    あれから15年以上が経ちますが、脇見恐怖を周りに理解してくれる人はいません。
    精神科医に話しても
    彼氏に話しても分かってもらえませんでした。
    母に話しても「そんなこと気にしてるの」で終わりました。
    毎日他人にされる咳払いや唾吐き、売られる喧嘩などに耐えながら生きています。

    私も、人と触れ合うこと自体は大好きで
    人の視線が怖いだけなのです。
    なので特集にとても共感しましたし、胸に突き刺さるものがありました。
    人を救えるのは人であり
    何よりも怖いと思っているその視線が、温かな眼差しになることもあるんだなあと
    本当にいい勉強をさせていただきました。

    何度も死にたいと思い
    精神科にも入院し生きてきましたが
    今までのつらさが、すべて報われた気がしました。
    どうもありがとうございました。

    投稿日時:2016年02月03日 21時11分

    コメントを書く

  • 悩み

    私も脇見恐怖症です。
    脇見のおっさんさん / 東京都 / 30代 /
    記事ID: 49507

    私は、もう何年も何年も脇見を患っています。

    きっかけは、静かな所や学生時代の授業中に
    お腹がすいてしまい「ぐー」と腹の音がなる所から
    です。

    やはり当時は思春期で同じクラスの女の子の目が気になり
    笑われていないか?という事からでした。
    それか色々とあり
    特に女性がだめになり、女性から「気持ち悪い」と言われるのではないか?思われてしまうのではないか?と思い、気になって視線が行ってしまいます。

    また、なぜか笑顔になってしまいます。意味も無く

    そして、また悪循環になり

    結局の所、影て言われてしまっております。

    もう、何年も何年も患っているので半ばあきらめています。

    言われる事にはなれているつもりでも、時に激しく落ち込み
    傷つきます。




    投稿日時:2016年02月03日 20時54分

    コメントを書く

  • 悩み

    2児母脇見恐怖症
    ゆぶかぶさん / 兵庫県 / 20代 /
    記事ID: 49505

    私は中学3年の冬に脇見恐怖症になりました。

    高校は辛くても行っていましたが、打ち明けれる家族も友達もいなく、高3の春には自殺未遂までしてしまいました。

    今は2児の母をしていますが、相変わらず脇見してしまい、幼稚園のママさん達の輪には入れません。
    子供は幼稚園帰りに公園に行きたい!お友達とお家で遊びたい!!と叫びながら訴えます。
    叶えれる日もありますが、ほとんど子供には申し訳ないけど、お家に帰っています。
    辛いです。

    ただ、今は同じ脇見恐怖症の人達と2ヶ月に1~2度会える機会があるので、お互いに悩みを話合って気分が凄く和らいできました。
    症状は昔と変わりませんが、なぜか脇見恐怖症の人達と話合っている時だけ脇見をしていません。

    今後改善するかは分かりませんが、今は子供の成長をまず先に見守っていきたいと思います。

    投稿日時:2016年02月03日 20時42分

    コメントを書く

  • その他

    30年間、脇見恐怖で苦しんでいます。
    amukaさん / 神奈川県 / 40代 /
    記事ID: 49504

    16歳で発症して以来、30年間苦しみ続けています。今でこそ精神科への受診の敷居が低くなっていますが、発症当時は偏見が強い時代でした。ずっと仕事は続けていますが、毎日が地獄の苦しみです。電車もバスもタクシーもつらくて乗れない。歩いていても対向者がいると顔を上げて歩けない。許されるならずっと家の中に引きこもって誰にも会いたくない。体が無意識に反応してしまう。日本の精神医療は視線恐怖や脇見恐怖に対する治療方法や薬が極端に少なく、きちんと向き合って理解してくれる精神科医は皆無。誰も助けてくれない。何度死にたいと思ったか。苦しさのあまり思い余ってホームセンターでロープを購入してしまった時は、帰宅して一人で号泣しました。自分の目を潰してしまいたい。そのほうがどれだけ楽になれるだろう。

    投稿日時:2016年02月03日 20時32分

    コメントを書く

  • その他

    視線恐怖症
    さんぐらすさん / 宮城県 / 40代 / 妻
    記事ID: 49503

    主人は<視線恐怖症>があります。確かに、以前から【社交不安症】のところは感じていましたが、精神疾患を持っているので、そこからかな?と思っていましたが、この放送を通じて≪社交不安症。視線恐怖症≫を知りました。
    普段は黒いサングラスで生活しています。歩くときも車から顔がみられるからと<左側通行>です。
    買い物に行っていても、どうしても〈挙動不審〉にうつるのか?✨遠巻きに警備の方がついて来られるコトが多いです。それに気付いてからは【ゆったり買い物】した記憶がありません。
    ≪平穏な生活≫がしたいです。
    私は聴覚障害なので、表情が大切です。<お互いの顔〈目線〉を合わせて会話する>のが夢です。

    投稿日時:2016年02月03日 20時28分

    コメントを書く

現在のカキコミ99件中