本文へジャンプ

  • “視線の恐怖”について、カキコミを募集しています(2016年2月・放送終了)

    番組ディレクター
    記事ID:48641

    様々な“視線の恐怖”が原因で、人と接することが不安でつらくなってしまい、日常生活や社会での活動に支障をきたしてしまうことがあります。

    たとえば、「人から自分への視線が異常に気になってしまう」「他人の視線が怖い」という“他者視線恐怖”や、
    「自分の視線が人に不快感を与えそうで怖い」「どこに目を向けていいか分からなという“自己視線恐怖”。
    他にも、「自分が脇見をしてしまっているのではないか」「視界に入る人や物をどうしても見てしまい、罪悪感を感じる」という“脇見恐怖”など・・・


    2月。心の病について基本から学ぶ新たな企画を立ち上げます。
    その名も「山田賢治のメンタルヘルス入門」。キャスターの山田賢治アナウンサーが、精神科医や専門家にインタビューし、病気の症状、原因、回復法を詳しくご紹介します。
    番組では、当事者のみなさんの体験談もご紹介したいと考えています。

    対人恐怖の根底にあるといわれる、様々な“視線の恐怖”について、あなたの体験やご意見をお寄せください。

    ※2016年2月の放送は終了しましたが、こちらのカキコミ板ではみなさんにとっての「交流の場」となるよう、ご意見を募集させていただきます。
    ぜひ、あなたの「声」をお寄せください。

    番組スタッフより
    ★関連番組
     2016年2月3日放送 山田賢治のメンタルヘルス入門 #2視線の恐怖

    ★「脇見恐怖」については、視聴者の方が立ち上げられたのカキコミ版もあります。こちらも是非ご覧ください。⇒【カキコミ板】脇見恐怖症について
    ★どうしても掲示板方式の「カキコミ」はしづらい…という方、メールフォームもあります。
    メールフォームを開く(別ウインドウ/PCサイト)

    ★投稿のルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。 誹謗中傷、他の人を不快にさせる投稿は一部または全文を削除させていただく場合があります。

    投稿日時:2015年12月21日 18時24分

  • このトピックに「カキコミ」する
  • 現在99

投稿ルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。

  • 悩み

    悩まされています
    ももさん / 埼玉県 / 20代 /
    記事ID: 49433

    私も現在、この「視線の恐怖」に悩まされており、自分ではもうどうしようもなく、解決策を求め検索をかけ、このスレッドにたどり着きました。

    私の場合は、自信のない仕事上でこの症状が強く起こります。向かいあう机でのパソコン作業や、密室のエレベーターなどをはじめとし、必要以上に人の視線を感じてしまいます。仕事上の人前での作業では、人に見られているとわかった瞬間に、行動が不自然でぎこちなく、身体は固まり、手の震えまで起きてしまいます。自分の考え過ぎ、人は自分のことをそんなに見てはいないと心では分かっていながらも、身体の方はついてこず、おかしな行動に。そんな変な行動をしてしまう自分に「変だと思われてるよな、いやだな」といった気持ちが溢れ、なおさら人にどう思われてるかを気にし、毎日が本当に辛いです。咳払いなどの他人の行動に異常なほど過敏になり、すべてが自分に向けて行われているようにさえ思ってしまうようになりました。もちろんそうでないことは、分かってはいるのですが。

    こんな日々がここ1年くらい続き、自分ではどうしようもなく、ストレスは溜まるばかりです。恐怖や、こんなことで悩み、上手く生きれない自分が心底嫌で、死にたいと思うこともあります。

    どうしたら解決できるのか、毎日闘っています。

    投稿日時:2016年01月30日 09時55分

    コメントを書く

  • エール

    症状と生きるって・・つらいよね。
    こめこぱんさん / 愛知県 / 30代 / 子育て中の母親
    記事ID: 49410

    「他者視線恐怖」や、「自己視線恐怖」「脇見恐怖」など・・・全部、身に覚えがあります。
    今、私は30代後半ですが、いまだにその症状が消えることはありません。
    このさまざまな、視線恐怖によって、自分も他人に対して恐怖を抱き、他人に不快感を与える自分を忌み嫌いました。それが、苦しみの中心にあり、この症状に振り回された長い時間がありました。
     現在でも、この症状はみられ、私が何回かじっと見てしまったことから、近所の方は、私の視線を気にしてか、よしずを窓から掛けています。じっとみたところで、なかの様子を見えるわけではなく、カーテンしか見えないのですが。
    また、机を向かい合わせてパソコンなどの事務作業を行うことはできません。脇見恐怖がでてきます。

     10代から「この症状がなくなればいいのに」とずっと思っていました。「これさえなければ、私はもっと幸せに暮らせるはずだ」と。ただ、「症状をなくすことに固執すること」は、あまり意味がないのかな・・ということが、この病気とともに20年近く生きてきて得た答えでした。
    それよりも、「これらの恐怖症を抱える自分」と、どう生きていこうか・・と考えるようになりました。
    きっと、人の数だけ生き方や対処法はあるはずなので、ここでは記述しませんが、とにかく、「自分の抱える恐怖」に振り回されずに、「自分の恐怖の影に隠れた、心の奥底にある希望をいかに救い出すか」ということを大切に生きていきたいと考えています。

    30歳くらいまでは、自殺願望であふれた心でしたが、今はなんとか自分らしく生きられるように・・と思っています。

    投稿日時:2016年01月29日 00時11分

    コメントを書く

  • 悩み

    みんなが敵
    まーあさん / 群馬県 / 10代 / 子ども
    記事ID: 49350

    昔から虐待やいじめなどにあい人が怖くなってしまいました。
    そのせいで中学は不登校で高校に入学しても結局教室に入れなくなり中退して今は通信制の高校に通っています。
    しかし、遠いため電車通学なのですが電車でも乗ってる人の視線やひそひそ声が自分の悪口なんじゃないか…とか考えちゃって手とかが震えたりしていました。学校ついても前に座ると視線が気になるので出来る限り一番後ろに座っています。今は電車の時間をずらしてなるべく人があまり人がいない時間を狙って通学していますがたまに満員電車に乗らなきゃいけない時もあってそれを思うと過呼吸になるぐらいです。
    ずーっと人の目を気にして生活するのでとても疲れます

    投稿日時:2016年01月27日 23時37分

    コメントを書く

  • 悩み

    怖いです
    むぎさん / 愛知県 / 10代 /
    記事ID: 49326

    高校2年生です。中学生の時、1年間軽いいじめを受けたのをきっかけに、周りの視線が怖く感じるようになりました。
    ちらっと振り返られるだけでも怖いし、何かひそひそ声が聞こえると、私のことを言っているんじゃないかとものすごく気になります。電車の中などで、自分の視界の端に入っている人の顔がこっちを向いているだけで怖く感じ、その人を見ることができません。学校で自分の席についているとき、後ろにいる人の視線も常に気になって落ち着きません。
    何か小さいことをするだけでも逐一他人の目を意識して行動してしまうのでとても神経をすり減らし、疲れます。

    投稿日時:2016年01月26日 17時16分

    コメントを見る(現在1件)

  • エール

    気持ちのもちようとは、わかりつつ
    らんらんさん / 海外 / 40代 / 母親
    記事ID: 49325

    高校一年の時に、焦点があってないものを、見ることはできるのかなという興味で、自ら脇見恐怖に陥ってしまいました。それから視界が常に広すぎる、つまり視界に入るものを全て意識してしまうようになりました。自分が疲れるだけでなく、まわりから、特に男子から気持ち悪がられ、酷い中傷も何度もうけ、本気で死のうと思い、剃刀を手首にあてました。涙がとまらなくなり、手が震え思い留まりました。家族のこと、心配してくれた友達のこと、そして何よりこのままで人生を終えたくないと思ったのです。見返してやる、幸せになるんだ、こんなに苦しい思いをしたんだ、これ以上辛いことはそうないだろうと思いました。

    あれから25年、未だに辛いこともあります。でも幸せです。死ななくてよかった、生きててよかった。

    今苦しんでいる人たちに伝えたい、見たいものを見ていいんです。優しすぎるから、脇見して申し訳ないって思ってしまうんです。もっと自由に自分らしくしていいんだよって。いいんです、中傷するような酷い人達に嫌われても、大切な人達にだけ真剣に向き合うように生きていけば、人生変わります。時には逃げてもいいし、失敗してもいいんです。だから絶対に諦めないで下さい。

    投稿日時:2016年01月26日 16時40分

    コメントを書く

  • 悩み

    毎日が辛い
    Sさんさん / 岐阜県 / 10代 / 高1
    記事ID: 49297

    私は中学3年生の時、脇見恐怖症を発症しました。最初は黒板を見る時、視界に人が入るな〜と思っていただけなのですが、「チラ見してる」などと影で言われ「黒板見てるんだからしょうがないじゃん!」とイラついてしまっていました。しかし中3の時はクラスメイトがいい人ばかりでだんだん症状は軽くなっていきました。
    けれど高校に入って環境が変わり、症状が悪化しました。黒板を見る時必ず視界に人が入るようになり、恐怖で前を見て授業を受ける事ができません。また、廊下や道を歩いている時やトイレにいる時、脇見恐怖症が発動して人を見てしまいます。見たくて見ている訳ではなく、見ないように意識すればするほど視線が人の方へ行ってしまいます。舌打ちをされたり指パッチンをしてきたり「死ね」などと言われものすごく申しわけない気持ちになります。本当に生きている意味が分かりません。

    投稿日時:2016年01月24日 20時48分

    コメントを書く

  • 悩み

    運がいいだけ…
    ユージオさん / 富山県 / 10代 / 高校生
    記事ID: 49278

    自分は現在高2で中2の頃から脇見恐怖症になりました。
    運がいいだけというのは、保育所ときから高校までずっと同じとこに通っていたも友達が、友達が多く、みんなの人気者的な人で、その人の友達ってだけで、周りから優しくされ、いじめなどはありませんでした。
    ですが、その友達が高校を退学させられてしまい、支えを失い、今は中学で同じクラスだった人が、よく喋りかけてきて、その友達も自分と趣味が同じで仲良くしてくれます。
    このように、周りに恵まれているだけで、自分では何もできていません。
    3月に修学旅行があるのですが、先生に、人が怖いと言い、行かなくてもいいようになりました。
    高校に入ってから電車通学になり、満員電車の中で、駅に着いたとたんに、視界が真っ暗になり、倒れることもありました。今は目を瞑って乗っています。

    自殺を考えて、某相談サイトで書き込みをしたら、自殺はだめ、親が悲しむ、などいろいろ、言われその時は立ち直りましたが、今でも死にたいと思っています。

    いつかこの症状が無くなることを信じて、がんばって生きましょう。長文失礼しました。

    投稿日時:2016年01月23日 21時21分

    コメントを書く

  • 悩み

    視線や意識の力
    X-MENさん / 東京都 / 50代 / 独身
    記事ID: 49259

    これは視線の力を知った人だけがとりつかれた病だと思います
    本当は病気ではなく日常的に誰にでもある視線を感じるとか
    感じさせてしまうといった元からある機能が異常に機能してしまい
    それにとりつかれたことによる社会恐怖であります
    私の場合はその人の背後からでもその人を感じさせてしまいます
    敏感すぎる人や警戒感の強い人は私が意識するだけで振り返って
    しまいます

    投稿日時:2016年01月23日 00時27分

    コメントを書く

  • エール

    気にしなくなってきた
    ノーネームさん / 東京都 / 20代 / その他
    記事ID: 49247

    ※名前が全角でなかったので再送します。

    皆さんの投稿いくつか読ませていただきました。
    僕が、

    あ、それあるある!分かる!

    なんて内容がたくさんありました。

    でも、不安でも大丈夫だと信じてください。
    いつか克服‥というか、気にしなくなれる日が
    やって来ます。

    僕も学生時代は視線を気にしすぎて常に下を向いて外を歩いてました。
    気にしなくなったキッカケは、
    慣れというか‥そういう気にしてしまう自分で良いかな、
    と思えたことです。

    それと、
    視線に関して正式な病名があるか僕は分かりませんが、
    安易に心の病と呼ぶのは違和感を感じます。

    人間誰だってコンプレックスや突かれたくない弱さも
    持っていると思うからです。

    だから、今悩んでいる人達は
    自分がおかしいとか異常だなんて思わないで欲しいです。

    あせらず、ゆっくりでいいから
    自分にマルあげられるようになって下さい。

    投稿日時:2016年01月21日 17時53分

    コメントを書く

  • 悩み

    打ち明けるしかないのか…
    たにさん / 北海道 / 10代 / 高校2年生
    記事ID: 49245

    発症したのは中1の頃でした。座席が右前の角で黒板を見るときに全員から見られてる様な感じがしたのが原因でした。女子からこそこそと「チラ見してる〜」と言われました。高校からは男子校の寮に入りました。男子だけなら大丈夫だろうと思っていたのですが、最近になってから、症状がひどくなり先生に打ち明けようと決心しました。その先生は宗教の先生だったため、人の気持ちについて真剣に聞いてくれて、席替えのときに一番後ろのあまり見られない方にしてくれました。やはり、最後に助けてくれるのは身近にいることを知りました。

    投稿日時:2016年01月21日 17時08分

    コメントを書く

現在のカキコミ99件中