本文へジャンプ

  • “視線の恐怖”について、カキコミを募集しています(2016年2月・放送終了)

    番組ディレクター
    記事ID:48641

    様々な“視線の恐怖”が原因で、人と接することが不安でつらくなってしまい、日常生活や社会での活動に支障をきたしてしまうことがあります。

    たとえば、「人から自分への視線が異常に気になってしまう」「他人の視線が怖い」という“他者視線恐怖”や、
    「自分の視線が人に不快感を与えそうで怖い」「どこに目を向けていいか分からなという“自己視線恐怖”。
    他にも、「自分が脇見をしてしまっているのではないか」「視界に入る人や物をどうしても見てしまい、罪悪感を感じる」という“脇見恐怖”など・・・


    2月。心の病について基本から学ぶ新たな企画を立ち上げます。
    その名も「山田賢治のメンタルヘルス入門」。キャスターの山田賢治アナウンサーが、精神科医や専門家にインタビューし、病気の症状、原因、回復法を詳しくご紹介します。
    番組では、当事者のみなさんの体験談もご紹介したいと考えています。

    対人恐怖の根底にあるといわれる、様々な“視線の恐怖”について、あなたの体験やご意見をお寄せください。

    ※2016年2月の放送は終了しましたが、こちらのカキコミ板ではみなさんにとっての「交流の場」となるよう、ご意見を募集させていただきます。
    ぜひ、あなたの「声」をお寄せください。

    番組スタッフより
    ★関連番組
     2016年2月3日放送 山田賢治のメンタルヘルス入門 #2視線の恐怖

    ★「脇見恐怖」については、視聴者の方が立ち上げられたのカキコミ版もあります。こちらも是非ご覧ください。⇒【カキコミ板】脇見恐怖症について
    ★どうしても掲示板方式の「カキコミ」はしづらい…という方、メールフォームもあります。
    メールフォームを開く(別ウインドウ/PCサイト)

    ★投稿のルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。 誹謗中傷、他の人を不快にさせる投稿は一部または全文を削除させていただく場合があります。

    投稿日時:2015年12月21日 18時24分

  • このトピックに「カキコミ」する
  • 現在99

投稿ルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。

  • 提案

    ありのままでいいと思ってくれる人を見つけて
    花は咲くさん / 30代 /
    記事ID: 49119

    高校時代、極度の視線恐怖症になりました。
    思春期で多感だった事もありますが、私の在籍していた中学校がとにかく荒れていたことが一番の原因だと思います。いつも意味も無く人がいじめられているようなところだったことので、自分がターゲットにならないように人の顔色を伺っていました。空気をよまなくてはと思ってました。
    そのため、高校という新しいスタートラインに立ったときも、昔の荒れた中学の様子を心の中にずっと引きずってしまいました。人の評価が怖い、という思いが視線恐怖症につながり、人を真正面からしっかり見れませんでした。

    そんな私が視線恐怖症から脱出できたのは、恋人ができてからでした。ありのままの自分を欠点も含め認めてくれる人がいることで、自分に自信がついたのだと思います。

    視線恐怖症は周りの環境など、外的要因も大きいかと思います。ですが、私のように自分の心持ち一つでかわれた人間も世の中にはいます。もし、番組で取り上げる際には、「視線恐怖症とは〜」「今苦しんでいる人の症状は〜」だけでなく、そこから脱出できた人々もたくさん取り上げて、具体的にどう回復できたのかも紹介して頂ければと思います。

    たとえどんなに小さくとも、この症状はきっかけさえあれば治るものだと信じています。

    投稿日時:2016年01月14日 13時46分

    コメントを書く

  • その他

    人生を変えてしまう病
    ビームさん / 東京都 / 30代 / 本人
    記事ID: 49100

    脇見と、自己視線恐怖を患っている。38歳の男です。見たくないのに見てしまうという、この症状のため、どの組織に属しても、気味悪がられたり、嫌がられたりするものですから、高校は、担任先生の助力で、なんとか卒業できましたが、大学中退、バイトを転々としましたが、続かず、今は作業所に、通っていますが、そこでも、視線が、原因で皆の輪に入っていけず孤立して苦しんでいます。

    投稿日時:2016年01月12日 22時11分

    コメントを書く

  • 呼びかけ

    自分にしか分からない病気 
    ゆうさん /
    記事ID: 49093

    発症から10年以上経つ者です。
    私はこの病気を自分にしか分からない病気だと思います。
    見ること「自然」ですがなんらかのトラウマなどによって「意識」
    してしまい「不自然」を常に抱えなかればならない状態です。
    目は言葉より敏感で傷つきやすく人に与える影響は大きいと思います。

    私は視線恐怖症の当事者オフに参加していますが
    そういったところで治すしか方法がないと思います。
    サングラスで隠すとか薬で不安を和らげるでは解決しない問題…
    「見ても良い」「見られても良い」と本人が納得するまで終わらないと思います。


    視線の症状が取り上げられて嬉しい反面、複雑な心境です…
    視線だけでなくて目つきや目を使ったコミュニケーション力とも
    関係しているので人それぞれなんですよね。



    症状というよりは「障害」に近いというのが当事者である私の意見です。
    症状の多い脇見系の人だけでなく自己視線や他者視線も取り上げられていたら嬉しいですね。

    投稿日時:2016年01月12日 16時38分

    コメントを書く

  • 悩み

    毎日、葛藤
    トマトさん / 滋賀県 / 10代 / 高校生
    記事ID: 49086

    私は昔から他人の視線を気にして生きてきましたが、ある事が原因で人生が大きく変わりました。中1の夏、二人の男子が私を見て「なんか臭い」と話したのが聞こえたんです。信じられませんでしたが、同じような場面が度々重なって確信に変わった時、それからは人からの視線、話し声、全ての辛さに耐え切れず不登校になりました。外に出ても人の目ばかりが気になって気が狂いそうになります。誰かが話しているのを見ても自分の事なんじゃないかと不安に駆られ、一人で考え込んでしまい、高校に入った今でもずっとそんな悩みを抱えながら生活しています。誰にも話す事ができずとても辛いです。教室に居る事ですら苦痛で仕方なくて、歩くのも下を向いてしまうし人の目もまともに見れなくなりました。こんな自分が本当に嫌で何度も死のうと思いました。ただ私はみんなと同じように楽しく生きていきたいだけなのに、周りの迷惑になっていると自分を責める毎日。もう本当に辛くて仕方がないです。
    一度で良いから、何も気にする事なく生きてみたい。

    投稿日時:2016年01月11日 22時54分

    コメントを書く

  • 悩み

    人の視線ほど怖いものはないです
    柚木さん / 新潟県 / 20代 /
    記事ID: 49084

    人の視線を気にし始めたのは中学にいじめられた後から人の事を気にして、高校の時は他の生徒がお喋りをしている時目が合って話をやめたりとかこっちを見ながら話をしていると自分の事を言われているんじゃないか、と気になって周りに溶け込めずにいました。
    今でも仕事場とかで同じように目があってしまうと自分の事何か言われてる気がすると気になってしまいます。

    こう今ネットが身近になって、視線が気になる事を調べたら他者視線恐怖の症状に当てはまるな、と思いました。

    どこにもそういう事を相談出来ないし、うつにもなっていてどうしようもないし、症状として改善出来るものなのか分からないので一生こういうものなのかと思うと不安です。

    投稿日時:2016年01月11日 22時11分

    コメントを書く

  • 相談

    視野の異常と罪悪感の辛さ
    ららさん / 秋田県 / 社会人
    記事ID: 49079

    自分の視野に悩んでいます。私は仕事でデスクワークをしていますが、パソコンの隙間から対面にいる人が見え、意識しないようにしても見えてしまいます。また、私の視野の異常が相手も気づいているかもしれないです。咳払いや大きな鼻息をついているので、たぶん不快な思いをさせていると思います。パソコンの画面に集中したくても視野が広くなってしまった(?)せいで視界に入ってしまいます。眼科に行きましたが、少し視野の異常があるが気にする程ではないと言われ愕然としました。最近は、額やこめかみ辺りにはりつめた感じがあり、頭痛がする時もあります。こめかみが上下に動くようになりました。鼻から頭に酸素を入れようとしてもできません。今一番辛いのは対面です。電車で座った時も対面の人との距離が近く見え、どこを見ていいか分からなくなり、いつも寝たふりをしています。対面じゃなくても、斜め前にいる人も気になり、視野に入ってしまいます。自分の目は飛び出ているんじゃないかと。異常のきっかけは机に向かう姿勢を変えたことでした。そうしたら、横も斜め前も気になるようになりました。この辛さは6年になります。視野が治る方法はありませんか。どんな病院に行けば良いですか。

    投稿日時:2016年01月11日 15時33分

    コメントを見る(現在1件)

  • その他

    取り上げてもらえるのはありがたいです
    cocoさん /
    記事ID: 49062

    脇見恐怖を発症したのは中学の頃でした。最初は些細なことがきっかけで、最終的には今のように視界に入った周囲の人達を自分の意思に反して脇見や凝視してしまうようになりました。初めは自分に何が起こったかもわからず、ただとてもつらく、自傷行為もしていました。授業中は先生が黒板を向いている時しか顔を上げて板書できず、(先生をがん見して嫌われて、悪い成績をつけられたら..)という恐怖もありました。テストでは、隣の人に強い意識が向いているため、実際には見ていないのに「カンニングされた」と言われたら..と怖かったです。なので、机に顔を突っ伏せたようにし、髪をたらし、自分の顔が完全に隠れるようにしていました。大学でも症状は相変わらずで「きもい」「こっち見んな」「うっとい」と言われていました。もう10年近くになります。中学の頃から両親に心療内科、精神科などに連れて行ってもらっていました。今は一つの病院に通院しています。社会人になっても仕事を転々としました。症状で嫌われるのはもちろん、緊張から思うように動けない、話が入ってこない、時々ぼーっとしているなどで余計に鬱陶しがられていました。今も仕事はしていますが、常に不安はあります。また、症状のせいで通勤の電車でも常に寝たふりしかできません。私が目を瞑ったり、下を向くのは人の視線が怖いというより、自分が不快な視線を送らないためです。外ではほぼ下を向いているので首・肩のこりがひどくそれも憂鬱の原因です。周囲の人たちの完全な理解を求めようなんて傲慢なことは思いませんが、こういう病気が存在し、その病気の人はわざとやっているわけではないということだけでも解ってもらえたら嬉しいです。

    投稿日時:2016年01月10日 20時59分

    コメントを書く

  • その他

    悪口一言で・・・
    とりくまさん / 兵庫県 / 30代 /
    記事ID: 49036

    私は10年ほど前、高校生の頃から脇見恐怖症に悩まされています。
    きっかけは自宅近くで子連れの親に悪口を言われたことでした。
    それ以来、挙動不審になり
    いつの間にか視界に入ってきた人を凝視してしまうという症状になりました。
    精神科で相談したのですが、気にしなくていいとだけ言われました。
    高校を卒業して一時期気にならない時もあったのですが、
    今は家でも視界に入る家族を見てしまいます。
    信号待ちをしている時も、カフェでお茶をしている時も気になります。
    すごく罪悪感があり、自分が嫌になります。
    悪口は何気ない一言だったかもしれませんが、
    言われたこちらは人生が変わるぐらいの一言でした。

    投稿日時:2016年01月09日 08時50分

    コメントを書く

  • ありがとう

    ありがとうございます。
    むさしさん / 三重県 / 20代 /
    記事ID: 49023

    中学1年生から
    大学4回生になった今でも
    脇見恐怖症に悩まされています。

    最初は自分が何の病気なのかも分からず、
    何か所もの精神科に行き、
    症状を説明しましたが、
    不安を抑える薬を処方されるだけで、
    効き目はなく
    分かってくれる先生は
    いませんでした。

    それから少し経って、
    インターネットを見ていると、脇見恐怖症のことがのっているサイトが沢山あり、こんなにも自分のように苦しんでいる仲間がいるのだと知りました。
    今では脇見恐怖症のオフ会も全国でひらかれているようで、アメリカのTVで特集をしていた事もあるそうです。
    ただやはり一般の認知度は全くと言っていいほどないです。
    そんななか今回
    特集していただけるということで非常にありがたく思います。
    ぜひ単発で終わるのではなく
    長いスパンで特集してくだされば幸いと思います。

    投稿日時:2016年01月08日 19時04分

    コメントを書く

  • その他

    もう10年以上前になりますが…
    ななしさん / 岩手県 / 30代 /
    記事ID: 48986

    色々重なって、医師から抑うつ傾向を指摘された時に、相談した内容から言われた症状の一つが会食恐怖でした。周りの人から見られている気がして、気がひけて、上手く食べれない ような。(そんな事は無い、自意識が強いんだ)と自分に言い聞かせても、感じてしまっている事態はなおせない。
    今から思うと会食恐怖よりも、昔から 根本的に人の視線や評価を異常に気にしていました。

    時間が経つにつれて、理解ある親しい友人達とは外食したり、どう見られているかを気にせず過ごせるようになりました。…今でも苦手なのは、
    多かれ少なかれ皆さんそうかと思うのですが 仕事上で評価される立場が続いた時、異様なまでに緊張してしまう。
    あと、仕事でもプライベートでも写真や動画を撮られることが苦手です。凄く嫌で具合が悪くなります。カメラに収まりそうな時は逃げちゃいます。その親しい友人と旅行先で一緒に撮るのだけは平気なんですけど。

    こーした症状の啓発や相談先はあっても、実際(特に地方へ行くほど)病院やカウンセリングルームは少ないし高額だったりするので困るところです。

    投稿日時:2016年01月07日 14時15分

    コメントを書く

現在のカキコミ99件中