本文へジャンプ

  • “視線の恐怖”について、カキコミを募集しています(2016年2月・放送終了)

    番組ディレクター
    記事ID:48641

    様々な“視線の恐怖”が原因で、人と接することが不安でつらくなってしまい、日常生活や社会での活動に支障をきたしてしまうことがあります。

    たとえば、「人から自分への視線が異常に気になってしまう」「他人の視線が怖い」という“他者視線恐怖”や、
    「自分の視線が人に不快感を与えそうで怖い」「どこに目を向けていいか分からなという“自己視線恐怖”。
    他にも、「自分が脇見をしてしまっているのではないか」「視界に入る人や物をどうしても見てしまい、罪悪感を感じる」という“脇見恐怖”など・・・


    2月。心の病について基本から学ぶ新たな企画を立ち上げます。
    その名も「山田賢治のメンタルヘルス入門」。キャスターの山田賢治アナウンサーが、精神科医や専門家にインタビューし、病気の症状、原因、回復法を詳しくご紹介します。
    番組では、当事者のみなさんの体験談もご紹介したいと考えています。

    対人恐怖の根底にあるといわれる、様々な“視線の恐怖”について、あなたの体験やご意見をお寄せください。

    ※2016年2月の放送は終了しましたが、こちらのカキコミ板ではみなさんにとっての「交流の場」となるよう、ご意見を募集させていただきます。
    ぜひ、あなたの「声」をお寄せください。

    番組スタッフより
    ★関連番組
     2016年2月3日放送 山田賢治のメンタルヘルス入門 #2視線の恐怖

    ★「脇見恐怖」については、視聴者の方が立ち上げられたのカキコミ版もあります。こちらも是非ご覧ください。⇒【カキコミ板】脇見恐怖症について
    ★どうしても掲示板方式の「カキコミ」はしづらい…という方、メールフォームもあります。
    メールフォームを開く(別ウインドウ/PCサイト)

    ★投稿のルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。 誹謗中傷、他の人を不快にさせる投稿は一部または全文を削除させていただく場合があります。

    投稿日時:2015年12月21日 18時24分

  • このトピックに「カキコミ」する
  • 現在99

投稿ルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。

  • 悩み

    太っているせいで
    さいとうさん / 新潟県 / 10代 /
    記事ID: 48964

    専門学校1年、19歳です

    小さい頃から太っているせいで、からかいや他人の何気ない言葉から、自分への視線が気になり始めました。

    小学時代には、太っているからなのか、スイミングスクールで仲間はずれ等のいじめを受けたり、理由もわからず笑われるようなことがありました。
    英会話教室でも、他の同い年の子達がこっちを見て笑っていることが嘲笑のように思え、手を出したことがありました。

    中学時代には、じろじろ見られて陰口を言われてたり等で自意識過剰になってしまい、自傷を始め、痛みで気を紛らわせていました。
    また、特に体育が苦手だった私は、体育でのバスケやバレーボールなどで、コート内にいるとじろじろ見られているように感じるようになりました。

    高校時代には、同じクラスの子がいじめられているのを目の当たりにし、頑張っていじめてくる人の目から逃れようとしていました。
    ですが、目立っていたようです。(これは自分の思い込みかもしれませんが)
    高校時代の体育は、中学時代からのじろじろ見られてる感じがすることから、ほとんど見学でした。

    現在も視線の恐怖はあります。
    バスケは特に視線の恐怖を感じ、今でも1試合出るのがやっとで、出た後は必ず泣いてしまいます。担当の先生にわかってもらえず、すごく辛かったです。
    また、元々保育士や幼稚園教諭を目指す学校のため、人前に出ることに慣れないといけないのですが、どう見られているのか気になってしまい、未だに慣れません。

    投稿日時:2016年01月06日 21時09分

    コメントを見る(現在1件)

  • その他

    吃音と共に
    いぬまたさん / 埼玉県 / 20代 / 子供
    記事ID: 48928

    私は幼い頃から吃音でした。
    今でもそうです。

    学生時代は散々吃音でからかわれ、
    音読の時間では大衆の中、注目を全面に浴びながら
    吃り、笑われていたのを覚えています。
    親、教師には理解されずに過ごしてきました。

    中学くらいの頃でしょうか、
    電車に乗ると乗客全てが私を見てる気がするのです。
    私の格好がおかしいのか、変な匂いがするのか、
    妙な行動、癖があるのか、
    電車では向かい合わせに座るので、
    視線をどこに置いていいかわからず
    体を硬直させて、動くこと無くずっと目を瞑っています。

    そんな生活の中で10年以上耐えてきたのですが、
    やがて精神を病み、今でも精神科に通っています。
    処方された薬のおかげで今では大分症状は軽くなりました。

    多剤処方が問題視される精神科業界ですが、
    私の場合、精神科に通わなければ
    今頃死んでいたかもしれません。

    吃音での就業問題は未だに続いていますが、
    それはこのカテゴリー外なので、書かないでおきます。

    長文失礼しました。

    投稿日時:2016年01月05日 17時36分

    コメントを書く

  • 悩み

    負の連鎖
    ソクラテスさん / 10代 / 中学生
    記事ID: 48921

    中1の時に脇見が出るようになった。
    それから悪口、陰口、いじめ。
    でもそもそも自分が加害者であるために声も上げられなかった。

    人を見てしまうから、その人に迷惑が掛かるんだと思い、
    その人がどう思っているのか気になって、見てしまう。
    負の連鎖。

    人と関わるのも辛くなった。
    学校に行けば逃げ場なんて何処にも無い。
    近所の人や家族にまで脇見が出て、それについてコソコソ言われる。
    もう生きるのに疲れた。

    投稿日時:2016年01月05日 14時09分

    コメントを書く

  • 悩み

    なかなか辛い
    零さん / 滋賀県 / 10代 / 子供【16歳】
    記事ID: 48913

    僕が自己視線恐怖症(脇見恐怖症含む)だと自覚し始めたのは、中3の一学期の終わりからです。
    中2と変わりあまり馴染める友達が少なく、周りの目を気にしていたら、いつの間にかなってました。それまではまだ我慢できました。でも、中3の塾の夏期講習で、キモイとか自己視線のことだけでなく、容姿のことまで悪口を言われて悪化しました。
    容姿のことに関しては、中2ぐらいからある女子に褒められたことがあったので、ある程度自信を持てることができていたので、ショックでした。
    それから、この状況下の中でも、進学校に合格しました。
    でも、もう受験で精一杯で、高校に行っても病気は治らなかった。もう高校には行っていません。留年も決まりました。
    この先、どうするのか。どうしたいのか。
    この病気は人との関わりの中で生まれたものだから、人と関われと、親は言います。確かにそうですが、怖いのです。人に嫌われたり、自己嫌悪に襲われたり、罪悪感の中で生きるのが耐えられない。
    いくら病院に行っても、自分を変えないと治らないんだと思います。
    私には自分を変える勇気と自分を捨てる覚悟がありません。
    楽なことばかりして、逃げてます。向き合うことを恐れている私をどうしたらいいでしょうか。
    また、このことを家族に話してしまったため、家族関係悪化し、家にも居づらいです。かといって、外に出るのも自分の視線を気にしてしまって、落ち着けないのです。

    投稿日時:2016年01月05日 10時38分

    コメントを見る(現在1件)

  • ありがとう

    しんどい...
    j244mkさん / 兵庫県 / 10代 /
    記事ID: 48892

    私が脇見恐怖症になってしまったのは、小学校6年生のとき。
    元々そこそこ明るい性格だったのですがクラスの男子に冗談半分でからかわれてそれから自分の周りからの見られ方を凄く気にするようになって、それから脇見恐怖症になりました。
    そこからいじめられるようになりクラスでも一人ぼっち、中学二年生の時にはとうとう学校へ行けなくなってしまいました。
    今は中学を転校して通うことができますが、いまでも脇見恐怖症が辛くて時々学校を休んでしまいます。
    周りにも言えないし、しんどいです。
    この症状の認知度は本当に低いです。
    だから、テレビで取り上げられて少しでも多くの人に気持ちを分かって戴けたら嬉しいです。
    取り上げて戴き本当に有難う御座います。

    投稿日時:2016年01月04日 20時55分

    コメントを見る(現在1件)

  • その他

    自然体で
    YUKAさん / 10代 / 高校生
    記事ID: 48852

    私がこの症状を自覚し始めたのは、まだ幼い頃だったように思います。小学生の時にいじめられてからは、さらにひどくなりました。

    外出が苦になったのは中学生のとき。
    視線をどこに置いていいのか気にしすぎるあまりに歩き方や表情などが、緊張して変になってしまいました。
    学校では保健室登校で、復帰するために授業に出ても、顔を上げられず、ずっとうつむいていました。

    中学3年生の夏、不思議な出来事がありました。家族で気分転換に海に行って以来、何故かまったく気にならなくなったんです。街で普通にお買い物をしたり、外食も出来るようになって、毎日幸せでした。

    しかし、続いたのも高校1年生までです。

    2年生になった現在、クラスメイトとの間でトラブルがあり、いじめられるようになってしまい、再発しました。
    スマホで写真を勝手にとられたことが原因です。姿勢も悪くなり、またうつむいてばかりいます。学校やお店で他人とはもちろん、両親と食事をするのも辛くなりました。一部の人以外と話すときは、面白い内容でも笑えません。

    たとえ脇見恐怖症が治らなかったとしても、精神的に強くなりたいです。
    視線を気にしても耐えられるようになりたいです。

    投稿日時:2016年01月03日 14時30分

    コメントを書く

  • かなしい

    見張られているような恐怖感
    はいじさん / 千葉県 / 20代 / 子ども
    記事ID: 48823

    仕事の過労から双極性障害と診断されました。
    現在は休職中です。
    仕事では、いつも上司や誰かに見られているのではないかと思い
    「失敗してはいけない」と、怯えながら仕事をしていました。
    また、以前に研修を休んで遊んでいるところを見かけたとデマを流され、
    それから外に出歩くのも職場関係の人に見られないよう、用心しています。
    常に誰かに見張られているのではないかという妄想が頭から離れません。外に出掛けるのも一苦労です。
    家でもカーテンを閉めっぱなしにしています。
    私は視線恐怖症ではありませんが、こころの病気でこんなにも「視線」が怖くなってしまうものなのだと自分でも驚いています。

    投稿日時:2015年12月31日 13時49分

    コメントを書く

  • 悩み

    日常生活に支障が
    blackさん / 北海道 / 20代 / 独身
    記事ID: 48803

    自分の場合は、視界に入っても視線を合わせられないため無視をしているだの誤解を与え関係も悪くなりつらいです。

    そんな誤解もあり、仕事も続きません。
    毎日が綱渡りで不安の日々です。
    これが一番つらいです。
    面接を受けてもこの手のタイプの人間は厳しいです。
    (他の方もそうなのでは?)

    視界に入るものにいちいち視線を送るのがいいのか、いや、それも不自然だろうし怖いし、じゃあどうすればいいのだろう...
    などと、自然な振る舞いができないため色々と考えてしまい疲れます。
    堂々巡りです。

    バスや地下鉄など乗車中はどこに目をやればいいのか困るのでスマホに逃げるか目を瞑ります。(特に正面に座席があり他人がいるとつらい。)

    歩行中の他人とすれ違う時も極力下を見ます。

    挙げればきりがないですが、とにかく考えすぎだとわかっていても不安、怖くて視線を合わせられないんです。

    日常生活にもかなり支障をきたしています。

    あまりにも一点を見てしまう、視線が合わないために他人が好奇な目でじろじろとこちらを見てるのがわかるけど、どうすることもできない。
    つらいです。

    長いこと同じところで働けません。
    それは、同僚に無視してるだの誤解されコミュニケーションや意思疏通に影響を与え、居づらくなる、いられなくなります。

    先が見えない、見通せなくてつらいです...

    最低限の暮らしは送りたいです。

    どうしたらいいのでしょうかね。。。

    投稿日時:2015年12月30日 11時00分

    コメントを書く

  • かなしい

    罪悪感と孤独感のドン底
    ちーさん / 山形県 / 20代 /
    記事ID: 48774

    番組で取り上げていただけることを知り、嬉しくて嬉しくて感謝の気持ちでいっぱいです。

    社会人になってから視線恐怖症になりました。
    視界の中で動くもの全てに意識が集中してしまい、それによって相手に不快な思いをされているのではないかと罪悪感で押しつぶされそうになります。
    目線は手元にあったとしても意識は動くものの方にあります。
    意識ってわかるんですよね。人によりますが、私は過剰反応してしまいます。
    だからだと思うのですが、相手は私が意識しているのがわかっている、と認識しています。なので仕事中ももちろんなのですがトイレに行くだけでもしんどくて、頭を下げて、目を細めてなるべく視界に入らないようにしています。
    母親に相談をしても、そんなに気にしてないと思うよ、と言わます。
    頭では理解しているんです。そんなに気にしてないはずとわかっていても本能がそれはありえないの一点張りです。
    誰かに相談できるわけもなく、相談しても気のせいだ、気持ちの持ちようだと言われ、誰も理解してくれない、しようともしてくれない、こんなにも辛いのに、と孤独感に苛まれます。
    最近は吐き気、目眩までして、薬が増えるばかりです。
    このままでは薬物依存性になってしまうのではないかと心配です。

    投稿日時:2015年12月28日 19時53分

    コメントを見る(現在1件)

  • かなしい

    子供は大人社会のホンネをダイレクトにしてくれます
    さっちゃんさん / 30代 /
    記事ID: 48750

    他の方々のカキコミとは異なりますが、感じるものあり書かせていただきます。

    先天性の障害があるため、幼少期より補装具を身につけています。
    小学校時代に同級生は普通の事として扱ってくれてましたが、下級生の遠慮ない視線・指さしを日々受けたことは今でもトラウマになっています。
    中学校に入学して視線から解放された爽快感は、忘れられません。
    それらが悪意から発されたものではないことは理解していますが、今でも小学生を見ると当時の感情が蘇り、辛い気持ちになります。
    同時に、その子達はとっくに忘れてるのだろうとも思い・・・

    大人が建前で隠すことを知らないだけであって、平均から外れた人を指さすのは大人も子供も同じなのでしょうね

    投稿日時:2015年12月27日 01時42分

    コメントを書く

現在のカキコミ99件中