本文へジャンプ

  • “視線の恐怖”について、カキコミを募集しています(2016年2月・放送終了)

    番組ディレクター
    記事ID:48641

    様々な“視線の恐怖”が原因で、人と接することが不安でつらくなってしまい、日常生活や社会での活動に支障をきたしてしまうことがあります。

    たとえば、「人から自分への視線が異常に気になってしまう」「他人の視線が怖い」という“他者視線恐怖”や、
    「自分の視線が人に不快感を与えそうで怖い」「どこに目を向けていいか分からなという“自己視線恐怖”。
    他にも、「自分が脇見をしてしまっているのではないか」「視界に入る人や物をどうしても見てしまい、罪悪感を感じる」という“脇見恐怖”など・・・


    2月。心の病について基本から学ぶ新たな企画を立ち上げます。
    その名も「山田賢治のメンタルヘルス入門」。キャスターの山田賢治アナウンサーが、精神科医や専門家にインタビューし、病気の症状、原因、回復法を詳しくご紹介します。
    番組では、当事者のみなさんの体験談もご紹介したいと考えています。

    対人恐怖の根底にあるといわれる、様々な“視線の恐怖”について、あなたの体験やご意見をお寄せください。

    ※2016年2月の放送は終了しましたが、こちらのカキコミ板ではみなさんにとっての「交流の場」となるよう、ご意見を募集させていただきます。
    ぜひ、あなたの「声」をお寄せください。

    番組スタッフより
    ★関連番組
     2016年2月3日放送 山田賢治のメンタルヘルス入門 #2視線の恐怖

    ★「脇見恐怖」については、視聴者の方が立ち上げられたのカキコミ版もあります。こちらも是非ご覧ください。⇒【カキコミ板】脇見恐怖症について
    ★どうしても掲示板方式の「カキコミ」はしづらい…という方、メールフォームもあります。
    メールフォームを開く(別ウインドウ/PCサイト)

    ★投稿のルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。 誹謗中傷、他の人を不快にさせる投稿は一部または全文を削除させていただく場合があります。

    投稿日時:2015年12月21日 18時24分

  • このトピックに「カキコミ」する
  • 現在99

投稿ルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。

  • 提案

    目の疲れが尋常ではない
    偽月さん / 山口県 / 20代 / 会社員
    記事ID: 48731

    仕事で作業をしていて人が近づくと無意識の内に目がキョロキョロと挙動不審に動きます。

    なにか、後ろめたいことがあるのか、わかりませんが、凄く居心地が悪く、会社では昼に一人でご飯を食べている時だけが安心します。

    昼ご飯を食べている時にその空間に仕事仲間がいると、視線がキョロキョロと動き、目が凄く疲れて不安な気持ちになります。

    僕は人(両親以外)の視線から逃れられた時に自由を感じるので、日々、帰宅することを生き甲斐に仕事をしているような気分です。

    この他者の視線に対する感覚は「普通」なのでしょうか?

    投稿日時:2015年12月26日 02時03分

    コメントを書く

  • かなしい

    寂しい
    テラさん / 東京都 / 50代 / 父
    記事ID: 48724

    50代男性、無職一人暮らし、アルコール依存症、先日膵臓の手術をしたばかり
    子供は独立、女房は実家、離婚を申し込まれている
    団地住まい

    事情が事情の為、日中は人目が気になり出歩けず、夜にベランダで空を見上げる毎日

    買い物は近所のコンビニ
    夜中だと誰にも見られないから

    このままひっそりと誰にも気付かれずに暮らして行きたい

    将来的には孤独死が必至だと分かっていても

    若者だけじゃない

    投稿日時:2015年12月25日 20時22分

    コメントを書く

  • 悩み

    なぜか分からないのですが…
    りいさん / 東京都 / 20代 / 社会人一年生
    記事ID: 48723

    なぜか分からないのですが、
    いつからか自分の視線が人に害を与えてる気がしています。
    その為、目を合わせて喋るのが苦手です。私にとっては相手と目を合わせないというのは、目を合わせると不快を与えると思っているので最大限の親切のつまりです。しかし、人からは目を合わせて欲しいと言われ困惑します。努力してますが、納得はできてません。


    また、人が視界に入った時など、ふとした時に、私の視線が睨んでる怒ってるかの印象を与えていないか不安になります。
    私はただ時計を見ただけなのだけど、もしかしたらあの人を睨んだって思われたかも…どうしよう。いつも心配です。そのため、まともに時計やテレビも見れません。


    なぜなのでしょうか…学生時代はすごく悩み半引きこもりのようになっていました。
    現在は仕事をしていて、ある程度割り切っていますが、疑問や自分が害を与えてるような怖さがあります。

    それらについて考えてる時はとても辛いです。

    投稿日時:2015年12月25日 20時10分

    コメントを書く

  • その他

    生きづらい
    さくらさん / 神奈川県 / 20代 /
    記事ID: 48701

    特に診断はされていませんが、視線が怖いです。

    周りからの視線では、多くの人数が集まって食事をしている時が特に怖いです。

    自分の箸の使い方や口への入れ方、飲み込み方が汚いんじゃないかと気になって、なかなか口へ運べません。

    また、話しながら食べる時に、今食べて良いのか、それとも話すときなのかが分からず、そればかり気になり箸を進められません。

    家で一人で食べるときや家族と一緒の時は、そんなことはなく、人よりペースは速いと思います。

    自分の視線では、視界に入ったものが気になり、位置や順番がズレていたりすると、直さずにはいられず気の済むまでその場に立ち尽くしてしまいます。

    気になる文字があると、その文字を一通り読んで、分からない単語があると調べて意味がわかってからやっと動き出せます。

    買い物も少しのものを買うだけなのに、人の何倍もかかってしまい、せっかくの休みも、気になることばかりで逆に疲れてしまいます。新しい場所に行けば、それだけ気になることが多く、気が滅入ります。

    気になることを見ないようにしようと考えれば考えるほど、もっと気になります。それと同時に、なんでこうやって自分は前に進めないんだろう、人と同じように生きられないんだろうと常に自分を責めてしまいます。

    投稿日時:2015年12月24日 09時49分

    コメントを書く

  • その他

    視線恐怖症
    いぬまたさん / 埼玉県 / 20代 / 子供
    記事ID: 48665

    私も以前視線恐怖症に悩まされていました。

    埼玉県から東京へ移動する、
    電車での通勤中が一番辛かったです。
    電車で、自分の前に人が居ないと安心なのですが、
    誰か1人でもいると正面を向けず、
    スマートフォンを見るか、寝たふりをするかで
    誤魔化していました。

    そのうち、視線恐怖が職場でも起こるようになり、
    自分の席から見て向かいの人の視線が怖くなりました。
    パーティションはあるのですが、浅く、
    顔を見られてると思ってしまい、
    顔の筋肉が硬直しっぱなしでした。

    7年間勤務し続けたのですが、
    結局視線恐怖症からくるうつ病を発症して
    辞めてしまいました。

    仕事を辞めてしばらく経ちますが、
    短期の仕事で、時々都内に出る事があるのですが、
    投薬のおかげか、最近は気にしないようになりました。
    なぜ、あそこまで怖がっていたんだろうと不思議に思います。
    まだうつ病は治っていませんが、
    これもゆっくりと治して行きたいと思います。

    投稿日時:2015年12月22日 23時49分

    コメントを書く

  • 呼びかけ

    辛いです
    りなえもんさん / 茨城県 / 10代 / 子ども
    記事ID: 48658

    脇見恐怖症で、何をするにも辛いです。
    みんなでテレビを見る時、ご飯を食べる時、外で人とすれ違うことが恐怖です。
    是非沢山の人に知っていただきたいです。

    投稿日時:2015年12月22日 09時47分

    コメントを書く

  • その他

    生きづらいです
    菫さん /
    記事ID: 48652

    私は他者視線恐怖症です。
    人と目を合わせるのも苦手なので自己視線恐怖症もあるのかもしれません。

    私の場合は自分自身や容姿に自信が無い事が視線恐怖症になった原因かなと思っています。

    外に出ると
    「自分が変だから誰かがいつも見ている」「自分がブスだから好奇の目で見られている」などど常に考えてしまい、変な緊張感で挙動不審になったり、どこを見たら良いのか分からなくなったりします。

    自意識過剰なのだと頭では分かっているのですが、いつも「また見られてるかも」「変な風に思われたらどうしよう」とつい考えてしまって辛くなります。

    他人が居る場所ではいつも視線が気になってしまい、落ち着く事ができません。
    自分のしたいことがあっても、他人の視線が怖くて出来ない...という事がよくあるので辛いです。

    電車内や美容院やお店のレジなど身近な物が全部怖い。居心地が悪い...

    人前で堂々と自分のしたい事をしたり、まっすぐ人の目を見て向き合える人が羨ましいです。

    今カウンセリングを受けていますが...なかなか難しいです。
    人の視線が怖いから対人関係も上手くいきません。
    とても生きづらいです。
    他人や本当はありもしない視線など気にせずに、自分の人生、自分のしたいように生きてみたい。
    もっと力を抜いて楽に生きてみたいです。

    投稿日時:2015年12月21日 23時57分

    コメントを見る(現在3件)

  • かなしい

    冷たい視線から押しこまれ
    ベテルギウスさん / 福岡県 / 30代 / 赤色超巨星型ASD&アダルトサバイバー
    記事ID: 48651

    あくまでASDというのも一因ですが、コミュニケーションを取ることができません。
    それだけで、周囲からの評価が落ち、バカにされ、見下されてしまうのです。
    視線が合わないという理由で、合わせるまで何度も「矯正」させられました。
    視線というのもありますが、見下される不安が強いのです。
    幼稚園の卒園記念の録音、体育授業、就職活動、会合でのプレゼン、
    挨拶をすることもままならず、冷たい視線による恐怖で吃音も出てしまいます。
    外見は2次性徴で所謂ォャヂ臭、ムダ毛、ハゲ、メタボに神経質になります。
    こんな者が営業務まらないのはわかっていますが、所謂正社員にならなければ
    極論死ぬしかないとの考えもあり、数社受けて仕方なくその職に就いたのです。
    時代のせいじゃないけど、このザマですから就職が上手くいくわけありません。
    作業をしているときにお客様に見られたら、不安で手が震えてはミスをし、
    始末書も書かされました。そのことで接客コンテストを何度も出場させられたし、
    なにより業務外の飛び込み営業ノルマで60万の自爆を強いられました。
    ASD…というより2時障害ですが、オープンにしてよかったか否か何とも言えません。
    また、不登校の話とリンクしますが、ウォーキングは登下校時間帯には出来ません。
    子どもの笑い声が苦痛ですし、ご近所や親御さんの冷たい視線が刺さるのです。
    不審者情報として行政無線を流すよう促す人もいますから…
    そのこともあり、一般企業で稼いだ給与の内訳は、貯金>医療>自爆>税金>買物…
    金は失せるし見た目も酷くなるし、酒の出る強制飲会にメリットを感じません。
    今のA型事業所の給与では、それに自爆が消えていますので、今までがバカみたいです。
    妄想への逃避が過ぎ、衝動的にちっぽけな快楽にエネルギーを使い切ることも…
    というか処方箋があれば、最初からそんなムダな行動はとらないですよ。

    投稿日時:2015年12月21日 23時32分

    コメントを書く

  • 悩み

    本当に辛いです
    わわさん / 奈良県 / 20代 / 子ども
    記事ID: 48647

    脇見恐怖症の掲示板にも投稿させて頂きましたが、こちらにも失礼します。
    医学的に無い、脇見恐怖症、約8年間悩まされています。人との食事中や数人で輪になっての会話、授業中の板書の時などに、自分は見たくないのに相手の顔や目を見てしまい、相手に視線を送ってしまうことで不快な思いをさせているのではないかと思ってしまうのが、辛いです。実際、視線を送った相手の咳払いや、「あの人、見てるよね…。」という会話を耳にしたり、空気が悪くなることはしょっちゅうです。手や前髪等で目を覆ったりしますが、限界があり、またその行動を見て不審がられることもしばしば。人と楽しくお話したいのに、この恐怖症が災いして一歩踏み出せません。何か対処方は無いでしょうか。

    投稿日時:2015年12月21日 21時12分

    コメントを見る(現在1件)

現在のカキコミ99件中