本文へジャンプ

  • 【放送終了】薬物依存についての体験談・メッセージお待ちしています!(2016年2月“チエノバ”)

    番組ディレクター
    記事ID:49613

    2月2日深夜、元プロ野球選手の清原和博容疑者が、覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕されました。
    著名人が薬物を使用したなどとして逮捕される事件はこれまでも相次いでおり、そのたびに「ショックだ」「堕ちた英雄」「あれだけのスターが…」といったセンセーショナルな報道がなされています。しかし、「薬物依存症」や「クスリを使ったその後のこと」を正面から取り上げたものは、決して多くありません。

    これまで「ハートネットTV」では、依存症の取材に継続的に取り組み、本人や家族の声に耳を傾けてきました。だからこそ、薬物問題の背景には「依存症」という病気があり、そこにどう向き合っていくかが問われていると考えています。そこで、今回改めてみなさんの「声」を募集し、番組で緊急特集を組むことにしました。

    依存症本人のみなさん、家族のみなさん、治療・支援に関わっているみなさん、
    あなたは今回の事件でどんなことを感じていますか?
    社会に伝えたいことはどんなことですか?

    やめたくてもやめられない苦しみ、報道について思うこと、治療や支援のあり方、“回復”に関わるご自身の体験談やメッセージ…どんなことでも構いません。あなたの考えや意見、「これだけは伝えたい!」といった思いを聞かせてください。

    ※2016年2月の放送は終了しましたが、こちらのカキコミ板ではみなさんにとっての「交流の場」となるよう、ご意見を募集させていただきます。ぜひ、あなたの「声」をお寄せください。

    番組スタッフより
    ★WEB連動企画“チエノバ”
      「緊急特集!薬物依存」2016年2月25日放送終了

    当日はTwitterでご意見を募集します。ハッシュタグは「#チエノバ」で50文字程度でご意見を

    ★どうしても掲示板方式の「カキコミ」はしづらい…という方、メールフォームもあります。
    メールフォームを開く(別ウインドウ/PCサイト)※シリーズ名から「WEB連動企画チエノバ」を選んで投稿してください。

    投稿日時:2016年02月09日 17時01分

  • このトピックに「カキコミ」する
  • 現在78

投稿ルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。

  • その他

    一歩手前
    隸さん / 長崎県 / 20代 / 大学生
    記事ID: 50006

    私は、依存症とまではいきませんが不安になると処方薬や市販薬を
    過剰摂取してしまいます。

    朝薬を飲み体調のすぐれない状態で何も食べずに1日を過ごすという行為を不定期的に行っています。

    多い時には50錠ほどの薬を飲んで
    1日中吐き気が収まらなかったり
    胃が荒れて病院で点滴をしてもらったり、薬の種類によっては、半日ほど耳が聞こえにくくなったり
    とさまざまです。

    この行為を始めて約3年になりますが、この行為を行うことに関してはあまり後悔していません。この自傷行為とも言える行為があるからこそ、わたしは今まで生きて来れたからです。

    覚せい剤は決して手を出してはいけないものですが、心の闇から開放されるという意味では、私もまた同じようなことをしていることに変わりないのかなとおもいます。

    投稿日時:2016年02月25日 20時27分

    コメントを書く

  • 呼びかけ

    薬物依存は恐い!
    ニシケンさん / 佐賀県 /
    記事ID: 50007

    清原選手も田代さんも好きだったんだけど、一回の過ちで世間には厳しい目で見られる。これから薬物を使用せず立ち直ってほしい。

    投稿日時:2016年02月25日 20時27分

    コメントを書く

  • かなしい

    酷い
    本田菊さん / 神奈川県 / 10代 / 子供
    記事ID: 50005

    薬物依存はスマホ依存と同んなじ,スマホが薬物に変わっただけ,
    孤立させないで

    投稿日時:2016年02月25日 20時22分

    コメントを書く

  • その他

    依存症は病気です。人間性・意志の問題ありません。
    ももさん / 神奈川県 / 30代 / 依存症回復者
    記事ID: 50003

    依存症は病気です。
    私はかつて処方薬(ベンゾチアゼピン系)の依存になりました。

    PTSDの治療で通っていた精神科の医師から処方された精神安定剤・睡眠薬の量がどんどん増えていくようになり、症状の辛さに耐えられないときに、乱用するようになりました。

    依存症は病気なので、意志・根性の力ではどうにもなりません。
    必要なのは、治療です。そのためには、専門家のサポートが必要です。

    癌になった人を責める人はいないと思います。
    人間性や本人の意志の弱さを責める人はいない人と思います。
    必要なのは、治療と周囲の温かいサポートです。
    依存症者にも全く同じことが言えると思います。

    正しい知識が広まって、依存症に対する社会的な偏見がなくなることを願います。

    投稿日時:2016年02月25日 20時18分

    コメントを書く

  • かなしい

    脳が求めるのです
    蘭子さんさん / 千葉県 / 60代 / 主婦
    記事ID: 50002

    違法薬物なら罪ですが広い範囲での薬物依存の方は多いと思います 私も含めてですが

    投稿日時:2016年02月25日 20時17分

    コメントを書く

  • エール

    薬物の地獄から、「絶対回復でき、人間も成長する。」
    虚魔幻さん / 東京都 / 30代 / NAメンバー
    記事ID: 50001

    薬物の最期(究極)、自殺・殺人・心中。
    是即ち、生命の滅亡の意。

    8歳の頃、自分のおばあちゃんが火葬場で荼毘にふされている時、誰も居ない中、自分はずっとその扉の前に居た。一人なのは可哀そうだったから。

    自分が居ないのに気付いた父が探しに来た。

    「あいつは優しい子だ。」と、親戚に言いまわっていた。

    自分でも本当に優しかったんだな。と思う。


    「薬物」
    今、振り返り、薬物に手を出して楽しかったのはほんの一瞬で、
    最後のほうは人を人とも思わなく暴力の嵐。
    そして、気付いたら不眠、妄想、勘繰り、幻視、幻聴にさいなまれた。

    精神状態は最悪。

    自殺を試みた。瞬間、遠くから赤ん坊の強烈な啼き声が聞こえた。
    我に返った。
    赤ん坊など当時自分の住む界隈には居なかった。


    そこから紆余曲折(詳細は割愛させて頂きます)を経て、


    今、NAの仲間と共に回復を手にしている。


    断言します。
    どんなに最悪の状態でも
    「絶対回復できる。」
    そして、薬物を使う前の自分より
    「人間性も向上する。」

    それは自分が証明している。
    もっともNAの仲間が既に証明している。

    投稿日時:2016年02月25日 19時49分

    コメントを書く

  • 呼びかけ

    薬物依存症は病気です。回復はあります。
    チョコクリームさん / 東京都 / 40代 / 薬物依存症者の家族
    記事ID: 49999

    依存症は病気です。自分の意志が弱いからとかではないのです。やはり、病気のメカニズム、脳との関係、回復する方法、専門医の指導、中間支援組織(ダルクなど)、12ステッププログラムを使う自助グループなど、今ある資源を使い、日本にはまだありませんが、アメリカにあるドラックコートの制度も日本で取り入れて治療につなげていくことが必要だと思います。

    有名人の方が薬物逮捕されると、社会からとても責められます。夢を与えるような仕事ならなおのこと、打ちのめすような人格否定的なことを言われてしまいますが、病気が問題なんです。人格を否定することは違います。クスリを使う背景は色々あると思います。

    人生につまずいてしまうことは、誰にでもあります。
    依存症は誰にでも起こりうることです。

    回復は一人ではできません。仲間や支援が必要です。

    ただ責めるだけではなく、
    社会全体の問題として、他人事ではなく、自分のこととしてみなさんにも考えていただけたらと思います。

    家族の中に依存症の問題があると、隠して秘密にすることで、社会や人と閉鎖的になり、追い込まれ世間から孤立したいきます。

    秘密を抱えるのではなく、人や機関に助けを求め、依存症者も家族も回復していける環境作りが必要だと思います。

    投稿日時:2016年02月25日 19時00分

    コメントを書く

  • その他

    やさしい息子が薬物依存
    クニさん / 60代 / 親
    記事ID: 49998

    私ども父親母親にとって、やさしい息子でしたが、ある日、自分の部屋の電灯を棒でたたきながら、一睡もせずにいる。テレビをつけっぱなしにして、一日中寝ている。
    ある時、苦しそうに悶え、救急車を呼んで、病院に行く、病院に着くと、ヘラヘラ笑いながらもう治ったということで家に帰る。
    ある夜は、ドアに向かって、ごめんなさい、もうしませんからとまさにそこに誰かがいるように謝る、謝り続ける。
    ぜんぶ、薬物使用のあとの症状でした。私たち親は、よい子がどうなったのかわからず、なんとかしようと病院に尋ねた。でも治らない。
    薬物依存と知ったのはずいぶん後で、薬物依存症者を抱える家族の会、家族会に巡り合ってはじめて、そういう薬物依存症の症状を知り、本人を回復の道、ダルクに送りました。でも、まだ、依存は続いています。
    薬物依存症をどう治療するのか、医療の開発に期待します。

    投稿日時:2016年02月25日 18時59分

    コメントを書く

  • 呼びかけ

    拘置所からの手紙
    まさなおさん / 神奈川県 / 30代 / ひきこもり当事者
    記事ID: 49997

    依存症について「本当に必要なこと」を考えるこの番組の趣旨に賛同します。テレビをとおして経験者の声を聞くことで、いま苦しんでいる本人や家族の方が、相談に行ってみよう、回復施設や自助グループに行ってみよう・・・と思えるような番組になることを願います。
    数日前、私の家に拘置所から手紙が届きました。アルコール依存症でひきこもりだった親友からの手紙でした。
    彼とは最近全然連絡がとれず、心配して数日前、家を訪ねたら、「転居しました」というテープがポストに貼られていて、びっくりしていたところでした。
    手紙には同居しているアルコール依存症の父親を刺して死なせてしまった、と書いてありました。彼は父親と二人暮らしでした。彼とは、ひきこもりの自助グループで出会いました。
    手紙には、「面会に来てほしい、一緒に書いた自助グループの体験記を他の人にもみせてほしい、本当にお世話になりました。私にとってあなたは唯一の親友でした。僕が帰ってくるまで自助グループは続けてほしいです」等と書いてありました。
    私は「この前みたいに、またどこかでコーヒーを飲みながら話そう」と速達で返事を書きました。
    彼は、他の多くの人と同じように、自助グループの力を借りて生きようとしているのだと思います。
    ダルビッシュ投手が言っていたように、依存症者に「セカンドチャンス」が与えられる社会でなければいけないと思います。
    心の病に回復はあります。

    投稿日時:2016年02月25日 18時56分

    コメントを書く

  • 呼びかけ

    意思が強い人には難しい
    のりまんくっくさん / 兵庫県 / 40代 / 当事者
    記事ID: 49996

    よく「クスリやめられない人は意思が弱い」と聞きますが、あれはウソで、意思が強い人ほどやめられません。意思が強いと「今日からやめよう」って思いますよね。そうすると禁断症状がキツくって、全然眠れないわカラダは震えるわ仕事も普通の生活もできません。それで、結局クスリに戻ってしまうわけです。
    本気でやめたかったら、やはりドクターと相談しながら計画的にクスリの量を減らすのが効果的です。量を半分にして1週間、4分の1にして2週間、さらに減らして4週間…といったペースです。最後が一番ツライです。ドクターも優しくはないです。ワタクシはこの方法で睡眠誘導剤依存をやめました…もう10年以上前のことになりますが。

    投稿日時:2016年02月25日 18時50分

    コメントを書く

現在のカキコミ78件中