本文へジャンプ

  • 【放送終了】薬物依存についての体験談・メッセージお待ちしています!(2016年2月“チエノバ”)

    番組ディレクター
    記事ID:49613

    2月2日深夜、元プロ野球選手の清原和博容疑者が、覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕されました。
    著名人が薬物を使用したなどとして逮捕される事件はこれまでも相次いでおり、そのたびに「ショックだ」「堕ちた英雄」「あれだけのスターが…」といったセンセーショナルな報道がなされています。しかし、「薬物依存症」や「クスリを使ったその後のこと」を正面から取り上げたものは、決して多くありません。

    これまで「ハートネットTV」では、依存症の取材に継続的に取り組み、本人や家族の声に耳を傾けてきました。だからこそ、薬物問題の背景には「依存症」という病気があり、そこにどう向き合っていくかが問われていると考えています。そこで、今回改めてみなさんの「声」を募集し、番組で緊急特集を組むことにしました。

    依存症本人のみなさん、家族のみなさん、治療・支援に関わっているみなさん、
    あなたは今回の事件でどんなことを感じていますか?
    社会に伝えたいことはどんなことですか?

    やめたくてもやめられない苦しみ、報道について思うこと、治療や支援のあり方、“回復”に関わるご自身の体験談やメッセージ…どんなことでも構いません。あなたの考えや意見、「これだけは伝えたい!」といった思いを聞かせてください。

    ※2016年2月の放送は終了しましたが、こちらのカキコミ板ではみなさんにとっての「交流の場」となるよう、ご意見を募集させていただきます。ぜひ、あなたの「声」をお寄せください。

    番組スタッフより
    ★WEB連動企画“チエノバ”
      「緊急特集!薬物依存」2016年2月25日放送終了

    当日はTwitterでご意見を募集します。ハッシュタグは「#チエノバ」で50文字程度でご意見を

    ★どうしても掲示板方式の「カキコミ」はしづらい…という方、メールフォームもあります。
    メールフォームを開く(別ウインドウ/PCサイト)※シリーズ名から「WEB連動企画チエノバ」を選んで投稿してください。

    投稿日時:2016年02月09日 17時01分

  • このトピックに「カキコミ」する
  • 現在78

投稿ルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。

  • 提案

    理論を持って向き合う。
    ゆみさん / 兵庫県 / 50代 / 母親
    記事ID: 49995

    息子が薬物依存で、一時は一緒に死のうかと思う所まで追い込まれました。ただ何度も何度も話を聞いていると自分の正義にちゃんと向かって話ができる人を求めてる事を感じました。そこからは病院の家族教室や本、ネットなど薬物の知識、そして世界中で起きている議論などを聞いて息子とちゃんと話ができる時間を持てるようになり、その頃からだんだん必要無くなり、今はアルコールも含めて止めています。その過程では同時に食を無農薬野菜中心と添加物をできるだけ避けるようにすることにより、顔色もよくなり、今は地域ボランティアなどもしてすごしています。周囲の人がまず理解する事から向き合うのも一つの手段かと思います。つたなくすいません。

    投稿日時:2016年02月25日 17時58分

    コメントを書く

  • 呼びかけ

    病気なんです。
    ドンさん / 埼玉県 / 50代 / 当事者
    記事ID: 49992

    自分はアルコール依存症の本人です。
    機会飲酒から連続飲酒に陥り、自分でこの病気に気が付き、AA(アルコホーリクス・アノニマス)に行き、奇跡的にお酒が止まりました。その後もAAに通い続け、現在4年以上お酒が止まって、社会復帰に向けた訓練をしているところです。
    自分がまさかアル中になるとは夢にも思っていませんでした。初めはうつとか他の精神疾患だと思い、数年間苦しみました。
    依存症が病気とわからず、芸能人で薬物に手を出してしまう人を軽蔑していましたが、今は全く違う見方に変わりました。
    清原さんの報道を見ていても、かっこうのネタにされていて、日本の社会が本当に依存症という病気に理解が無いことがわかります。でも自分がこの病気になる前は、今の社会と同じ見方をしていたので、偉そうなことは言えませんが…。
    薬物であれ、アルコールであれ、ギャンブルであれ「依存症は病気で、完治はしないが回復することができるのだ」ということをもっと社会、特にお医者さんや、援助をされている職業の方々に知っていただきたいと思います。

    投稿日時:2016年02月25日 17時01分

    コメントを書く

  • 呼びかけ

    回復出来る
    だるまさん / 群馬県 / 40代 / 妻
    記事ID: 49988

    私は夫がギャンブラーで、数年前にギャマノンという自助グループに繋がりました。そこで依存症の理解を深めるとともに、自分自身の生き方や、回復と成長に仲間と取り組んでいます。
    依存症は脳の病気ですから完治はしませんが、回復し続けることは出来ます‼︎
    希望はあるのです‼︎

    回復には適切な治療、そして自助グループや回復プログラムがもちろん必要ですから、今後そういった正しい情報、希望の持てる報道が増えることを願います。

    投稿日時:2016年02月25日 13時39分

    コメントを書く

  • かなしい

    わたしはアディクト
    ユキヒョウさん / 静岡県 / 30代 / 市販薬依存当事者
    記事ID: 49985

    認めたくないけれど、
    わたしはアディクトなんだ。
    それはわかってる。

    咳止めを飲むとふわ~としたりしてイヤな現実を忘れられる。
    一瞬だけれど。

    でも、他の皆さんにはおすすめしません。それはそうです。
    わたしのような経験はして欲しくないですから。
    栄養ドリンクで充分です。

    アディクトである自分はこれからどうなるんだろう?
    こんなに悩んでいても世間は冷たいし、リハビリ施設ですら疑問に感じる。
    わがままでごめんなさい。

    投稿日時:2016年02月25日 10時54分

    コメントを書く

  • 呼びかけ

    風邪には風邪薬
    ゆりさん / 千葉県 / 50代 / 依存症本人
    記事ID: 49980

    薬物を使用するのは病気です。所謂風邪をひいている状態。病人を責めても、刑務所に入れても、反省させても治らない。
    社会の理解、手厚い看護と治療。複雑に考えなくてもいい。単純に、ただ治療をすればいいだけ。

    清原君 は辛かったのでしょうね。

    投稿日時:2016年02月25日 09時26分

    コメントを書く

  • 呼びかけ

    私も救われました
    Annさん / 千葉県 / 40代 / 妻
    記事ID: 49967

    私の夫は、ギャンブル依存症です。
    6年程前の、この番組でギャンブル依存症の特集をやっているのを見て、何度も借金を繰り返す夫が、ギャンブル依存症だと気づきました。そのお陰で、今、私はギャンブル依存症の家族の自助グループに繋がり、依存症について知り、病気を理解したうえで夫との関係を新たに築いている最中です。
    何よりも、同じ経験をした仲間に出会えて、希望をもてるようになりました。

    依存症は病気であり、本人も家族も誰も悪いわけではない事を知ってほしいし、回復し続ける事が出来る事をメッセージとして伝えてほしいです。
    6年前に、この番組に出会えた事に感謝しています。

    投稿日時:2016年02月25日 00時10分

    コメントを書く

  • エール

    昔と変わらず応援しています。
    やすよきのこさん / 三重県 / 40代 / 当事者 
    記事ID: 49961

     私は、清原さんとは同じ学校で同級生でした。(交流はほとんどなかったですが)当時ブラスバンドにいた私は、甲子園で力の限り彼らを応援していました。その事は今でも最高の思い出であり、自分の誇りになっています。
     その後私は、ギャンブル依存となり依存症が進んでいく中、覚せい剤を使うようになり、刑務所にも行きました。その後リハビリ施設や、自助グループにもつながりました。それでも薬やギャンブルは止められませんでした。しかしそこで知り合った仲間は、そんな私を決して見放さず、一緒に歩いてくれました。いつも味方でいてくれました。苦しいときは苦しいと弱みを見せることができました。失敗したけどまた助けてほしいというとまた手を差し伸べてくれました。2度目の刑務所を出た時から仲間との関係の中でようやく私の薬は止まり始めました。
     清原さんにも味方になってくれる、そんな友人や仲間がきっといると思います。私も以前彼を応援していたときと変わらず、彼の回復を心から応援しています。
     また今回の報道で、助けを求めたいと思っている人が責められてしまうと思い手を挙げられなくなるのが本当に怖いなとも思っています。依存症になっても治療の道や、回復の道が用意されていることをもっと多くの人に知ってほしいと思います。
     私も今では雇用され、自分のやりたかったことにも挑戦しています。最近ではもう吹くこともないだろうと思ってたトランペットも仲間とバンドをやる中で楽しんでいます。
     日本では、多くの人が、依存の問題を抱えたまま、職を失ったり、学校に行けなくなったりしています。そういう人たちが責められ、追いやられ、復職や、復学できないような社会がいいのか、治療しリハビリをしたうえで復職や復学ができる社会がいいのか、報道関係を含めて社会全体で考えてほしいなと思います。

    投稿日時:2016年02月24日 23時07分

    コメントを書く

  • ありがとう

    変われた
    にゃんさん / 長崎県 / 30代 / アダルトチルドレン
    記事ID: 49955

    私の両親はアルコールとギャンブルの依存でした
    物心ついた時から自分が大嫌いで死ねばいいと思ってました
    私もアルコールや恋愛にはまり子どもも散々に苦しめました
    自助グループの仲間に出会い沢山迷惑もかけました
    でも今は自分が大好きになりました
    生きるのは辛く自信もないけど、小さな幸せを感じることができるようになりました

    投稿日時:2016年02月24日 20時28分

    コメントを書く

  • 呼びかけ

    街中にあふれている。
    糸さん / 東京都 / 20代 /
    記事ID: 49948

    覚せい剤は人が集まるところでしたらどこにいても手に入ります。東京の夜を歩いているだけで、声をかけられたこともあります。楽になるよ。一度だけ試してみたら?そんな言葉が決まり文句です。今はあちらこちらでドラッグの危険性を知らせるポスターや、最近のニュースでも取り上げられ、ドラッグの危険性が前もってわかっているので、手をだすことはありません。これからも覚せい剤が街から消えることは難しいと思います。手をだしそうになる人がどれだけ、危険とわかり、自分自身のために断れるかそれにかかっていると思います。

    そんな私は精神安定剤、風邪薬(処方、市販薬含め)の薬物依存です。辛いことがあるとき、ODをするとふと身体が重くなったり、眠ってしまいます。
    眠ってしまえば、嫌なことからは一時的にも開放されます。身体に異変があれば、身体の不調にかばってばかりで心のしんどさを忘れることができます。実際、嘔吐を繰り返しているときは、本来の辛い心の痛みは一時的にも忘れます。
    一時的だといえばそこまでですが、本当にしんどいときにはその一時的でも開放されたいのです。だめなことは十分わかっていますが。



    最近は仕事も長期で続けられることができたり、入退院を繰り返すことにより、ODをすることは激減しました。医師に、薬は治すために作られたものである。こんなことに使うために作ったのではない。たくさんの臨床試験を通して、治したいという研究者がたくさんいて、何年もかけてできるもの。けして偶然で作られたものではないんだと。そう聞いて、ODから離れることができました。

    でも一度経験するとODの心地よさは忘れられません。
    これからの治療方法が知りたいです。

    投稿日時:2016年02月24日 16時06分

    コメントを見る(現在1件)

  • 悩み

    再投稿。
    ユキヒョウさん / 静岡県 / 30代 / 市販薬依存当事者
    記事ID: 49946

    先程投稿した者です。

    日本は依存症の専門医も少ないです。
    ただ犯罪とだけ位置付けし、取り締まりしかしてこなかったからです。

    わたしは市販薬ですが、偏見を受けるのは承知しています・・・。
    繰り返しますが、本当は止めたいんです!本当です!
    だけど簡単に環境は変えられない。意思が弱いだとかの問題でもありません。
    周囲の理解と支援って必要不可欠ですよね。わたしは無縁ですけどね。多分。

    現代の生きづらさは、
    趣味などで忘れられるくらいなら
    社会問題化しませんよ。
    非当事者はそれで忘れろと言いますが、ハッキリ言います。
    無理です!

    薬に頼らなくてもストレスと上手くつきあえる社会整備が必要です。立ち直れる、生きることに希望が持てる世界であって欲しいです。

    投稿日時:2016年02月24日 12時30分

    コメントを書く

現在のカキコミ78件中