本文へジャンプ

  • 【放送終了】薬物依存についての体験談・メッセージお待ちしています!(2016年2月“チエノバ”)

    番組ディレクター
    記事ID:49613

    2月2日深夜、元プロ野球選手の清原和博容疑者が、覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕されました。
    著名人が薬物を使用したなどとして逮捕される事件はこれまでも相次いでおり、そのたびに「ショックだ」「堕ちた英雄」「あれだけのスターが…」といったセンセーショナルな報道がなされています。しかし、「薬物依存症」や「クスリを使ったその後のこと」を正面から取り上げたものは、決して多くありません。

    これまで「ハートネットTV」では、依存症の取材に継続的に取り組み、本人や家族の声に耳を傾けてきました。だからこそ、薬物問題の背景には「依存症」という病気があり、そこにどう向き合っていくかが問われていると考えています。そこで、今回改めてみなさんの「声」を募集し、番組で緊急特集を組むことにしました。

    依存症本人のみなさん、家族のみなさん、治療・支援に関わっているみなさん、
    あなたは今回の事件でどんなことを感じていますか?
    社会に伝えたいことはどんなことですか?

    やめたくてもやめられない苦しみ、報道について思うこと、治療や支援のあり方、“回復”に関わるご自身の体験談やメッセージ…どんなことでも構いません。あなたの考えや意見、「これだけは伝えたい!」といった思いを聞かせてください。

    ※2016年2月の放送は終了しましたが、こちらのカキコミ板ではみなさんにとっての「交流の場」となるよう、ご意見を募集させていただきます。ぜひ、あなたの「声」をお寄せください。

    番組スタッフより
    ★WEB連動企画“チエノバ”
      「緊急特集!薬物依存」2016年2月25日放送終了

    当日はTwitterでご意見を募集します。ハッシュタグは「#チエノバ」で50文字程度でご意見を

    ★どうしても掲示板方式の「カキコミ」はしづらい…という方、メールフォームもあります。
    メールフォームを開く(別ウインドウ/PCサイト)※シリーズ名から「WEB連動企画チエノバ」を選んで投稿してください。

    投稿日時:2016年02月09日 17時01分

  • このトピックに「カキコミ」する
  • 現在78

投稿ルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。

  • かなしい

    止められない・・・
    ユキヒョウさん / 静岡県 / 30代 / 末っ子長女
    記事ID: 49944

    わたしは30代の引きこもり状態のFtXであり、アスペルガーです。

    わたしは中学の頃からうつ病を煩っています。

    小さい頃から周囲と違うことでからかわればかにされ、家でも虐待を受けていましたし、学校でも居場所がありませんでした。

    生れつきの特性を抱えて、二次障害のうつ病もあり、つらくて自分ではどうにもならない現実を忘れたい。
    それが、処方薬と市販薬でした。
    いけないことをしている、一次しのぎだって事は分かっています。
    だけど、止められない。
    すぐに止められる環境に身を置ければいいですが、その支援が受けられる機関は凄く少ないです。
    実は以前にダルクへ行った事があるのですが、決まり決まりのがんじがらめでギブアップしました。
    わたしのような発達障害には不向きな場所という印象です。
    リハビリ施設は定型発達向けに出来ていますから。

    わたしは今日も市販薬を飲みました。抜け出せる方法は見つかっていません。

    社会には薬に手が出てしまうほどの堅苦しいシステムを見直して欲しい。みんな一緒が当たり前という主体性のない常識を変えなければならない。
    いったん枠から外れたからと、人間扱いしない社会。絶対おかしくありませんか?

    投稿日時:2016年02月24日 12時00分

    コメントを書く

  • かなしい

    批判・軽蔑・侮辱
    れいちぇるさん / 埼玉県 / 40代 / 依存症当事者
    記事ID: 49936

    私は清原選手(当時)のファンでした。
    彼の報道を知ってショックを受けたのは事実です。
    しかし依存症当事者の身としては「ああ、そっちの道(薬物依存)に行ってしまったか」という同情とは異なりますが、そう(薬物依存に)なってもおかしくない精神状態だったのかな、と感じました。

    報道以上にショックだったのは私のまわりにいる人たちの反応でした。
    「Kは永久追放だ」「Kは精根が腐っている」など批判、軽蔑、侮辱を文字にしてインターネットに投稿していました。

    清原元選手だって人間なのに。
    人間誰しも大なり小なり失敗するでしょ。
    完璧な人間なんて世の中にどのくらいいるの?
    と感じ、悲しくなりました。

    覚せい剤を使っていたことは良くないけれど、それに何らかのきっかけや経緯があったわけで、何もそこまで言わなくてもいいんじゃないのかと。

    薬物依存の恐ろしさよりも、人間そのものを否定するような人が同じ時代を生きているのかと思うとつらいです。

    うまく言えないけれど、偏見っておそろしいな、と感じています。

    投稿日時:2016年02月24日 00時27分

    コメントを書く

  • 呼びかけ

    脱法ドラッグがやめられず
    XEREさん / 東京都 / 30代 / 当事者
    記事ID: 49885

    あえて脱法ドラッグと書きますがその頃の危険ドラッグはとても安くて生活保護でも買うことが出来ました。
    徐々に仕事や人間関係に支障がでたりやめれなくなり入院したりしましたが、東京に住んでいて支援してくれる人達や治療プログラムとのつながりがあったことに感謝しています。

    実はアディクションにまだ問題があり、今日からまたダルクにいくことになりました。

    こんどこそ、という思いですが、民間のダルクくらいしか治療や回復の受け皿がない状況、なんとかならないものかと思います。

    薬物依存症の人たちは特別怖い人たちとかではなくみんなさみしがやりで根は優しい人たちが多いです。
    アディクション界隈で閉じた社会ではなく広い社会からの社会参加を応援して欲しいと思います。

    アルコールや風邪薬も薬物ですし、精神薬も薬物で、インターネットやゲームも人によって過度に依存して問題になる場合があります。
    決して特別なことではありません、発達障害のように依存傾向の特性は個人の資質でもあるのではないでしょうか

    投稿日時:2016年02月22日 09時51分

    コメントを見る(現在2件)

  • 呼びかけ

    薬物依存とわたし
    けんさん / 40代 / 当事者
    記事ID: 49882

    覚せい剤、それは最初の一回で、もうそこの無い沼に堕ちて行くようなものです。多くの人達は最初の一回でまけてしまいます。覚せい剤の薬理作用で頭が興奮し今まで味わった事のない多幸感に見舞われます。最初の一回は、多すぎ1,000回やってもたりない。こういった人達はもう、薬物依存症なんです。私も三回、矯正施設に行って3度目で気付きました。それまでは出所すると、すぐに覚せい剤を始める。コレの繰り返しで3度目にして、やっと分かったと言うか矯正施設には2度と戻りたくはありません。ダルク、NAで、過去の古い生き方を新しいいきかたにかえました。昨年、膵がんの治療をしてまた、二次性糖尿病になり現在、闘病中です。今日もNAミーティングにゆきました。定期的に月に2回は参加しています。昔のように、365日ミーティングには、行っておりませんがミーティングを有効化しようと、ミーティングに行く回数も減らしました。今は主治医のメンタルクリニックおかだの岡田先生に何でも打ち明けています。NAにはスポンサーがいなくて、聞いてくれる先行く仲間もいません。私はダルク、NAで覚せい剤の使用は治まりました。ダルクやNAが不向きな人も居ます。そうして離れ行く人達の行き着く先は施設、精神病院、そして死が待っています。私は今は持病のことで精一杯ですし、アルコール依存症の作業所に通って生活のリズムを整えて、社会復帰を目指しています。

    投稿日時:2016年02月22日 00時45分

    コメントを書く

  • ありがとう

    依存症は誰にでも起こりえるもの
    つかささん / 大阪府 / 40代 / 本人
    記事ID: 49876

    私が依存症を知ったのはHIV感染を知った時。
    薬物が直接では無かった。
    自分のコンプレックスから、性対象は女性から男性へ。
    で、踏み入れたゲイに世界で性逸脱行為のオープンさ。
    その中で薬物についても知っていきました。
    HIV発覚するまで、行為と検査のいたちごっこ。
    幸い告知受けた時同席してくれたカウンセラーが依存症について第一線で活躍されていた人。
    私は最近話題になっている違法薬物は知りません。
    周りの人を裏切りたくなかったので。しかし、自分を裏切り自傷行為の数々。
    性逸脱行為、薬物依存、買い物依存・・・
    HIVになって本当に救われたと思いました。
    そしてカウンセラーに運命的なあ出会い。
    NA似通ったこともありますが、ラッシュアワーで通えないことも多く。
    でも、今かかわってくれている機関で少人数の会を運営してもらっています。
    そこで、3年のクリーン期間を迎えることが出来ました。
    こういう機関はNPOという施設、お金に限りがあります。
    もっと知ってほしいという希望とともに機密性が必要なこともあり
    こういう施設の運営は試行錯誤の連続です。
    有名無名問わず困っている人が安心して参加できる施設の安定した運営ができるよう、行政も気付いて一日一日クリーンを続けられるサポートがほしいです。

    投稿日時:2016年02月21日 22時09分

    コメントを書く

  • 呼びかけ

    薬物依存症は病気です
    きこりんさん / 静岡県 / 50代 / 母親
    記事ID: 49869

    薬物依存症という病気です。違法ということで、治療より、罪を償うことのほうが優先され、治療が後回しになること、治療する施設が少ないこと、チャンスがないことがとても残念です。薬に依存して、生き延びてきた、けして、快楽のためだけに使用してきたのではないこと、人間関係の病気、心の病気ということをもっと多くの人に知ってほしい。刑務所に入れるだけでは治らないこと、病院での治療と、自助グループへの参加の2本立てで、必ず回復することを、清原さん、知ってください。私の子供も薬物に依存して生きてきましたが、自助グループに繋がり、今とても安定しています。仲間に支えられ、孤独から解放され、回復していっています。どうか、前向きに生きて行ってください。薬を使わなくても生きていく方法を仲間が教えてくれます。

    投稿日時:2016年02月21日 16時21分

    コメントを書く

  • 呼びかけ

    覚せい剤撲滅について
    アキさんさん / 静岡県 / 60代 / 父親
    記事ID: 49867

    覚せい剤 嫌な名前です。
    どうしてこんなに世界中に嫌われている名前が毎日出てくるのでしょうか どうして家族がこんなに苦労させられている物が世の中に出廻っているのでしょうか 先日も九州で何十億という覚せい剤取引が摘発されました。海外から入って来るので若者もゲ-ム感覚やフアッシヨン感覚でつい手を出してしまう。
    使用する方ももちろん悪いのですがそれを販売、仕入れをしたら重罪の死刑に近い罰則になる様に法律を変えられないものか日本の取り締まりは、なまぬるい気がしてならない。
    購入ル-トが無くなれば再犯も出来ない、今のままでは再犯者は増え続けいたちごっこの気がしてならない。私の息子も尊い青春時代を覚せい剤で3年間も刑務所暮らしで棒に振ってしまいました。こんな自由のない鉄格子の中には二度と入りたくないしもう絶対吸わないとか安心させられる様な言葉が返って来ますが家族会に出ると再犯間違いないとか皆んなその言葉を何回も聞いているんです、などと言われるとガッカリきます。家族会に来ている人たちの中には3回も4回も再犯をして最終的にダルくに結びついている人たちもいます。
    素晴らしい回復とは近藤あゆみ先生の言葉をお借りして処方箋を飲まなくなることではない。ダルクのスタッフになることではない。経済的に自立することではない。その人にしかない自分らしさを発揮して社会と関わりながら生きて行くこと。
    早くこの世から不法薬物が無くなることを強く望んでいます。



    投稿日時:2016年02月21日 14時03分

    コメントを書く

  • 呼びかけ

    過去の自分と向き合い、新しい一歩を
    まるぽんさん / 大阪府 / 30代 /
    記事ID: 49860

    私は10年ほど抗うつ剤やベンゾジアゼピンと呼ばれる抗不安剤、
    睡眠薬を服用してきました。多剤併用といって、様々な種類の
    お薬を服用するという方法で、多いときには一日に28錠もの
    お薬を服用していました。服用のきっかけは大学時代の
    研究室訪問のときに、その研究室の雰囲気などを緊張しないで
    しっかりと聞くために服用したのが始まりです。
    今では2年強かけて減薬し、お薬も一種類となりました。
    依然、ひどい減薬症状が残っています。
    今ではなぜ、あんな大量のお薬を飲んでいたのかよくわからない
    ときがあると同時に、過去の後悔や失敗、劣等感や悔しさなどが
    まるで堰を切った津波のように襲ってきます。現在私自身、
    その津波がひいていった荒地の中で呆然と立ちつくしている
    状態です。この状態を打破する方法の一つは、過去の自分と
    向き合い、現在与えられた状況を受け入れてあるがままに
    全力を尽くすことだと思っています。自分を変えるためには
    まず自分を認めるしかないと思っています。大きな代償を払って
    しまいましたが、一日一日失ったものから反省して、新しいもの
    を創り出していくしかないと思っています。
    依存は自分が弱いから。独立して初めて自分は強くなれると
    つくづく思います。

    投稿日時:2016年02月21日 02時28分

    コメントを書く

  • 呼びかけ

    ロベルト・サビアーノさんの本を読んで
    ママレードさん /
    記事ID: 49818

    イタリア人のジャーナリスト、ロベルト・サビアーノさんは、中南米などの「麻薬戦争」の第一線を命懸けで取材しました。現在も常に命を狙われ、四六時中ガードを同行させてる人です。

    中南米の麻薬を支配するマフィアの残虐さに愕然としますが、それは、それだけ、麻薬に利権を求める人が存在すると言うことです。

    そこまで、人を冷徹非道にさせる「魔力」が麻薬にはあるのです。

    麻薬の利権を求めて、エスカレートした結果が、中南米での麻薬戦争なのです。

    薬物問題に関心ある方は、ロベルトさんの著書の一読お勧めします。
    その薬物が出回る陰で、如何なる熾烈な戦いが繰り広げられているか。知っておいて損はありません。

    投稿日時:2016年02月19日 00時11分

    コメントを書く

  • その他

    依存症から抜け出しづらい理由
    未来さん / 東京都 / 20代 /
    記事ID: 49798

    依存症にならなかった期間が長く続いたとしても、些細な出来事をきっかけに、また繰り返す可能性はいくらでもあります。
    例えば仕事で失敗し落ち込んだとき、または上司に酷く叱責されたとき、友人とトラブルになりイライラしているとき・・・・。
    ふとあのときの快感を思い出し、薬を使っているときは現実を忘れられた、何も考えず感じずにすんだあの気持ちがよみがえり、薬を使ってしまいたくなる衝動になるときがあります。
    どんなにやめていた期間が長くても、あのときの快感を一度覚えてしまった以上、完全にたちきるのは容易ではないのです。
    私はある時期、市販薬に依存していました。
    薬を使わない期間は長く続いていますが、未だに嫌なことがあると薬に逃げ出したい衝動に駆られます。
    なので、回復途中としか言えません。

    投稿日時:2016年02月18日 14時27分

    コメントを書く

現在のカキコミ78件中